« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の3件の記事

HASSIAとHELLAのウインカー

Dscn4052 最近、ウインカーからの雨漏りに悩んでます。というのも、車検時期に交換したり、いろいろやってたんで(笑)。手持ちのウインカーはプラ部分がHELLAの刻印があります。一番状態の良いのを車検対策として取っておくことにして、2番目にヒビが少ないものを常用してたりします。しかし、ある機会を境に雨漏りが酷くなったんですよね。左側だけ。

P6171366 P6171367 どうも怪しいということでいろいろ観察してみると、ウインカーカバーにHELLAとは違う刻印を発見。HASSIAと書いてあります。パーツの具合からみて、純正の雰囲気が漂います。

P6171368_2 ウチの手持ちの部品の場合、HELLAのプラパーツとHASSIAの金属パーツの「収まり」が悪いみたいです。ひょっとしてHASSIAのプラパーツとかもあったのでしょうか?見たことないです。

とりあえず、手持ちのHELLAのウインカーカバーと交換しておきました。

| | コメント (2)

LEGO HERO FACTORYってイイかも

P6081360_2 長男がLEGOにハマってるのは以前のエントリにも書きました。それに加えてロボット(ブリキ系)や鉄人28号とかも大好き。この二つの好きなものが混ざったのがLEGO HERO FACTORYらしい。偶然、YOU TUBEとかで発見したり、アマゾンとかでも販売してたりするのですが、残念ながらLEGO JAPANの大々的な取り扱いはナシ(涙)。トイザラスでもナシ(涙)。

僕も現物を入手するまで、結構ナメてたんです。店頭に並んでても多分手に取らない。大々的な販売じゃないから現地価格と比較して日本価格は高め設定だし。

しかしですね、長男のハマり具合を観察してると「さすが!」と思う部分が結構あります。まず、球形関節であること。これで好きなポーズが自由自在です。次に部品の組み換えが容易なこと。これはLEGOのお家芸ですね。最後に精度の高さと部品の丈夫さが相まってかなり遊べます。大人だったら、これに現地で公開されてるストーリーとかの要素や、コレクター要素も加わるんでハマる人も多いかもしれないです。

同時期?に日本に新規に入ったのはニンジャ+コマ(ベーゴマ)の要素があるシリーズ。社内会議とかあって、HERO FACTORYがこれと競ってたら「市場性」「ターゲット相の嗜好性」あたりで負けたんだろうなぁ(根拠無いです。想像デス)。

僕らの世代だとミクロマンに近いかも(1個買ってもらった記憶あり)

P6081359_2 これ、スケルトン状態ではこんな感じです。要は骨組み。ちょっとカッコ悪いカモ。そして、骨格に外装をつけると、一気にロボット風情が漂います。裏は・・・省略(笑)

レゴ ヒーローファクトリー公式サイト

| | コメント (6)

テールライトのLED化

P6041342_2 今のままでも良かったのですが、古い車ってただでさえ視認性が良くないのでLEDにブレーキ&ポジションライトを変更しました。気合を入れて自作してみても良かったのですが、有難いことに年式マッチングの専用品が販売されていますので、購入しちゃいました。ついでにの作業ですが、コケ風の汚れがあったり、ボロボロ風情で、ゴムとしての寿命を全うした感のあるパッキンも同時に交換することにしました。

P6041344 このパッキン、結構コツが必要です。テンションかけて固定するので、お疲れ気味のテールライトだとヒビが入るかもしれません。特に社外のテールライトはネジ部が通るプラ部分が長めな可能性があるので、無理は禁物かもしれません。右側はまだゴムが生きてたのでパッキンは未交換です。

さてLED。専用品だけあって無理なく全面が明るくなります。ブレーキを踏んだ時のスパッと付いて離したらスパッと切れる様相はさすがLEDです。ただし、真横から見た時の明るさは白熱球の方が上かもしれません。これは現行車で純正で装着されてるLEDでも一緒かもしれません。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »