カテゴリー「音楽と木工など」の72件の記事

弦楽器の自作です。その3

P3110625 集成材を切り出したら、サンドペーパー等で形を整えます。ナットとブリッジ部分はエボニーを使いますが、ボディ部分に溝を彫ってから木工用ボンドで固定しました。

弦は楽器屋さんで悩んだのですが、単品で揃えることになりました。低音側から、0.25(巻弦)、0.25(巻弦)、0.22(巻弦)、0.22(プレーン弦)、0.17(プレーン弦)、0.17(プレーン弦)の7弦仕様です。単品で揃えると割高になっちゃいますが、今回製作したボディサイズだと、弦1本で2本分使えるので、余った弦は大事に取ってあります。チューニングと弦のサイズは、公開されているサイトがあったので、参考にして、低音側から、DEGABDEとしています。ペンタトニックですね。

P3110633 弦は裏から通してあります。塗装するかどうか迷ったのですが、手持ちにオイル系塗料が無かったので、とりあえず無塗装としました。チューニングは、いつも使ってるクリップ式のチューナーで可能です。これにピエゾピックアップ付けたらアンプリファイドも可能だと思います。

P3110639 肝心の音ですが、共鳴箱が無いソリッド構造のわりには結構大きな音が出ます。音階を変えられないのでどうかと思いましたが、ルート+5度のコードはできるので、コード弾きもある程度できるし、単音でも何曲かはこの音階で弾けてしまいます。いいかも(笑)。ギター弾きにとっては、手元が高音弦というのは馴染めなくてボディを反対にして弾いています(笑)。動画等での公開も予定していますが、しばしお待ちください。

全ての作業はカミさんがやっています。僕は観察者(笑)

| | コメント (0)

弦楽器の自作です。その2

P3110624 ボディに使う木材はムク材にするかどうかで迷いました。楽器に使われる材って例えばメイプルやアッシュ、はたまたマホガニーって感じですが、ホームセンターには置いてないんですよね。ハードウッド系(イペやウリン)は置く店が出てきましたが、楽器用の加工となると硬くて使いづらいです。定番のSPF材は、歪みが一枚板では矯正できない感じだったので却下です。いろいろ悩んで消去法で集成材を使うことになりました。ウチに近所の大工がくれた集成材の端材があったのはラッキーです。

ネットでモデルとした写真から、だいたいの寸法を割り出してから原寸の設計図を書きます。低い音の弦はテンションが弱くなる可能性があったので、弦長をできるだけ長く、逆に高い音の弦は弦長をできるだけ短くするようにしました。偶然手持ちにあったエボニー(黒檀)の板からブリッジとナットを切り出して整形しました。

集成材の良いところは狂いが少ないんですよ。今回は弦を張るので一方向にテンションがかかるので、この狂いの無さは助かりました。切り出しはジグソーでまず真ん中をくり抜いてから外周を切り出します。

・・・あ、これウチのカミさんが作業しているので、僕は眺めてただけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦楽器の自作です。その1

P3110634カリンバの組み立てキット製作で勢いをつけたところで、次は楽器を自作する方向で。作るのはカミさん担当です。カンテレの話は前エントリ参照なんですが、調べていくと弦楽器っていろいろあって悩みます。

どうやら、長男の意向としては獣の王者エリンで主人公が弾いてた楽器が良いみたいです。・・・が、意向は意向で置いておいて(笑)、小さい子供でも手軽に遊べて、丈夫な弦楽器ということで、「キンダ―ハープ」を自作する方向で家族会議はまとまりました。個人的にはナイロン弦の方が、弦も錆なくていいかななんて思ってたのですが、卵切りをチャリーンと鳴らした音を再現するために鉄弦としました。

今回の楽器製作で悩んだのが、ペグ部分。このテのちょっとマイナーな弦楽器を製作をしているサイトを覗くと、ペグ部分はハープピンと呼ばれる棒状のシンプルな弦巻きと、ギターのペグを使ってる2パターンがあるんです。ハープピンは現物を恥ずかしながら見たことないし、楽器屋さんが販売しているギター用のペグはアップデート系のものが多くて、今回のような楽しい楽器作りには高級すぎるような気がしました。

紆余曲折ありましたが、@160円以内のペグを発見し、事なきことを得ましたが、ボディ材をどうするか、ブリッジ部分の弦の固定方法はどうするか、また、デザインをどうするか等々を1週間位検討しました(カミさんがね)。

| | コメント (0)

奏生弦交換_カリンバのキット製作_エッセのオイル交換

P3050647 奏生の弦交換をしました。今回は奏生専用弦ではなくて、タダリオのフォークナイロンという銘柄(EJ32)です。クラッシックギター用でボールエンドタイプだったらなんでも大丈夫。弦が6本入って奏生専用弦と同じ値段です。このセットで使用する弦は1弦(E弦)、3弦(G弦)、4弦(D弦)、5弦(A弦)です。僕の場合これでCGCGチューニングに合わせてます。今回は黒弦なので少し表情が変わりました(音はよくわかんないっす)。

P3050650 カリンバ自作キットを作りました(カミさんが)。話せば長くなるんだけど、ハープみたいな楽器に長男が興味を示して、卵切りをチャリンチャリン鳴らしてたりしたんだよね。ネットで探すと北欧のカンテレって楽器が自作できそうな感じなんだけど、部品調達(ペグとか)に時間がかかりそう・・・そんな時にカリンバのライブが幼稚園であったみたいで。そこで小さいカリンバ買ったんですよ。まぁ手のひらサイズってことで響きもそれなりだったんで、楽器屋に売ってたカリンバ製作キットで作りました。これ、イチから自作するんだったら、ワイパーの芯とかで良いモノ作れそうな雰囲気です。トップを単板にしたりとか。

エッセのオイル交換しました。今回はオイルフィルターも交換です。最近ホームセンターが廃オイル引き取るサービスをやめちゃったんでがっかりだったのですが、自動車用品店で引き取ってくれることが判明。リユースしてくれるといいなと思います。

| | コメント (0)

最近観た映画シリーズ_ロボッツ

Photo_2 ロボッツは最近観た映画では無いのですが(笑)。この映画を借りた時期というのは、今も続いてる長男のロボット熱が発端です。鉄人やブリキのロボットとかに凄いハマってて。映画もそんな感じで選んでいますが、なかなか良いのが無いんですよね(需要がない?)。

んで、ロボッツ。これの良いところは「古いマシンでも整備すれば永く使える」ということ。

・・・心に染みますね(笑)。

あと、悪いヤツが古いパーツを廃番にして新しい部品にバージョンアップしようと企みます。

・・・古い車と戯れてる身としては心が痛みますね(笑)。

最後に質感。いかにも金属に塗料を塗りましたって質感、プラの軽薄な質感ではなく、永く大切に使うことで醸し出されるシャビーな感じが登場人物には表現されています。

ハイブリットカーの割合が増えて車はますます家電化、ブラックボックス化しています。願わくば永く使える道具として成立できるよう、故障しても直しやすい構造にして頂ければと。勝手なお願いとしては、趣味としての自動車メンテやレストアなんかが市民権を得られればと。なんか10年後の中古車市場が怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近観た映画シリーズ_あの頃ペニーレインと

Photo 最近、DVDレンタルの機会が増えました。深夜にワーゲンメンテナンスしなくなった証拠です(笑)。

最近借りたのは「あの頃ペニーレインと」。偶然ジャケットと裏箱の説明見てレンタルしました。

若き音楽ライターの甘く切ない青春物語なのですが、60年代後半から70年代のアメリカが舞台。

見どころは何と言ってもワーゲンっすよ(笑)。たぶんスタッフに好きな人居たんじゃないかな。時代考証も良くて年式マッチングの車体がこれでもか!って登場します。

あまりバスの知識は無いのですが、チョイ役も含めるとかなりバリエーションのバスが登場してます。さっき、サントラ盤のセット見たんですが、ロックの王道(アーティスト毎の選曲は決して王道ではないけど)って感じで良いですね~。

1. アメリカ(サイモン&ガーファンクル)
2. スパークス(ザ・フー)
3. イット・ウドゥント・ハヴ・メイド・エニー・ディファレンス(トッド・ラングレン)
4. アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル:ユア・ムーヴ(イエス)
5. フィール・フロウ(ビーチ・ボーイズ)
6. フィーヴァー・ドッグ(スティルウォーター)
7. エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー(ロッド・スチュワート)
8. ミスター・ファーマー(ザ・シーズ)
9. ワン・ウェイ・アウト(オールマン・ブラザーズ・バンド)
10. シンプル・マン(レーナード・スキナード)
11. ザッツ・ザ・ウェイ(レッド・ツェッペリン)
12. かわいいダンサー~マキシンに捧ぐ(エルトン・ジョン)
13. ラッキー・トランブル(ナンシー・ウィルソン)
14. アイム・ウェイティング・フォー・ザ・マン(デヴィッド・ボウイ)
15. ザ・ウィンド(キャット・スティーヴンス)
16. スリップ・アウェイ(クラレンス・カーター)
17. サムシング・イン・ジ・エアー(サンダークラップ・ニューマン)

1. America - Simon and Garfunkel
2. Sparks - The Who
3. It Wouldn't Have Made Any Difference - Todd Rundgren
4. I've Seen All Good People: Your Move - Yes
5. Feel Flows - The Beach Boys
6. Fever Dog - Stillwater
7. Every Picture Tells A Story - Rod Stewart
8. Mr. Farmer - The Seeds
9. One Way Out - The Allman Brothers Band
10. Simple Man - Lynyrd Skynyrd
11. That's The Way - Led Zeppelin
12. Tiny Dancer - Elton John
13. Lucky Trumble - Nancy Wilson
14. I'm Waiting For The Man - David Bowie
15. The Wind - Cat Stevens
16. Slip Away - Clarence Carter
17. Something In The Air - Thunderclap Newman

| | コメント (2)

ギターの発表会

Pc040419 ギターの発表会がありました。といってもカミさんのほう。当日は、別の場所で前回僕が参加した野外ライブやってる+待ち時間が暇ということで、子供達と僕は、野外ライブとお昼ご飯→カミさんのギター発表会という行程にしました。内装を外して若干恥ずかしいワーゲンでしたが、動くのには関係ないので(笑)。

肝心のギター発表会では、いろいろな年齢層が参加してました。午前中の野外ライブと打って変わって静かな感じです。会場は公民館だったのですが、凄く綺麗でした。カミさんのギターも、清志郎の弾き語り→ラグタイムギター→クラッシックと変わってきましたが、演奏には概ね満足だそうです。よかったね~。

| | コメント (2)

奏生でライブ

Pb060308 奏生で野外ライブ出ませんか?とカミさんの知り合いに誘われて、出てきました。実は午前中仕事が入ってて、しかも現場からライブの会場までは結構距離があるんで、半分あきらめてました。野外ということもあって雨も心配です。

当日は、小雨状態でしたが、決行するという連絡もあって気合が入ります。この野外ライブ、有志のボランティアで運営されているんですよね。わが家が到着した時にはテント設営も終わって、PAの雨対策もしてありました。大変だったんだろうな~。

初めての参加でしたが、和気あいあいで、いい雰囲気でした。海や公園で自由に弾くのも楽しいのですが、こういった場で弾くのもいいですね。10年ぶり位かも(笑)。

| | コメント (0)

奏生にピックアップを取り付けました

Pa220248 普段から外出するときにも持ち出すことが多いヤイリの奏生ですが、ちょっとした企みもあってピックアップを取り付けました。奏生専用のピックアップなんてものは無いので、ウクレレ用も視野に入れつつ検討した結果、123musicのピックアップに決定しました。

いやぁ、勇気いりました(笑)。12mmの穴を開けるのですが、手持ちのドリルを総動員して徐々に穴を拡大していきます。この穴あけ作業が一番時間かかりました。

購入したピックアップは2個の貼り付けピエゾが付くタイプなんですが、取り付け位置は悩みました。一度装着すると剥がすの面倒くさそうなので。取りあえず、ウクレレでのおススメポイントとかを参考にしつつ、ブリッジとホールの真ん中あたりと、1弦斜め上あたりに装着しました。もう少し間隔を開けたかったのですが、手が届きませんでした。

肝心の出音ですが、以前から所有しているBOSSのAD-5を咬ませて音作りしています。ブリッジピエゾのキンキンの音では無いので、良いかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

UAのライブ

結構遅れ気味のエントリ記事(笑)。当地にUAが来るということで、某イベントに行ってきました。他の演者の方は知らない方々だったのですが、どんとの「波」を演ってる方とかいて、ちょっと感動。フリーダムな感じのイベントだったのですが、長女・長男の幼稚園関係者に多数遭遇。幼稚園までの知り合いって面白い人が多かったんだよね。あと、自分の仕事関係者にも遭遇。フリーダムですから(笑)。

肝心のUAですが、リトルクリーチャーズのbass、鈴木正人氏を生で観れたのは感激。ライブそのものはギターレスにも関わらず、カッコよかったです。

P5151497 子供達は写真の玩具に夢中でした。手でグリグリ回すと遠心力で形状変化します。これ絡まると大変なんですが、ちょっとしたコツを掴むとあっさり復活できます。

最近ワーゲンの記事が無いよね。普通に動いちゃってるんで。ちょこちょこ子供同伴で出かけてマス。

ヌマガエルの初鳴き5月27日確認

| | コメント (2)

より以前の記事一覧