« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の11件の記事

灯火類のヒビと退色

ウインカーやブレーキランプのレンズ類には細かいクラックが入っています。特にテールレンズが厳しいです。割れやカケは無いので、雨漏り等は無いのですが、ヒビと解釈されると問題です。テールライトにはクラックの無い社外品も持っているのですが、退色が激しい。今回は純正品のクラック対策を中心に、ついでに社外品の退色対策を行うことにしました。

Pc121263 まず、クラック対策なのですが、ガラスの飛び石による欠け対策に使った透明レジンを使うことにしました。ポイントはここでもやっぱりレジンを流した後の透明シートです。このシートにレジンは接着されません。これがあれば殆どのクラックが目立たなくなりました。意気揚々としていた矢先、レンズを取り付けする際にバックランプの透明部分付近が大きく欠けてしまいました(涙)。割れた残骸は極力集めて接着しますが、僕のテンションが落ちました(笑)。

Pc251270ということで、社外品の退色対策を本格的に行いたいと思います。社外品の弱点としてブレーキランプ部の反射板の成型が悪いことが挙げられます。純正は別部品で成型された後、溶着されているっぽい。反射板の有無は車検では必須みたいなのですが、一応バンパ下にヤナセ風の反射板を装着しているから大丈夫と判断。

Pc251272 退色したオレンジとレッドはクリアカラーを刷毛塗りすることにしました。塗料には染料タイプと顔料タイプがあって、顔料タイプの方が紫外線に強いらしい(模型屋の広告に書いてあった)。ということでタミヤのエナメルカラーを30年ぶりに購入。同時にミニ四駆も購入(笑)。裏から塗っていくのですが1回塗った位では殆ど変化無し。何度か塗り重ねていくうちにしっかりと着色されました。車検には社外品で臨むことにしました。僕の年式だと赤いウインカーでも大丈夫なのですが、やっぱ危ないのでオレンジのウインカーにしています。

| | コメント (2)

フロントガラスの飛び石対応

Pc121261 ず~と以前からフロントガラスに飛び石と思われる「欠け」があるんですよね。ガラス検査が得意なフロントガラスマニア(いるのかなぁ)が検査したら、その後の対応が面倒(というか時間がかかる)なので、事前に対応しておくことにしました。

幸い、ヒビは無いので欠けた部分の補修。ということで、自己施工することにしました。ホームセンターで補修キットを購入しましたが、結構大掛かりです。注意書きにはしつこいくらい「あれはダメ、これはダメ」「失敗しても補償しない」旨記載されています(笑)。かなりリスキーな商品のようです。

あとで気づいたのですが、このキットはクラックにレジンを染み込ませる為のツールみたいです。この写真で示している吸盤等は結局のところ取り外して、レジンを直接欠けた部分に垂らしてレジンが付かない透明シートを被せて硬化させて、付属の剃刀で余分なレジンを削って終了。欠けた部分は判らないくらいに補修完了しました。

大量に余ったレジンは灯火類のクラック対策に使うことにしました。

| | コメント (0)

マフラーは突起物?

Pb221242 テールパイプはbugbugで購入したステンレス製です。年式によってはそのままの長さで使えるのですが、年式によってこのテールパイプの長さは違うみたいです。僕の場合、バンパーから少しハミ出た状態。

バンパー内に収まった方がいいような気がしたので、一度取り外してカットしました。ついでに中のカーボンを掃除しておきます。カーボンは固まりになってました(汗)。

マフラー本体もジンクスプレーで塗っていたのですが、地金をしっかり出したわけでも ないので2年でサビサビ。ジンクスプレーも使い方次第ですね。誰かサビの上から塗れて耐熱性が長期間維持できる塗料(スプレーで)を開発してください(笑)。音ですか?カットしても変わりませんでしたョ。Pb221247

| | コメント (0)

バンパの隙間2センチ以内について

Pc121262 これ、ワーゲン以外でも問題となっているみたいです。根拠のない予想でしかないのですが、ガードレールに三角の金属片が見つかって通行人が怪我した事件があったじゃないですか。あの時期あたりに国交省から陸運局に突起物云々の通知文が来たんじゃないかと。それに対応して従来からあった検査事項の特記事項としてクローズアップあれたんじゃないかと(あくまで僕の予想)。

で、対応なのですが、バンパーの取り付けボルトを調整すれば大丈夫な車体もあるかもしれません。僕の車体の場合は無理でした。ということで対策を考えます。どうせなら車検対策ではなくずっと装着しておきたいということから、高年式に装着されていたバンパーカバー(名称不明)を入手して装着しました。

両面テープで処理しても良かったのですが、念のためボルト固定も併用しています。過去にぶつけたことがあるらしく、バンパーの隙間は左右不均一ですが、隙間は2センチ以内に収まりました。

| | コメント (6)

光量問題

Pc041256 古い自動車で車検を受ける場合に問題になるのが、配線・端子の劣化で抵抗が生じて充分な電圧が確保できないことによる光量不足。光量不足に対応する為に従来のシールドビームからH4バルブのハロゲンライトに交換したり、最近だとHIDに交換するみたいです。しかし、車検制度があるのはシールドビームの時代からなので、シールドビームだから落第するということは無いと思います。今回は現在装着されているシールドビーム(小糸製)で対応することにしました。

まず、電圧降下具合を知る為に電圧を測ります。Egオン(アイドリング時)において、バッテリ電圧12.6V、ヒューズ常時電圧端子12.6V、アクセサリ端子12.6V、点火コイル12.4V。これに対してハイビーム11.2~3V、ロービーム11.1V。・・・やはり電圧降下しているみたいです。あと直流ダイナモなのでアイドリング時には殆ど充電されていないことも明らかになりました。

今回は、手持ちのリレーで対応したいと思います。リレーの配線で迷うのが12Vの供給元。よく聞くのがバッテリからの直接供給ですが、アイドリング時の充電が期待できない直流ダイナモの場合、恩恵に与ることは期待できそうにありません。ということで(というかバッテリからライトまでの距離が長くて面倒くさいというのもある)レギュレータからライトスイッチにくる常時電源の配線を分岐させることにしました。元々あるライトのハイ/ロー切り替えリレーをコントロール電源にしました。リレーでリレーを駆動することになりますが、回路的には不具合は無いはず。あと、ライトのアース部分もしっかり磨いておきました。

結果、ライトは明るくなったのですが、ちょっと困ったのはエンジンの回転に応じてライトの光量が若干変化するようになったこと。これはリレー化する前はあまり気にならなかったので今後の検討課題にしたいと思います。

| | コメント (8)

ワーゲンの車検_当日その2

陸運局に着いたら、なんとガラガラです。あの予約は一体なんだったのでしょうか(笑)。事前に書類は書いておいたので、検査手数料と重量税を支払って受付を済ませます。まだ時間に余裕があったのでラインを見学してみました。車検を受けているのは2台。最後尾はインプレッサです。口径の大きいマフラーを装着していて、音量を測定されていました。あと最低車高も。その前の車は何度もブレーキで落ちています。どうもタイミングが肝心っぽい。もう一台プリウスが入ってきたのですが、ガラガラに変わりはありません。

ということで、そそくさとワーゲンに戻ってプリウスの次に並ぶことにしました。まずは外観検査です。若い真面目そうな方が対応します。前には係長級っぽい人もいます。エンジンナンバーのチェックと車体番号のチェック。ウインカー、ハザード等、灯火一式とワイパー、ウォッシャーもチェックされました。あとウインカー点滅時のメーター内のインジケータもチェックされました。窓ガラスも一度閉じてフィルムが張ってないかどうかチェックで外観検査は合格。若い検査員が何か係長級に言ってますが、係長級の方が「それはヨンパチから」って言ってます。昭和48年から何か規制があるみたいです(笑)。

次にサイドスリップです。MT車の場合、ゆっくり走るってのがコントロールしづらいのですが、進入前にニュートラにしておいてゆっくり進入しました→合格。ここで、前方のプリウスが光軸で×になってます。ちょっと安心(笑)。ブレーキテストでもプリウスに×が!・・・焦ってきました(ブレーキに関しては最終的に○になってた)。

ワーゲンの車検に話は戻ります。次に40km/hのテスト。パッシングで合図することになっているのですが、パッシング機能がありません。とりあえずライトスイッチをON/OFFして対応。2速のままです→合格。そのまま光軸。少しだけアイドリングを上げて対応→合格。次はブレーキ。サイドブレーキは駐車ブレーキと表示されてるので脳内翻訳が必要→合格。次にフットブレーキ。ゆっくり踏んでというアドバイスを無視して「踏む」の表示と共にガッと踏みます。「離す」の表示でパッと離します。結果→×(涙)。何度か検査してくれるのですが、合格しません。これが最後かもということで踏んだブレーキで合格しました(嬉)。

次は排ガステスト。年式に応じたスイッチを押してから計測するのですが、検査員が押してくれていました。センサーを入れてしばし検査員と歓談。プリウスも現状複数型式が存在しており、対応が大変とのこと。前にいるプリウスもメンテナンスモードにしないと検査を受けられない項目があるらいしい。EV車が本格的になったらもっと大変かもなんて話をしているうちに排ガステスト→合格。

最後は下回り検査。ガタガタ揺らされたり、ハンドル切ったり、エンジン掛けたりして合格。針金で固定したボールジョイントブーツも指摘無しでした。再検査でずれ込むことも想定していたのですが、あっという間に終わってしまい、午後からは仕事に戻りました。

| | コメント (4)

