« 環境直接支払い制度を思案する | トップページ | ブレーキパットの交換 »

フロントスプロケットの交換

P2061303 部品が届いたので、交換作業をします。今回は社外品(サンスター製)にしました。まずは外した純正品との比較。純正品はおそらく騒音防止であろうゴムリングが装着されています。ひと手間かかってますね。

気になる磨耗具合は、歯の部分では走行距離なりの磨耗になってます。この歯の磨耗が交換の理由といえば、理由にはならないぐらいの磨耗具合です。ただ、リアのスプロケと比べたら磨耗してました。さて、問題のスプラインのガタ。これに関しては純正品と社外品の比較になるので、厳密な比較は出来ないのですが、今回購入した社外スプロケの方がガタが少ないです。公差といっても良いかもしれません。

今回取り付けにあたっては、スプライン部分にスレッドコンパウンド(銅粉入りグリス)を薄く塗布しておきました。こういった作業するときに痛感するのが日常的な掃除の大切さ。交換時間にかなりの差があると思います。
P2061305 さて、交換後の感想ですが、ジェベルのような馬力の少ない車体の場合、こういった作業が走行フィーリングにかなり影響を与えることがわかりました。簡単にいえば、エンジンの回転による押し出し感が強くなりました。気になる金属音も減少してます。これでチェーンを交換すればさらに良くなる気がします。

|

« 環境直接支払い制度を思案する | トップページ | ブレーキパットの交換 »

ジェベル200」カテゴリの記事

コメント

参考になりました。

投稿: 権兵衛 | 2011年4月29日 (金曜日) 06:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 環境直接支払い制度を思案する | トップページ | ブレーキパットの交換 »