« 最近観た映画シリーズ_ロボッツ | トップページ | 大豆をMSRで炒ってみた »

ドエルアングルと点火時期調整・・・とオイル交換

Dscn2946gt 今までは定期的なチェックでOKでしたが、ドエルアングルが50を超えてきたので、ポイントギャップが少し狭くなってきたようです。本当はオイル交換の予定でしたが、作業に点火系を追加しました。

相変わらずポイントギャップ測るの苦手です。というか、ゲージでの感覚がドエルアングルになかなか反映されません。何度か調整してドエルアングルは48位にしました。僕はポイントギャップをマイナスドライバ一本で調整できないので、左手でマイナスドライバ、右手にポイントを動かす工具(細いドライバみたいなもの)を持って調整しています。ドエルアングルを追いこんだら、次は点火時期。予想通り早くなっていたのでBTDC7.5に調整して終了。

こういった調整をするときはポイント点火に戻してからやってます。気分的な問題なんで大丈夫だとは思いますが、こういった時にセミトラのバイパス回路は楽です。

オイル交換は冬場恒例のブローバイ関係の掃除があります。実は昨年の車検時からエアクリーナーのチェックをしてなかったのですが、ブローバイのマヨネーズがエアクリーナー内のオイルに沈殿していて結構大変だったです。定期的にチェックしないと駄目ですね。

あとは、ドエルアングルチェック等、一連の作業で何度かセルを回した(けど走行してない)ので、バッテリを充電器に繋げて作業は終了です。

|

« 最近観た映画シリーズ_ロボッツ | トップページ | 大豆をMSRで炒ってみた »

点火系関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近観た映画シリーズ_ロボッツ | トップページ | 大豆をMSRで炒ってみた »