« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の3件の記事

TPPと農業・農的な暮らしについて

P8190040 世間ではTPPについていろいろ議論が行なわれています。引用したりしながら書いてもいいのですが、「らしくない」ので、思うことをツラツラと。

TPPを大まかに分けると工業系は賛成、農業系は反対というスタンスだと思います。ここで大事なのは、工業系の代表者が元工業系代表者(大企業?)や現役代表者であること。農業系はJA(農協)ですが、JAが農業者の代表か?と言われれば、ちょっと違う雰囲気。工業系の会社の人間構成は株主-雇い主-雇用者みたいな感じですが、JAの場合、農家はJAに雇われているわけではありません。組合員という位置づけですが、JAから農家は給料はもらってません。JAが農家の代弁者になるのかということですが、大規模な農家はJAから離れ独自に資材仕入れや生産物販売を行なっている事例も少なくないことから、むしろ他に「代弁者がいない」位に農業者の多様化が進んでいると考えた方が良いかもしれません。

閑話休題。経営、つまり農業を経済的な営みという尺度で考えるのであれば、TPPへの対策として海外の生産コストに追いつく為に大規模化や、高品質生産物の海外輸出という考え方が生まれます。ただ、気になるのが「専門化・先鋭化の果てにあるのは緩やかな死」。

戦闘単位として、どんなに優秀でも、同じ規格品で構成されたシステムは、どこかに致命的な欠陥を持つことになるわ。組織も人間も同じ。特殊化の果てにあるのは、ゆるやかな死・・・・・・[GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊]

続きを読む "TPPと農業・農的な暮らしについて"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フリーマーケットに出店しました

Pb200358 長男が通ってる幼稚園のお祭りがありました。このお祭りが変わってて、子供の為というより、親の為っぽいんですよね。元々がオヤジの会が発起人だったと伺っています(記憶違いかも)。さてその祭り(文化祭みたいなもの)でフリマ出店してきました。実に6~7年ぶりの出店です。

前回の出店内容と基本は変わらないのですが、長女が手芸できる年齢なので、バリエーションが増えました。・・・が、フリマに出店決めたのが間近だったので、カミさんと長女、結構忙しかったみたいです。フェルトでボールを作ったり、包みボタンでバッジを作ったりしてました。

価格は子供の財布(50~100円)で買えるような値段設定にしました。あと、大人向け商品(笑)には、前回の出店で好評だった木材(サイプレス)の端材とかを持ち込みました。売る予定だったスナメリの骨、急に売りたくな~いという長男の意見により、あり得ない位の高価格設定に(笑)

その長男も接客したりしてるのですが、幼稚園児の客と店員のやりとりって笑えました。50円の買い物で100円渡されて、お釣りで200円(笑)。久々に会う人とかいて凄く楽しかったです。

駐車場に難がありそうな気配だったので、前日に荷物は持ち込んでおいて、当日は2往復しました。まぁ、エッセとワーゲンなんで。楽器も持ち込んで、のんびり楽しもうと企んでたのですが、ありがたいことに盛況で、楽器を弾く時間はあまりとれなくて、これは企画倒れでした(笑)。企画倒れといえば、木材。今回は全く売れませんでした。そういえば前回も一人の人がごっそりと買っていったんだった。

子供の予定や週末に仕事が入ったりでなかなかタイミングが合わないんで、ひょっとしてこれが最後のフリマ出店かもしれません。と言いつつも、終わったあとは「次回はこんなのを作ってみよう」とか家族で話し合っていたりしています(笑)。

| | コメント (0)

奏生でライブ

Pb060308 奏生で野外ライブ出ませんか?とカミさんの知り合いに誘われて、出てきました。実は午前中仕事が入ってて、しかも現場からライブの会場までは結構距離があるんで、半分あきらめてました。野外ということもあって雨も心配です。

当日は、小雨状態でしたが、決行するという連絡もあって気合が入ります。この野外ライブ、有志のボランティアで運営されているんですよね。わが家が到着した時にはテント設営も終わって、PAの雨対策もしてありました。大変だったんだろうな~。

初めての参加でしたが、和気あいあいで、いい雰囲気でした。海や公園で自由に弾くのも楽しいのですが、こういった場で弾くのもいいですね。10年ぶり位かも(笑)。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »