« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の4件の記事

ボランティアに参加しました

業務が非番の日に災害ボランティアに参加しました。都合2つの市(の社協)を経験させていただきました。A市は県外からのボランティアも受け入れていますが、被災地からの要望よりも、ボランティア希望者の方が多い時もあります。

県外から応援に駆け付けている方は、大まかに単独参加と2~3人組のグループ参加に分類できます。A市社協のボランティアセンターでは被災地の要望に応じて人数を決定して「その場で」グループ編成してしまいます。これは素晴らしいシステムです。その場でグループを編成したとしても、ボランティア参加者って士気も高く、各々がスタンドアローンで動けるし、年相応に団体行動もとれるんですよね。単独参加は個人的にはおススメです。ちょっと困るのが男女混成の大学生風グループ(のごく一部)。女子に気を使う男子の存在が、受付して順番を待ってる段階からヒシヒシと(笑)。このグループがその場で分断されたら(しかも男女別で)・・・時間がもったいないです。

あと、作業時間を2時間にしている点も好感が持てました。集中力と体力の良いバランスだと思います。体力に余裕があれば、午後からも2時間希望すればいいし。

こまごまと観察すれば、ボランティアさんが使用する道具類の洗浄もボランティアが担ってます。こうした縁の下の方々のおかげで知らない間に大きなチームワークって出来るんだなって思いました。

気になったのが、県外ボランティアの方々に対する支援。県外から来られる方はそれ相応の覚悟を持ってきているのは間違いないです。すごくタフです。だけど場所によってはテント泊で洗髪、洗濯すらままならない状況なんですよね(やろうと思えばできるんだろうが・・・)。なんとかしてあげたかったです。

今日、投稿していた論文が査読結果付きで戻ってきました(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

避難所で気になったこと

避難所での生活も1カ月以上となっています。多くの方が「炊き出し」やその他ボランタリックな活動希望について問い合わせが来ていました。僕が直面したちょっと気になったことを列挙しておきます。・・・自戒の念を込めて

1.炊き出しについて

各地から炊き出しのグループが来ていますが、避難所で水の手配をしないでください。小さな炊事場を占拠して調理をしないで下さい。寸胴で調理した後、避難所の施設で洗わないでください。集団生活では食事の時間が決まっています。その時間に合わせて生活のリズムが出来ています。自分たちの都合で給仕時間を変更しないでください。避難所でモノを借りないでください。ゴミを捨てないでください。

2.その他の活動について

【マッサージをされる方】→アロマオイルの匂いは人によっては不快感を覚えることを考慮して下さい。 【メイクやネイルの方】→ちゃんと落とす手段も提供してあげて下さい。 【イベント(映画とか)提供者の方】→食事時間を確保した時間帯にしてください。自分たちが遅刻して開始時間が遅れるのであれば午前の部は中止するくらいの覚悟で。

3.物品提供について

衣類に関しては仕分けに多くのボランティアが必要になっています。サイズが不ぞろいな古着は、正直困ってます。明らかに使い古しの壊れたオモチャを提供しないで下さい。

・・・なんかね、やった当人の「満足感」だけが残るような活動は避難所にとっても負担が増えるだけなんです。せっかく来てくれたのだからという思いからか、現場スタッフから直接的な苦言等は無かったのですが、しわ寄せは被災当日から献身的に働いている現場スタッフが矢面に立ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事帰ってきました。

震災から1カ月が経とうとしています。復旧が進んでいると新聞報道等からは感じますが、現地では「現在進行形」で震災は続いていました。詳細は後日エントリします。

今一番欲しいと感じたのは「がんばろう」のメッセージじゃなくて、被災者に直接届く「お金」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京出張+災害復旧

東京出張が決まりました。今回は初めての学会なので少し緊張します。出張から帰ったらそのまま災害復旧用務で東北に赴くことになりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »