« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の6件の記事

ジャイアントロボ

少し前、デカイ鉄人28号が展示されるイベントがあったのですが、そこで、古めのロボットモノの映像と音楽が流れてたんです。その中にジャイアントロボがありました。個人的には、カッコいいというより、目ヂカラが(笑)。年齢的にも記憶に無いっす。・・・しかし、長男にはかなりカッコいいロボットに映ったようで、以後、鉄人28号、ロボコンと並んでジャイアントロボもストライクゾーンに入りました(笑)。

偶然は続くもので、黄色い袋が目印(?)のディスカウントショップで、箱に傷みがあるジャイアントロボットのラジコンを発見。プライスタグは66%オフだったかな。2980円。お買い得感はあるのですが、買うかどうかは微妙なラインでした。発見した時は僕一人で探索してたので、後日カミさんと長男が現物確認することになりました。

確認の後、誕生日も近いので、これを誕生日プレゼントにしようということになりました。んでカミさんから、レジを通すと驚愕の980円だったとのメイルが!・・・どうやら展示品で箱の傷みが激しいので、このような価格になったみたいです。購入時、僕は仕事中だったのですが、この喜びと驚きって職場で説明するのが難しい(笑)。だってジャイアントロボですから。普通、ジャイアントロボって鉄人28号と比較すればマイノリティなんで(笑)。

このラジコン、我が家のロボットの中では最大クラスで、若干浮いてマス。

| | コメント (2)

ロビーロボット

P3270701 長男のロボットブーム。・・・継続中です(笑)。フラッと行ったおもちゃ屋さんで、500円の特価品ということに惹かれて買ってしまったのがこのロビーロボット。

動画サイトでブリキのロボットで検索するとよく登場するロボットだったし、僕が小学生の時に読んでたプラモデルの作り方みたいな本の最後の方に海外製プラモデルを紹介するページがあって記憶してたんだよね。

購入したロビーロボットは貯金箱だったのですが、なかなか造りが良いです。ギミックも凝ってるし。手抜き感が感じられません。

後日調べてみると、元値は結構な価格みたいです。元値を知った途端に扱いが慎重になったりして(笑)。

特価品シリーズ、実はもう一つ(というか、ウチのロボット関係の殆どは特価品?)あるんです。これもインパクトありました。後日エントリ予定。

ロボットブームに便乗して、僕も結構楽しんでるというのは内緒です(笑)

| | コメント (0)

東京出張

3月17-18日に東京出張でした。会場が目黒付近だったので、FLAT-4にも初めて寄ってみました。学芸大前で下車してなんとなく徒歩なんですが、反対方向に歩くとVW正規ディーラー店に着くことも判明(笑)。さてFLAT-4。博物館みたいでした(笑)。事前に買いたいものリストとか考えてたのですが、欠品だったり、やっぱりいいやなんて考えてると、結局あんまりモノは買わずに終了。東京都心部って喫煙者がどんどん隅に追いやられていることも判明。

P82902872 購入したワッペンは長男の通園リュックにカミさんが縫いつけました。このリュック、MUJIでセール品(半額品)だったのですが、危うくワッペンの方が高くなるところでした(笑)。

さて、出張日付でお気づきの通り、少し頑張ればジャンボリー行けたんだよねぇ。仕事が詰まっててそこまで東京滞在は無理でした。残念!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ギター練習・・・2年が経ちました

カミさんがギターを始めたのはどうやらこのあたりっぽい。我が家って基本的に一つの趣味をずっとやる傾向があるみたいです。弾き語りっぽいのもやってるみたいですが、ラグタイム系のギターにも挑戦してます。ということで、練習風景をアップしておこう。僕はこの辺りのジャンルって弾くのすんごく苦手なんだよね(汗)。特に楽譜通り弾くのって出来ません。これ、最近買ったミニギター(ナイロン弦)で弾いてるんですが、取り回しも良くてイイかも。

| | コメント (5)

ロボット三昧

P2270615 先週はクラッチワイヤ交換のテスト走行を兼ねて、フリマに行ってきました。本当はフリマはメインでは無かったみたいですが(笑)。そのフリマで偶然ロボコンを発見(嬉)。全部セットじゃないと売れないとの事でその場でしばし悩んでたのですが、売主から値引きの打診が(笑)。

P2270623

後で分かったのですが、ロボコンってリバイバルされてるみたいです。玩具の刻印を調べてみると、何とMADE IN JAPANです。今だと考えらないっすね。長男も大喜びっす。電池入れ替えると音も鳴ってます(笑)。欠品もあるけど、大丈夫っす。

P3060649んで、今週。カミさん仲間情報で、どうやら結構デカい鉄人28号等が展示されるらしいとの事。あいにくの天候でしたが、電車でまたまた長男と二人で出かける事にしました。そこには、初代ガンダムも含めて懐かし目のヒーローモノが展示されていました。その場で鉄人28号のカラオケが流れてたんだけど、フルコーラス(最後のグリコ・グリコ・グ~リ~コ~まで)二人とも歌えるんだよね(笑)。思わず口づさんでいると、年輩の方と意気投合(笑)。

あと、懐かしの街角写真とかの展示もありました。ダックテールのセリカが写ってる写真が「1954年頃」って書いてたりして。これまた年輩の方と「ん?このクルマが走ってた頃は・・・」なんて会話が弾んだり。

もし、今の街角の風景をクルマの年式で判断しようとしたら・・・どうなんでしょうねぇ(笑)

| | コメント (4)

クラッチワイヤは交換したが・・・

クラッチワイヤを交換して、ドキドキのテスト走行です。この段階でジャダーとか出ると、次はエンジンを下ろして確認したいことが多々あります。テスト走行は近所のフリマに行ったんだよね。このことは別途書こう。

クラッチワイヤを交換したので、クラッチの遊びも再調整しないといけません。自己流なのですが、僕はペダル側での確認は目安程度に留めています。確認するのはオペレーティングレバー部分。このレバーがレリーズベアリングを動かしてプレッシャープレートを押すのですが、レリーズベアリングとプレッシャープレートの隙間をオペレーティングレバーの遊びで確認しています。クラッチワイヤを手で押さえておいてレバーを動かすとプレッシャープレートにカツンと当たる「感じ」があればオッケー。これが無くて、プレッシャープレートを直接押している感じだと締めすぎと判断しています。僕の車体の場合、この調整方法だとペダル側では結構な遊びが出来てしまいますが、押しすぎよりかは良いかと。ブレーキとクラッチのストッププレートを動かせば調整できるハズなのですが、今回も忘れてしまいました(笑)。

さて、走行テスト。・・・全く問題ありません(嬉)。となると、バン!の犯人は別に存在していることになります。yazziさんのアドバイスもあって、点検窓から確認してみますが、クラッチワイヤが通るスリーブはガッチリ装着されています。真ん中の溶接が外れたかもと、手で確認しますが動く気配はありません。これは困りました。

Photo このフレームの内部をマジマジと見ることは無かったのですが、結構な本数のパイプが通っています。まさに脊髄。手の届く範囲で確認してみると、どうも一本カタカタ言います。辿っていくとサイドブレーキワイヤが通るスリーブみたいです(図の黄色線)。しかも、サイドケーブルレバーを上げた時だけカタカタ言ってるので分かりづらかったです。

現状、サイドブレーキの効きに変化は無いのですが、車検時には検査項目に入っているので要チェックとしておこう。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »