« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の7件の記事

い、いつのまに!?

146922toppic2

小~中学生の頃、憧れてたんだよな~。まさか再販されるとは・・・。けど、ちょっと手が出ないかも。ボディだけでも他のラジコンにのせようかな(笑)。

1/10電動RCカーシリーズNo.452

ワーゲン オフローダー(2010)
SAND SCORCHER(2010)
サイト見ながら長男と盛り上がっていると「じゃあ、本物売ってこれ買ったら?」とカミさんに言われてしまいました。・・・アハハ。

・・・しかも、さらなるプロジェクトが進行中?1/1ワーゲンオフローダー!

| | コメント (3)

ギッチリ調整・・・タイムアップ

週末は細切れですが時間が出来たので、フロント回りの調整を行いました。まずは現状の数値をサイドスリップテスタで確認して、実際の走行フィーリングと矛盾はないか確認しておきます。結果は右が0.5INで左が0.5OUT。

ということで、左を追い込んでいこうと思います。右ハンドルの左側って調整が面倒なんだよな~。特にピットマンアーム側のネジを緩める際に工具が滑ってブレーキパイプ破損なんて事態になりそうで。

最初は横着して左スピンドルのタイロッドエンドを外して締めたり緩めたり(笑)。ここで分かったのは、1回転レベルで考えると、アライメントは想像以上に「動く」ということ。やはり手抜きせずに微調整が必要みたいです。

今回は左側だけの調整ですが、右0.5IN、左1.0INでタイムアップ。ハンドルは若干左に傾いたまま直進するので、数値はだいたい合ってると思います。僕の場合、ステアリングギアボックスのセンターを絶対的な基準値としているので時間がかかりますが、ハンドルの傾きを無視したら片側だけでの調整も可能かも。

確かに、当初の右が0.5INで左が0.5OUTというのは、サイドスリップ値として見た場合ハンドルを傾けちゃえば適正値といえるかも。けど、ギアボックス交換で分かりやすくなったのですが、ギアボックスの遊びって角度によって異なるんです。やっぱ、ギアボックスのセンターが一番しっくりくるような気がしています。

いっそのこと、左右ともゼロにしてみようかな~。けど、サイドスリップ値で、すこ~しだけINな感じが好みなんで悩みどころっす。

追記 1/30 サイドスリップ値は、ほぼ左右同じに出来ました(嬉)。気になってた「ハンドル曲がったまま直進する症状」も現状発生していません。

| | コメント (3)

ミニギター購入♪

ヤイリの奏生を購入したのは2008年の7月頃。これって、一般的なギターと比べるとチューニングが特殊なんで、僕以外はあんまり触らないんだよね。ちょっとしたお出かけに小さめのギターがあればいいよねってカミさんとよく話していました。といっても、我が家には既に数本のギターがあるので、これ以上増やすのはどうかということもあって躊躇してました。

ふとしたことから、ハナレグミがヤマハのギタレレ持ってることが判明して、割り切って使うには良いかもなんて考えてました。ミニギターもいろいろあって、価格帯も様々です。よく行く楽器屋さんにギタレレあれば弾いてみたりできるのですが、なかなかタイミングが合いません。実は僕は何度か弾いたことがあってりするのですが、記憶があいまいです。6弦をAで合わせるんで、通常の弾き語りには工夫が必要ということもあって、欲しいけど悩む状態がしばし続いていました。

そんなこんなの前置きがあるのですが、立ち寄ったリサイクル屋さんでアリアのペペを発見。ペペって元々子供用のクラッシックギターなんで作りはバッチリ。清志郎も持ってたかも・・・。中古相場からみても、ここの販売価格はかなり安めだったし、ちょっと前にそのリサイクル屋さんに来た時には無かったみたいなので最近の入荷っぽい。

P91903718 ・・・ということで、思い切って購入してしまいました(写真右から2番目)。バルボリン30番の1ケース+α位の価格っす(笑)。今のペペとは品番も違いますが、日本製のP-55Mというモデルになります。現行のラインナップではPS-53とほぼ同じ大きさ?これの良いところは、レギュラーチューニングなんです。そんなに大きな音は当然出ませんが、手に取りやすく、奏生と同じく旅のお供に最高カモ。

| | コメント (2)

