« GWの出来事 | トップページ | ジェベル200のフロントブレーキに慌てる »

塗装作業

P5150754 RP-1の乾燥時間って結構長めだったりするので、放置してたら塗装のタイミングを逃してしまいました。計画ではRP-1の後にミッチャクロン使う予定だったのですが、塗料も乗りそうな雰囲気だったので、そのままニットク塗料を使いました。今回初めて艶消し黒を使ってみたのですが、フラットベースの効果でしょうか、艶ありと比べて乾燥時間が短いような気がしています。触指可能迄の時間は約30分。ただ、24時間の乾燥時間はやっぱり必要みたいなのでそのままあまり触らずに翌日まで乾燥させておきました。スピンドルは以前の塗料を落とし切れていない状態だったので脱脂後にミッチャクロンを併用して上塗りしました。

オイルシールが当たるところは無塗装です。金属同士が触れ合うところは塗装しない方がボルトが締まりやすいような気もしますが、乾燥後オイルストーンで気持ち平滑にしておこうと思います。写真ではグレーっぽく見えますが黒です(笑)

さて乾燥後なのですが、ニットク艶ありと比較して塗膜に不安があります。爪でひっかいた位では傷は付かないのですが、艶消し特有の粉っぽい感じが残ります。爪でひっかいた部分が半艶になる感じです。まぁこれで錆のガラクタが部品っぽくなったので、ヨシとします(笑)

そうそう、カミさんが幼稚園のママさん達とギター部結成したみたいです。ユ~ルくやって下さいね~。

|

« GWの出来事 | トップページ | ジェベル200のフロントブレーキに慌てる »

錆との格闘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWの出来事 | トップページ | ジェベル200のフロントブレーキに慌てる »