« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の8件の記事

ジェベル200_グリップ交換等

P3200727 長年使って磨り減ったグリップを交換することにしました。普段使ってるグローブだと滑り出したんですよね。非常に疲れます。やっぱ固定している左側の磨耗が激しいです。となると左だけ交換もアリなのですが、ルックス向上の意味も込めて両側交換です。純正に何の不満もないので交換するグリップも純正です。左側はカッターで切って、G17ボンドで新しいグリップを接着します。右側はスロットルのスリーブごと交換なので、ワイヤ部分にグリスを足してP3200732 おきます。スロットルとハンドルの潤滑にはシリコングリスを使いました。今回使用したシリコングリス、僕が大学時代に購入したものなのですが、まだ使い切っておりません(笑)。

あと、ブレーキのマスタシリンダ上のタンク上蓋のネジがいつも錆びちゃうんですね。野ざらしなんで。ブレーキオイル交換時にここが錆びてネジを緩めるのに難儀するんで、一度交換したのにまたもや錆びてしまいました。ということで今回はステンレスネジに交換しておきました。ヘックスタイプにしたらちょと社外パーツっぽくなりました。アルミにステンレスってステンレスが硬すぎてあまり好きじゃないのですが、カジリ防止にシリコングリスを塗布しておきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ジェベル200_エアクリフィルタ交換とお色直し

P3250771 エアクリ本体(外側ボディ部分ね)が紫外線で退色していたので染めQで塗りなおすことにしました。ついでに、内部を観察すると、ブローバイで大変なことに(涙)。今回は、フィルタを再使用せずに交換することにしました。エアクリ本体には最下部にドレンパイプが備わっているのですが、中は水とオイル(水が多いかも)で一杯でした。ここは定期的に排出すべき部分だと思うのですが、非常に整備性が悪いです。

内部をあらかた掃除したら、新しいフィルタを装着するのですが、手はキレイにしておきましょう(笑)。せっかくのフィルタが汚れてしまいました。あと、新品のフィルタにはオイル塗布済みでした。量も指示されています。含浸量は多すぎると良いことなさそうです。

P3250773 染めQ施工前には念入りに脱脂しておきますが、今回は足付けはしていません。紫外線退色の防止効果は未知数ですが、今後経過観察したいと思います。写真よりも自然な風合いに仕上がりました。

| | コメント (0)

ジェベル200_インマニの交換

P3200730 インマニにクラック見つけちゃったんですよね。6年ですから、もう少し耐久性があって欲しかった。交換前提の部品じゃないと思うし。インマニからのエア吸いはシングルキャブのワーゲンではよく聞くトラブルの1つなんで、予防整備の意味を込めて交換することにしました。

これね、結構大変です。インマニとエンジンがなぜかプラスネジで固定しています。キャブを外してからインマニ外そうとしたら案の定、ねじ山を舐めてしまいました(涙)。気を取り直して、ネジ取り外しのアクセスを良くする為に部品を外していきます。シート、タンク、結構部品を外す必要があります。今回はエアクリ本体も掃除したかったので取り外したのですが、これまた結構知恵の輪です。配線も一部外す必要がありました。

P3250769 舐めてしまったネジ、バイスグリップ作戦が失敗した後にポンチで緩む方向に叩いて外しました。変な固着や錆が無かったのは幸いでしたが、次回からの作業性向上のためにヘックス(一応ハイテンションボルト)に変更し、スレッドコンパウンドを塗布しておきました。ワッシャーは銅製にしておきました。ガスケットはOリングだったので、シリコングリスを塗布。

外したインマニを観察すると、クラックは貫通していない模様。このまま手を入れなくても暫くは使えそうです。ということで、次回はクラックが見つかっても慌てないようにしたいと思います。

| | コメント (0)

弦楽器の自作です。その3

P3110625 集成材を切り出したら、サンドペーパー等で形を整えます。ナットとブリッジ部分はエボニーを使いますが、ボディ部分に溝を彫ってから木工用ボンドで固定しました。

弦は楽器屋さんで悩んだのですが、単品で揃えることになりました。低音側から、0.25(巻弦)、0.25(巻弦)、0.22(巻弦)、0.22(プレーン弦)、0.17(プレーン弦)、0.17(プレーン弦)の7弦仕様です。単品で揃えると割高になっちゃいますが、今回製作したボディサイズだと、弦1本で2本分使えるので、余った弦は大事に取ってあります。チューニングと弦のサイズは、公開されているサイトがあったので、参考にして、低音側から、DEGABDEとしています。ペンタトニックですね。

P3110633 弦は裏から通してあります。塗装するかどうか迷ったのですが、手持ちにオイル系塗料が無かったので、とりあえず無塗装としました。チューニングは、いつも使ってるクリップ式のチューナーで可能です。これにピエゾピックアップ付けたらアンプリファイドも可能だと思います。

P3110639 肝心の音ですが、共鳴箱が無いソリッド構造のわりには結構大きな音が出ます。音階を変えられないのでどうかと思いましたが、ルート+5度のコードはできるので、コード弾きもある程度できるし、単音でも何曲かはこの音階で弾けてしまいます。いいかも(笑)。ギター弾きにとっては、手元が高音弦というのは馴染めなくてボディを反対にして弾いています(笑)。動画等での公開も予定していますが、しばしお待ちください。

全ての作業はカミさんがやっています。僕は観察者(笑)

| | コメント (0)

弦楽器の自作です。その2

P3110624 ボディに使う木材はムク材にするかどうかで迷いました。楽器に使われる材って例えばメイプルやアッシュ、はたまたマホガニーって感じですが、ホームセンターには置いてないんですよね。ハードウッド系(イペやウリン)は置く店が出てきましたが、楽器用の加工となると硬くて使いづらいです。定番のSPF材は、歪みが一枚板では矯正できない感じだったので却下です。いろいろ悩んで消去法で集成材を使うことになりました。ウチに近所の大工がくれた集成材の端材があったのはラッキーです。

ネットでモデルとした写真から、だいたいの寸法を割り出してから原寸の設計図を書きます。低い音の弦はテンションが弱くなる可能性があったので、弦長をできるだけ長く、逆に高い音の弦は弦長をできるだけ短くするようにしました。偶然手持ちにあったエボニー(黒檀)の板からブリッジとナットを切り出して整形しました。

集成材の良いところは狂いが少ないんですよ。今回は弦を張るので一方向にテンションがかかるので、この狂いの無さは助かりました。切り出しはジグソーでまず真ん中をくり抜いてから外周を切り出します。

・・・あ、これウチのカミさんが作業しているので、僕は眺めてただけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェベル200_整備の準備

P2030612 久々のジェベルネタでございます。野ざらし通勤仕様のジェベル200ですが、最近調子悪いんですよ。非常に困ります。症例としては、アイドリングが不安定。温まっても不安定で、何回かに1回の割合で失火している感じです。信号でそのままエンジン停止の時も多くて悲しくなります。アイドリングを上げるのも一案ですが、明らかに主要因を誤魔化してる気がします。

突然そうなったら電気系?となるのですが、徐々に進行している気もするので、まずは吸気系疑うことにしました。久々にジェベルの純正部品を注文するのですが、今回はネット通販を利用することにしました。

いやぁ便利です。深夜に見積りしたら日付が変わらないうちに回答が来ちゃいました。一体どういうシステムなんでしょう。見積りで予想外に金額が高かった(涙)キャブのダイヤフラム(なんと8,000円オーバー)は次回の注文に回して、不調の原因として考えられる2次エア吸いの対策としてヒビが目立ってきたインマニ関係、エアが入りそうなパイロットスクリュー部分のOリング、そろそろ本体交換でもいいだろうと思われるエアクリあたりをオーダーしました。

本当はスロットルまわりのブッシュも怪しいのですが、単品供給していませんでした。ついでに今後予定している作業に必要な部品も注文しておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦楽器の自作です。その1

P3110634カリンバの組み立てキット製作で勢いをつけたところで、次は楽器を自作する方向で。作るのはカミさん担当です。カンテレの話は前エントリ参照なんですが、調べていくと弦楽器っていろいろあって悩みます。

どうやら、長男の意向としては獣の王者エリンで主人公が弾いてた楽器が良いみたいです。・・・が、意向は意向で置いておいて(笑)、小さい子供でも手軽に遊べて、丈夫な弦楽器ということで、「キンダ―ハープ」を自作する方向で家族会議はまとまりました。個人的にはナイロン弦の方が、弦も錆なくていいかななんて思ってたのですが、卵切りをチャリーンと鳴らした音を再現するために鉄弦としました。

今回の楽器製作で悩んだのが、ペグ部分。このテのちょっとマイナーな弦楽器を製作をしているサイトを覗くと、ペグ部分はハープピンと呼ばれる棒状のシンプルな弦巻きと、ギターのペグを使ってる2パターンがあるんです。ハープピンは現物を恥ずかしながら見たことないし、楽器屋さんが販売しているギター用のペグはアップデート系のものが多くて、今回のような楽しい楽器作りには高級すぎるような気がしました。

紆余曲折ありましたが、@160円以内のペグを発見し、事なきことを得ましたが、ボディ材をどうするか、ブリッジ部分の弦の固定方法はどうするか、また、デザインをどうするか等々を1週間位検討しました(カミさんがね)。

| | コメント (0)

奏生弦交換_カリンバのキット製作_エッセのオイル交換

P3050647 奏生の弦交換をしました。今回は奏生専用弦ではなくて、タダリオのフォークナイロンという銘柄(EJ32)です。クラッシックギター用でボールエンドタイプだったらなんでも大丈夫。弦が6本入って奏生専用弦と同じ値段です。このセットで使用する弦は1弦(E弦)、3弦(G弦)、4弦(D弦)、5弦(A弦)です。僕の場合これでCGCGチューニングに合わせてます。今回は黒弦なので少し表情が変わりました(音はよくわかんないっす)。

P3050650 カリンバ自作キットを作りました(カミさんが)。話せば長くなるんだけど、ハープみたいな楽器に長男が興味を示して、卵切りをチャリンチャリン鳴らしてたりしたんだよね。ネットで探すと北欧のカンテレって楽器が自作できそうな感じなんだけど、部品調達(ペグとか)に時間がかかりそう・・・そんな時にカリンバのライブが幼稚園であったみたいで。そこで小さいカリンバ買ったんですよ。まぁ手のひらサイズってことで響きもそれなりだったんで、楽器屋に売ってたカリンバ製作キットで作りました。これ、イチから自作するんだったら、ワイパーの芯とかで良いモノ作れそうな雰囲気です。トップを単板にしたりとか。

エッセのオイル交換しました。今回はオイルフィルターも交換です。最近ホームセンターが廃オイル引き取るサービスをやめちゃったんでがっかりだったのですが、自動車用品店で引き取ってくれることが判明。リユースしてくれるといいなと思います。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »