« ミニギター購入♪ | トップページ | い、いつのまに!? »

ギッチリ調整・・・タイムアップ

週末は細切れですが時間が出来たので、フロント回りの調整を行いました。まずは現状の数値をサイドスリップテスタで確認して、実際の走行フィーリングと矛盾はないか確認しておきます。結果は右が0.5INで左が0.5OUT。

ということで、左を追い込んでいこうと思います。右ハンドルの左側って調整が面倒なんだよな~。特にピットマンアーム側のネジを緩める際に工具が滑ってブレーキパイプ破損なんて事態になりそうで。

最初は横着して左スピンドルのタイロッドエンドを外して締めたり緩めたり(笑)。ここで分かったのは、1回転レベルで考えると、アライメントは想像以上に「動く」ということ。やはり手抜きせずに微調整が必要みたいです。

今回は左側だけの調整ですが、右0.5IN、左1.0INでタイムアップ。ハンドルは若干左に傾いたまま直進するので、数値はだいたい合ってると思います。僕の場合、ステアリングギアボックスのセンターを絶対的な基準値としているので時間がかかりますが、ハンドルの傾きを無視したら片側だけでの調整も可能かも。

確かに、当初の右が0.5INで左が0.5OUTというのは、サイドスリップ値として見た場合ハンドルを傾けちゃえば適正値といえるかも。けど、ギアボックス交換で分かりやすくなったのですが、ギアボックスの遊びって角度によって異なるんです。やっぱ、ギアボックスのセンターが一番しっくりくるような気がしています。

いっそのこと、左右ともゼロにしてみようかな~。けど、サイドスリップ値で、すこ~しだけINな感じが好みなんで悩みどころっす。

追記 1/30 サイドスリップ値は、ほぼ左右同じに出来ました(嬉)。気になってた「ハンドル曲がったまま直進する症状」も現状発生していません。

|

« ミニギター購入♪ | トップページ | い、いつのまに!? »

フロント周りの作業」カテゴリの記事

コメント

ウヒョ~~~~
やってますなぁ~~~♪

投稿: Holic | 2010年1月25日 (月曜日) 02:21

オレが本職だった頃、認証工場勤めだったんで、毎日陸事に車検に持ち込んでたんですが、当時はエアバッグ装着車両って無かったんで、トーの調整は片側のタイロッドでのみやってましたね>日参してたテスター屋Job

今はステアリング外すの、メンドクサイんで、多分両側のタイロッドを調整するのが正調なんじゃないかな~って想像します。だって、車検に出して、ステアリングのセンター狂って返ってきたら気分悪いっすモンね。

ちなみに今出来のクルマはタイヤが太いんで、トーがゼロ調整のクルマも多いと聞きます。ワーゲン位の太さだったら、若干トーイン気味の方が直進安定性良さそうですよね。これもなんとなくの想像ですけど。

頑張ってクダサイ!

投稿: ヨコチン | 2010年1月25日 (月曜日) 19:13

Holicさんへ
これでリアも考えちゃうとエンドレスっす(笑)。迷宮入りしないように、現時点ではキャンバーは固定値にしてありマス。

ヨコチンさんへ
僕も右側だけで調整してる風景目撃してます。これだと、ギアボックスのセンターが狂ったままになるし、しかもそれに合わせてハンドルを脱着しちゃうと、ギアボックスのセンターずれも分からなくなってしまうんで・・・。
交換したギアボックスって純正品と比べてセンターの目印が分かりづらいんで、現状ではハンドルの位置を記録しています。
トーゼロの車ってネガキャンではないかと。つまり【ネガキャン】+【トーゼロ】=サイドスリップ値 でバランス取ってるのかも。

投稿: steel scooters | 2010年1月27日 (水曜日) 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニギター購入♪ | トップページ | い、いつのまに!? »