« ワーゲンの車検_当日その2 | トップページ | バンパの隙間2センチ以内について »

光量問題

Pc041256 古い自動車で車検を受ける場合に問題になるのが、配線・端子の劣化で抵抗が生じて充分な電圧が確保できないことによる光量不足。光量不足に対応する為に従来のシールドビームからH4バルブのハロゲンライトに交換したり、最近だとHIDに交換するみたいです。しかし、車検制度があるのはシールドビームの時代からなので、シールドビームだから落第するということは無いと思います。今回は現在装着されているシールドビーム(小糸製)で対応することにしました。

まず、電圧降下具合を知る為に電圧を測ります。Egオン(アイドリング時)において、バッテリ電圧12.6V、ヒューズ常時電圧端子12.6V、アクセサリ端子12.6V、点火コイル12.4V。これに対してハイビーム11.2~3V、ロービーム11.1V。・・・やはり電圧降下しているみたいです。あと直流ダイナモなのでアイドリング時には殆ど充電されていないことも明らかになりました。

今回は、手持ちのリレーで対応したいと思います。リレーの配線で迷うのが12Vの供給元。よく聞くのがバッテリからの直接供給ですが、アイドリング時の充電が期待できない直流ダイナモの場合、恩恵に与ることは期待できそうにありません。ということで(というかバッテリからライトまでの距離が長くて面倒くさいというのもある)レギュレータからライトスイッチにくる常時電源の配線を分岐させることにしました。元々あるライトのハイ/ロー切り替えリレーをコントロール電源にしました。リレーでリレーを駆動することになりますが、回路的には不具合は無いはず。あと、ライトのアース部分もしっかり磨いておきました。

結果、ライトは明るくなったのですが、ちょっと困ったのはエンジンの回転に応じてライトの光量が若干変化するようになったこと。これはリレー化する前はあまり気にならなかったので今後の検討課題にしたいと思います。

|

« ワーゲンの車検_当日その2 | トップページ | バンパの隙間2センチ以内について »

素人車検準備」カテゴリの記事

コメント

安易にハロゲン化しない所がSS氏らしいというか、ハロゲン化しても安物のH4バルブだと光量不足になるという実績を持っていたりするので、非常に有意義なエントリだと思います。

シールドビーム、確かに暗いんだけど、規格型のヘッドライトって交換するとクルマの表情が変っちゃうんですよね、キセノンやLEDは消費電量が少ないから、ホントは旧いクルマにとっては優しいんだろうけど。


投稿: ヨコチン | 2011年1月16日 (日曜日) 21:08

ヨコチンさんへ
あけましておめでとうございます。
ハロゲン化は悩みました。国産品だと面が平面になるので、確かに表情変わるんですよね。あとバルブが固定されてないから光軸もズレそうで。
ただ、シールドビームは既に生産中止なので、予備で持ってる中古も使ったら次はハロゲンに変える予定です。昔はロードスターやジムニー用って言えばどこでも買えたのですが・・・。

投稿: steel scooters | 2011年1月16日 (日曜日) 23:22

車検の時は、シールドビームの方がバルブ交換タイプのライトよりも合格率が高くて安心だったりします(笑

投稿: Yazzi | 2011年1月17日 (月曜日) 16:53

yazziさんへ
そうなんですか!見学してて思ったのですが、現行車でも結構×になってるんですよね。光軸。そんんなに動くもんじゃないような気もするし、動くんだったらメーター並みの誤差を認めてほしいような気もしています。そういえば樹脂製のヘッドライトって劣化して透明度下がりますよね。最近の自動車の使用年数の長期化を鑑みて比較的短期間でなるような・・・。

投稿: steel scooters | 2011年1月17日 (月曜日) 22:00

シールドビームは車検の検査に最適な配光で、リフレクターがサビたり汚れたりする事も無いので一番確実です。
レンズカットの無い社外ライトに安物HIDの組み合わせが一番ダメですね。(笑

投稿: Yazzi | 2011年1月18日 (火曜日) 07:40

そう言われると、シールドビームにこだわってみようかな~(笑)。
耐用年数云々が言われることもあるけど、僕のところに来てからは交換していないし。ただ、球切れ=ライト交換なので予備パーツ携帯時にかさばるのが難点か(笑)

投稿: steel scooters | 2011年1月19日 (水曜日) 05:28

車検の検査項目でいう所の「光軸」の話をすれば、バルブ換えただけで適切な調整からずれちゃうんですよね。ワーゲンなんてタンクに入ってるガソリンの量で変わるかもしれませんよ。つーか、オレに言わせれば、車検時の光軸検査とか無駄にシビア過ぎ。もっとアバウトでも全然問題ないだろとか常日頃思ってます。

まーそれ言っちゃうと車検制度自体どうなの?って話にもなるんで程々にしときます(笑)

投稿: ヨコチン | 2011年1月19日 (水曜日) 15:39

ヨコチンさんへ
エッセは運転席に人が乗ってるかどうかで見事に落ちました。ほんとシビアすぎると思います。最近の自動車はロービームで検査なんですが、ひょっとしてハイビームだと殆どの自動車が落ちちゃうからでしょうか。その辺りからも検査そのものがパッチ的な対応というか、自動車の性能と車検制度が合ってきてないような気もしています。だからこそシールドビームという旧式のライトの方が車検に合格しやすいのかもしれません。

投稿: steel scooters | 2011年1月20日 (木曜日) 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワーゲンの車検_当日その2 | トップページ | バンパの隙間2センチ以内について »