« 内装リフォーム(完成です) | トップページ | エッセのバッテリ交換 »

内装リフォームでの考察

P1080564 今回の内装リフォームで前回との変更点とかを記録しておこう。

1.内装の材質について

防水ベニアを芯にしたのは前回と同様なのですが、今回は表皮の麻綿布と防水ベニアの間にポリエステルのシート状のワタを入れています。前回は直接、布だったのでクリップが凸状にが見えてたんですよね。あと、手触りも良くなりました。

2.表皮の固定方法

前回はスプレー糊で防水ベニアに貼った後に周囲をスーパーXと木工用ボンドで固定しました。最初は良かったのですが、スプレー糊が均一に塗布されていなくて、接着された部分とされていない部分が数年で浮きシワになっちゃいました。ということで、ポリエステルのシートはスプレー糊で接着したのですが、表皮の布は周囲裏側のみで固定しています。シワの発生は全体で相殺されると思うので、浮きシワは少なくなるハズ。接着剤はシューグーを使いましたが、後から木工用ボンドを塗ってほつれを防いでいます。クリップが入らない部分があったので、乾燥後に一部削ったりして対応しました。あと、包みボタンや取っ手部分で表皮は固定してあります。フロントは張りが少し弱かったかもしれません。自由に使える洗濯バサミが少なかったんで。

3.クリップブーツは最後まで押し込むべし

純正のクリップブーツは硬めなので抜けにくくていいのですが気温が低い場合最後まで押し込むのに難儀しました。ドライヤーで温めるとスムーズに押し込めました。

4.防水シートと両面テープ

防水シートは前回は厚手のテーブルクロス(ビニール製)。今回は100均で買ったエアコン室外機カバー。これは前回の方が良かったかも。固定時にクリップが接触するタイミングがあって、薄い素材だと破れてしまいそうで怖かったです。あと、今回使った建材用の両面テープは素材が柔らかくてブチルゴムに近い感じです。耐久性は未知数ですが、施工性は良かったと思います。

|

« 内装リフォーム(完成です) | トップページ | エッセのバッテリ交換 »

内装関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内装リフォーム(完成です) | トップページ | エッセのバッテリ交換 »