« 2015年6月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年9月の1件の記事

世界最速のインディアン

2569714 この映画をレンタルしたのは2回目。前回は家族で観たような記憶があるのですが、その頃の長男は機械に興味があるものの、エンジンの大まかな仕組みや金属加工の意味とかは年齢的にも理解は無理な感じでした。さて今回はどうかな~。
お話はニュージーランドの老人が自分が改造した古いバイク(インディアン)と共に単身アメリカに渡り、ボンネビルで世界記録を達成する話。
競技となると、1/1000の精度を追求したり、シビアな面がどうしても出てくるのですが、決して潤沢な資金があるとは言えない主人公の老人が工夫で乗り切る開拓者精神、それを支える仲間達に感激。
ニュージーランドって自動車メーカーが無いからバイクや自動車は全て海外メーカー。高価なモノなので1台を修理しながら永く使うってOT誌で読んだ記憶があります。ピストン鋳造まで自前なのはビックリでした(笑)。
こういう映画って必ずライバルや足を引っ張る裏切り者とかが登場するのですが、全く登場しないのが新鮮(笑)。アメリカに渡っても最初のタクシー(彼も悪気があるわけじゃ無い)と寄付(詐欺っぽい)を募る女性が登場するだけで、あとは皆この老人のチャレンジを応援してくれます。ワーゲンも登場するし(笑)。
…そうか、この映画の主人公は自分が純粋に挑戦したかっただけなんだ。誰かに勝つのが目的じゃないんだよね。その純粋さに惹かれて皆自分の事のように応援してるのが心地よかったです。
150303_2159 さて、この映画に影響を受けまくった長男は、乗らなくなった小さい自転車をバラして映画に出てきたレース仕様に改造(笑)。
この手の作業で必要な工具類はいつでも手の届くところにあるのは、僕の年少時と比べると少しうらやましい。
ちなみに直進安定性はP9250333 最悪だそうです(笑)。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年12月 »