ワーゲンの車検_当日その1

P1120007l 結果を先に報告すれば「合格」です。せっかくなんで、車検前に実施した内容やラインの内容を別途エントリ予定です。

車検に持ち込むにあたって、予約が必要です。予約はネットで出来るんで楽チン。年明け早々は業者の方も持ち込むことが少ないと予想して、年明けに予約を入れることにしました。すると、すでに予約が一杯になっているラウンドも散見されます。これはヤバイ。皆に迷惑をかけてしまう(汗)。自分の仕事の段取りと併せて日程を設定し、2ラウンド目を予約することにしました。

んで、車検当日。事前にエッセの車検時にお世話になったテスター屋?さんで新年の挨拶をしつつライトの光軸を合わせます。事前にライトリングは外しておきます。サイドスリップみとく?との声に念のため数値だけ見ておくことにしました。ちなみに運転は僕です。するとメーター振り切る勢い(汗)。簡易サイドスリップテスターで合わしたつもりだったのですが、どうも大幅に違ってたみたいです。

そういえば、最終的にサイドスリップテスターの数値ではなく、ハンドルをまっすぐさせることを優先させたからねぇ。ここは右側だけでマイナス3位にあわせてもらって後日左のタイロッドを調整することにしました。直進時にはハンドルは左に傾きました。あとは排ガスやねという言葉もありましたが、これは指摘された後で対応することができそうだったので、現状のままとしました。

つづく

| | コメント (0)

レゴブロックにハマる

P1061292 最初にレゴ(青箱)を買った時は、まだ長男も小さかったので、あまり興味を示さなかった(というか、もう少し単純なブロックで遊んでた)のですが、最近レゴで遊ぶことが多くなりました。ロボット好きは続いてるから、この辺でマインドストームいっとく?(←これは僕が欲しいかも)・・・なんて考えたりもしますが、アマゾンで型落ちになるであろう特価品をサンタが購入。

最初は、僕が説明書通りに作ったりしたのですが、レゴの醍醐味は説明書どおりに作らないということ(笑)。さっそく分解されて、別の物体に生まれ変わりました。本人曰く変形するらしい。少しだけマクロスに出てくるロボットに見えなくもない(笑)。

| | コメント (0)

電子ピアノ購入

P1061293 長女がエヴァンゲリオンの主題歌を弾きたいという軽い動機+αで始めたピアノですが、金管バンドと併せて現在も続いています。

我が家にある鍵盤楽器はリサイクル屋さんで購入したキーボード。鍵盤数も足りなくなってきたし、強弱が音色に反映されないON/OFF鍵盤だったので、思い切って新規に電子ピアノを購入することになりました。

将来的にバンドとかやるかもってそれなりの(DX7みたいなカタチ・・・古い?)も考えたりしましたが、無難に電子ピアノにしました。電子P1061294 ピアノでも値段やメーカーでタッチが全然違うとのことでしたが、低価格帯のモノであっても現在使ってるキーボードとは雲泥の差があります。

親(僕ら)が買えるのはここまで。これから先も音楽を楽しんで、大きくなったら自分でバイトして苦労して楽器を買ってくれたら本望・・・カモ。

| | コメント (4)

エッセの車検

Pc121259 12月、エッセの車検に行ってきました。3年間で1万キロということで、近所をウロウロするのが中心というエンジンにはあまり良くない使い方をしてると思うので、24か月点検以外の追加作業(液モノ交換系)は後日プロにお願いする予定です。

軽自動車の車検って平和です。だって軽しかいない(笑)。まぁスマートがいてもおかしくないか。のどかな雰囲気でしたが、光軸で1回落ちちゃいました。事前にテスターで測ってたので自信満々だったのですが、調整時に運転席乗ってなかったんです。車検ラインでは当然乗って計測なので、その辺りが影響しているかも。あと最近の年式はLOWビームで検査するのも知りませんでした。キャリアはそのままで大丈夫でした。

慌てたのはブレーキテスト等で「ニュートラ入れ下さい」って言われた時。通常運転でAT車はNレンジに入れる事が無いからニュートラの存在を忘れてました(汗)。あとタコメータが無いというのもあるのですが、エッセのエンジン音がラインの音に比べて静かすぎてエンジンかかってるかどうか分かりづらかったです。これは贅沢な悩みですね。

ホイールキャップ外した姿は精悍で好みだったのですがカミさんには不評で、そそくさとホイールキャップ再装着しております。

| | コメント (4)

編集中っす

いやぁ、どうもすみません。おかげさまで公私共に充実していて、なかなかブログのエントリまで手が回らないんですが、生きてマス(笑)。

後で確認する時に役に立つんで、過去にさかのぼって出来事を書いていくつもりです。ということで、こんなことをエントリ予定です。

■2台同時期車検。特にワーゲンの準備(年式相応の法令順守関係ネタ)とか

■長女が電子ピアノ購入

■長男がレゴにハマる

■コ、コンプレッサー購入~(これは一大事!)Pb221243

| | コメント (4)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »