« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の1件の記事

ジェベル200_フロントのハブベアリング交換

P6030920 先日、チェーンの掃除をしました。初めてワコーズのチェーンクリーナー使ったのですが、なんと水で流せる(ということは水性?)タイプ。乾きも遅くてなかなか良い感じです。・・・が、この作業中にふとフロントホイールを動かしてみると、変なガタを発見してしまいました。シャフトを抜いて確認すると、明らかにベアリング部分でガタがあります(涙)。このガタ、タイヤ部分で換算すると結構な揺れになりそうな勢い。ハンドルをブレーキを握らずに左右に振るとコクッと動く感じが伝わってきます。これはヤバい。さっそく部品を注文して翌週(つまり今週)の作業の準備です。写真はチェーンの掃除と給脂が終わったリアですが、お題目通り、フロントの作業が本エントリのメインです(笑)。

問題は、どうやってベアリングを抜くか。ネットで検索すると、アンカーボルトで抜くというのが特工買わずに出来るようです。情報提供ありがとうございます!スズキの純正工具も、写真やイラストを見た感じではアンカーボルトと仕組みとしては同じようです。せっかくフロント周りを整備するのでブレーキ周りも一通りチェックすることにしました。

P6090949 さて、ベアリング。なかなか抜けませんでしたが、アンカ―ボルトで無事摘出完了。片側が抜ければもう片方は、普通に叩けば抜けます。抜いてびっくり、ベアリングのボールを保持する部分が割れてます(写真下のベアリング)。グリスも明らかに切れてました。シールドベアリングはグリスを埃や水から守る役割があるとは思いますが、定期的なグリスアップが困難なので、部品寿命の延命化は難しいですね。今回はベアリングのメーカーがNTNからKOYOに銘柄が変わっていました(純正発注品)。メーカーの変更と同時に片側シールドから両側シールドに仕様変更されていました。今回はシールを一旦外してイチゴジャムのようなリチウムグリスを埋め込んでおきました。ウレアグリスにしても良かったのですが、洗って乾燥させる時間がなくて。

P6090951 あと、メッキの仕上げが変わった部品が結構ありました。環境面かコスト面のどちらかだと思います。

| | コメント (2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »