« 久々のヤバいトラブル・・・かも | トップページ | ロボット見学 »

クラッチワイヤ交換

P2210614 前エントリでクラッチワイヤ交換ってさらりと書きましたが、実は結構大変だった(笑)。ということで、作業の段取りを忘れないうちに書いておこう。ワイヤー交換するんだったらボーデンチューブも同時に交換しようと考えていたので、クラッチワイヤー先端部にあるウイングナットを取り外した後、ボーデンチューブをシャーシ側→ミッション側から外しました。次にクラッチペダルを取り外しますが、気を付けるとすれば、無理な体勢で腰などを痛めないようにすることでしょうか(笑)。僕はフロントシート左側を取り外して作業しました。

右ハンの場合、アクセルケーブル側から指を入れると、クラッチワイヤとクラッチフック部分の位置関係が指先に伝わると思います。

クラッチフック部分の摩耗具合は、まぁ許容範囲だったので、若干のバリ取りのみで再利用することにしました。

クラッチワイヤの取り付けではDriving my beetleの経験談(アリガトウゴザイマス)に倣い、ボーデンチューブ先端にまでワイヤを通しておき、ミッション部分に取り付けました。ワイヤにはウレアグリスを擦り込んであります。手さぐりでクラッチワイヤを通すチューブを探して通したあと、ペダル類をセットします。この時点ではボルトでの固定はしていません。ペダルのフックとワイヤーを繋げるのはフレーム内です。手の感覚で判断します。

P2210613 個人的に興味深かったのはクラッチワイヤと先端金具の固定方法。メーカーによって考え方も違ってきますが、今回使用したクラッチワイヤはカシメが六角形でした。あと、線径も違ってました。

今後、検証していこうと考えています。

|

« 久々のヤバいトラブル・・・かも | トップページ | ロボット見学 »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

コメント

右ハンのペダル脱着はけっこう面倒ですよね。

それまで右ハンのペダルしか触った事が無かったので、
初めて左ハンのぺダルを脱着した時は、余りに楽なので拍子抜けしました(笑

投稿: Yazzi | 2010年2月27日 (土曜日) 09:08

・・・しかも、開けてみると全く不具合ナシという徒労度の高い作業でした(笑)。
ただ、新品にしたからか、グリスを塗り直したかは分からないのですが、かなりスムーズな動きになってヨシとします(笑)。

投稿: steel scooters | 2010年2月27日 (土曜日) 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々のヤバいトラブル・・・かも | トップページ | ロボット見学 »