« 内装リフォーム(途中経過) | トップページ | 内装リフォームでの考察 »

内装リフォーム(完成です)

P1030532 今回は包みボタンを使って固定部分を増やそうと思います。後で前回との違いや反省点をまとめようと思いますが、とりあえず作業の流れを記録しておこう。

厚手の生地だったことと、固定器具(手芸詳しい人ならわかるハズ)が無かったので、結構難儀しました。無理に押すとボタンが凹むし。予備も含めて結構な数を作りました。ボタンの固定が弱い気がしたので木工用ボンドで周囲を固めました。

内装を固定するクリップですが、状態の良いモノが多かったので再利用していきます。その場合、クリップの角度が曲がってるものが多いので適宜修正しておきます。P1070545 このクリップが入るのブーツなのですが、前回の内装作業の時に一部社外品を使いました。この社外品はコツがあって、まずクリップに差し込んでからドアに取り付ける必要があります。そうしないとドア内部に落ちちゃうことが多いです。ただ、柔らかいので作業性は良いです。・・・だけど穴が空いちゃってます。

透明の純正品ですが、年数が経つと硬くなる傾向があります(そうならないものもあるからロットの違い?)。純正品はドアに取り付けてからクリップを差し込みます。ちなみに硬くなったブーツはドライヤーで温めておけば柔らかくなります。

P1070560w ドアの防水ですが、今回は100均で購入したエアコン室外機のカバーを使いました。やっぱ材質が薄いです。タイベックとかも検討したのですが、1ロールでしか販売していなくて大量の不良在庫を抱えてしまうので断念です。バイクカバーとか良いかもしれません。固定は前回はブチルゴムを使ったのですが、今回は「ブチルゴムに変わる両面テープ」が触れ込みの両面テープを使いました。

クリップの位置を慎重に合わせながら、車体に押し込んでいきます。クリップの位置とドアの穴の位置が合えば無理に押し込む必要はないです。へたに力を入れるとどこかに無理がかかります。下側は面倒臭いのですが寝転がって微調整します。

P1070558 P1080565 完成した内装は、シートの色とも似ていて良い感じです。今回はリアシートの灰皿は省略しました。そうそう、包みボタン、結局4個しか使いませんでした。若干コアラっぽい(笑)。

|

« 内装リフォーム(途中経過) | トップページ | 内装リフォームでの考察 »

内装関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内装リフォーム(途中経過) | トップページ | 内装リフォームでの考察 »