« 近況報告 | トップページ | ブログ再開したいと思います。 »

ミニ四駆を子供が楽に組み立てできる工夫

130922_153201 対象年齢10歳以上のミニ四駆。だけど興味が出てくるのは幼稚園年長~小学校低学年頃だと思います。自分組み立てレギュもあって、レース参加を参加を断念しちゃう人もいるかもしれません。当然組み立ては本人ですが、作業を楽にできる工夫はしてあげてもいいかもしれません。ちなみに夏休みの自由研究も自分作成レギュを徹底して欲しいものです。あれって親との共同研究なの?低学年のレベルが生徒のスペック以上に高いんですけど。
ただ、高学年で全国レベルの受賞研究はさすがといった感じで、既に親の知識を超えて「好きこそ物の云々」レベルです。学術的にも貴重なデータが多いのでぜひ研究を継続して論文にすべき。大人がその芽を摘んだらイカン。・・・おっと脱線。ミニ四駆組み立て作業を楽にできるトピックスをいくつか紹介します。
■FRPやシャーシの切断
これ、100均のダイヤモンドヤスリを使えば出来ないことは無いです(フロントワイドプレートを真ん中で切断とか)。切る作業でネックになるのが固定。これは100均とかの万力使ってFRPを固定しちゃうと楽ですね。ニッパーでの切断は無理。精度を求める加工とかも無理。カーボンの切断も時間をかければ出来るかも知れませんが、自作カーボンスラダンとかは当然無理です。瞬着を使う作業もできれば避けたいですね。極力ポン付けパーツで部品点数を少なくする工夫が必要です。最近のシャーシは19mm使えば規程幅まで拡げられるので楽です。
注意:プラリンディッシュは19mmよりもちょいと大きいので105mmジャストになってしまうかも。
■締め付けトルク不足とねじ穴対策
シャーシのねじ穴は基本2mmで貫通か、丸皿ネジです。貫通の場合の固定はボールスタビか、ナットで。ナットの場合、付属の工具よりもボックスドライバーの方が断然楽です。ボールスタビは説明書のとおりゴム管使えば楽に固定できます。2mmの貫通はタミヤの組立式電動ドリルがオススメです。
■提灯
作ってみたい気もあるみたいですが、精度よく作るのはたぶん無理。ワーゲンボディだったら尚更無理やな(笑)。ということでウチの場合はオーソドックスなサイドマスダン仕様です。シャーシでいくなら、ポン付けで装着可能なAR、S2、X系、MAが選択肢となります。
■タイヤの精度
これ、ワイドトレッドコンバージョンキットが大活躍です(再販してくれ~)。まっすぐ刺すってのは大人でも嫌になる作業なのですが、臓物が飛び散ることなくタイヤの脱着が可能です。ただ、カーボンホイールは固くて無理でした。今使ってるのはXX純正ホイールにトラッキンのリアタイヤとダンガンのタイヤなのですが、ホイールとの密着度も高くて外れることは無いです。フロントタイヤはミニ四駆やりだしてからずっと使ってるのでツルツルです。リアタイヤは削ったりする細工はしていません。僕がよく使う中径ローハイトはホイールの精度は良いものの、タイヤの製造ムラが激しくて個人的には加工と選別が前提となる気がしていますので、ジュニアクラスにはオススメしません。縮みタイヤ?論外です(笑)。立体のジュニアクラスでのオススメはダッシュ系モーター前提でいくなら小径白ハードタイヤ、XX用小径ノーマル赤あたりが良いような気がしています。
■ボディの塗装とシール貼り
艶あり塗装はムラになる可能性が高くて「塗らない方が良かった」となるかも知れません。つや消し塗装は色ムラになりにくいのでオススメです。あと、シールに色を塗ってからそのシールを貼るというのも良いですね。あと、シールは説明書どおりに貼る必要はありません。我が家では、余ったシールを集めて適当に選んで貼ってます。ピンセットを使って何度もやり直ししながらですが、なんとなくまっすぐ貼れているみたいです。
■セッティング
我が家の長男の場合、ワッシャー1枚レベルのセッティングとかは出来ないし、スラスト角度の調整とかも出来ないので調整幅は限られるのですが、準備物としてはターミナル組み込み済みのモーターを2種類(ARなんであとは放り込むだけ)、リアのブレーキ素材変更(黒または灰色)、青テープ貼りの有無位ですね。これを大まかにパターン化しておいて、事前にコースレイアウトが発表になってる場合は対応しつつ、試走でコースアウトしちゃえばあっさりモーターを下げることで対応(笑)。ブレーキはAR用をそのまま使ってます。現状、ブレーキの高さは上げることも下げることもしません(タイヤ径的に選択出来ない)。素性の良いシャーシ(ARやMA)だと大幅な改造等をやらなくても十分に立体レースに出すことが可能です。最後に長男の考え方として、レース用マシンはむやみに走らせず故障や摩耗を防ぐという極意があるみたいです。地面落下や正面衝突のリスクを減らす・・・セッティング幅の無いマシンならではの伸びしろの無い作戦やな(笑)。懐に余裕があればレース用マシンと普段用(実験用)マシンを用意しても良いかもしれません。

|

« 近況報告 | トップページ | ブログ再開したいと思います。 »

身近な出来事」カテゴリの記事

コメント

オイラみたいに「親父ガチマシンNO!」とか言ってるだけでなく、親子でミニ四駆を楽しめる方法を教えてくれるのはありがたいっすね。


夏休み自由研究の自分作成レギュ、よくわかります。
今年の夏休みですが、長男(小1)の作った作品が
クラス代表で地元の科学館の作品展に出品されたのですが・・・

あきらかに小1レベルでないのが多くて長男のがちんまりしてました。
ま、でも自分には息子の作品が一番ですが(親バカw)

投稿: ひで | 2013年10月20日 (日曜日) 22:19

ジュニアクラスの基本って3レーンのショップレースだと思います。ウチらの界隈では大人の真似をして提灯に挑戦する者、ワーゲンボディに拘る者(笑)、フラット志向とかいろいろ個性があって、楽しいです。ちょっと可哀そうなのは両親が興味が無いorお母さんだけ熱心なパターンも結構あること。こういった子供のフォローもしてあげたいなぁと考えています。
正直、公式大会では子供が作ったマシンとは思えない加工精度のタイヤ、自作?カーボンスラダン装着車等が決勝行ったり上位を賑わしていますのでレース結果みても参考にならないし、モヤモヤしちゃいますね。

投稿: steel scooters | 2013年10月21日 (月曜日) 22:49

こんにちは、ちびとねーねーのpapaです。
優勝決定戦あと数日happy02
愛媛今治大会の発表もあり
子供たちはわふわふしています。
ちびは電池交換が難しいということでAR
ねーねは一歩前へということで軽量化に火がついています。
がんばっちゃいましょうpunch

投稿: papa | 2013年10月25日 (金曜日) 17:39

papaさんへ
お世話になります。連日台風情報にヒヤヒヤしていましたが、上京出来そうで安心しました。
親としては、帰りの飛行機に乗り遅れないようにすることに集中したいと考えています。予想外の愛媛大会ですが、親子で参戦したいと思います。会場ではよろしくお願いします。

投稿: steel scooters | 2013年10月26日 (土曜日) 03:02

ビートルのボディが乗ったミニ四駆初めて見ました!w懐かしいですミニ四駆w
ゆっくり拝見させていただきますw

投稿: UNI | 2013年11月15日 (金曜日) 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/58412988

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ四駆を子供が楽に組み立てできる工夫:

« 近況報告 | トップページ | ブログ再開したいと思います。 »