« ギターの発表会 | トップページ | 内装リフォーム(途中経過) »

ポップアップウィンドウのシーリング

雨漏り関係でカテゴリを整理した方が良いかもしれませんね。さて、リアパネルの雨染みから始まった犯人さがしですが、それぞれの結果を検証することなく同時並行で対策をやってます。時間も限られるしね。

さて、今回はポップアップウィンドウのシーリングです。僕も考えてなかったのですが、このポップアップウィンドウはガラスをアルミフレームで囲んでる状態です。海外ではこのフレームとガラスを分解して修理してるサイトもあります。

よく観察すると、アルミフレームとガラスの間のシーリング(パッキン?)が痩せてることに気付きました。薄いヘラとかが入っちゃう位。ということでこの部分にシリコンシーラントを充填することにしました。Pc030400

Pc0304012今まで使ってた充填用のシーラーが見事に固まってて、シーラーで使うガンが使えません(涙)。手持ちのケミカルで使えそうなシリコンシール材(DJシールパッキン)で代用しました。ガンと違って細く流しこめないのが難点ですが、ヘラで押し込みつつ。

経験上、こういった作業であまりマスキングを気にすることは無いと 思います。特にガラスに着いたシール材はカミソリ等を用いれば容易に取り除くことができます。ある程度の充填が終わったら、ヘラで形を整えて終了。今回は全体をシールするのではなく、下半分のみにしておきました。

|

« ギターの発表会 | トップページ | 内装リフォーム(途中経過) »

錆との格闘」カテゴリの記事

雨漏り対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギターの発表会 | トップページ | 内装リフォーム(途中経過) »