M10の1.0ピッチ

前エントリで足りない部品云々ってあったのですが、足りない部品はナット1個。軽く考えてました。ホームセンターでM10のセルフロックナット買えばオッケーな話なんで。しかしですね、どこに行っても見つからないんです(涙)。普通M10は1.5ピッチ。細目で1.25ピッチ。市内にあるネジ専門店でも軽くあしらわれてしまい、暫く作業中断。僕の年式だとタイロッドエンドにこのM10の1.0ピッチを使う年式のちょうど端境期なんです。高年式のレイト?タイプだとM12になるらしい。ちなみに、フロントサスの取り付け部分はM10だけど、1.5ピッチでした。ベスパ時代に購入していたピッチゲージが役に立ちました(笑)。

さて、そんなこんなで各位お世話になりつつ、なんとかタイロッド周辺の取り付けを終了して、久々の走行テスト。まぁ、すんなりといくわけはなくて(タイロッドエンド交換してるし)、左側のサイドスリップ値が少々動いていました。この段階でタイムアップ。

来週にはギッチリと左右の数値を合わせようと思います。楽しみだ~。

| | コメント (6)

タイロッドエンドで見事にハマる

前回リアサスを交換して治ったような気がしたハンドルの傾きですが、頻度は下がった気がする程度だったかもしれません。治ってないかも(汗)。ということで、もう一度フロント回りのトルク確認をすることにしました。怪しいと踏んでいたカップラバーまわりですが、トルクはしっかりとかかってました。ボールジョイントも問題ナシ。

あとはタイロッドエンド。締め込む時、初期段階では共回りしてしまうのですが、勘合がしっかりしていれば、増し締め段階でタイロッドとナットが共回りすることは無いと思います。・・・ところが、ピットマンアームに接続しているタイロッドエンドの一つが嫌な感触です。しっかりとしたトルクがかかりません。まさかと思い観察しながらレンチを回すとタイロッドエンドは回っていない→となると、考えられる可能性は①しばらく締め込んでいけば締まる ②ナットかタイロッドエンドのネジ山がナメた(涙)・・・の二つ。期待を込めてレンチを回しますが、間違いなく②です(涙)。この部分は体勢もきついのでピットマンアーム諸共摘出して、室内で仕切り直しすることにしました。

Dscn293673久々にネジやナットと格闘っすよ。タイロッドエンドは生きている可能性があるので、極力傷つけないように頑張りますが、あきらめてもいいかもしれません。そういえばここのナット締める時に、割りピン穴のバリっぽいモノが邪魔してなかなか締め込めなかった記憶があります。

室内に持ち込んだのは良いのですが、夜間は電動工具が使えません。地道にヤスリでナットの分解を試みますが、これは荒行になりそうな気配。後日、今まで使用機会が無いが故に手持ちになかったP1120547ナットブレーカーを新規購入して一気に摘出しました。タイロッドエンドには傷が入ってしまいました。まだ使えそうな気配があっただけに残念です。 最悪、中古のピットマンアームの入手も考えなければならない状況だったのですが、なんとか持ちこたえました(笑)

Dscn29367 後は、手持ちのタイロッドエンド(ダンパーブッシュ部分は以前使ってたヤツを再利用)に寸法を測りつつ交換しました。幾つか手持ちに無い部品があったりするので、たぶん、もうしばらくこの話題です(笑)

| | コメント (0)

ロボテック80

P1090522 最近ワーゲンネタ無いっす・・・が、実は連休中にひと仕事やってます(継続中)んで、まとまり次第アップ予定です。さて、近所に模型屋さんがあって、ほぼ毎週(!)長男に急かされて出かけています。別に買いたいものがあるわけではなさそうなのですが、至福の時間を彼は過ごしているっぽいです(笑)。前述のとおり彼はロボット好きなんですが、最近のお気に入りは「鉄人28号」「ゲッターロボ」。昭和の匂いが漂いますねぇ。

さて、その模型屋で、偶然見つけてしまったロボット。なんとびっくりの90%OFF商品。得体が知れないロボットだったのですが、どうやら前後左右にリモコン操作出来るらしい。ということで、衝動買いしてしまいました。プレミアがどうこうというのも脳裏をよぎったりしたのですが、一気に組み上げることにしました。

P92104102 これ、カニ足ロボットよりも難しかったっす。というか、キット販売年の違いかも。野生の勘を働かせながら組み上げていきました。ラッキーだったのはハンダ付け作業が無かったこと。子供がいると何かと高温部分って気を使うので。

取説によれば、有線で手の動きがプログラムできて、記憶させることが出来るらしい。なんか凄く大げさです。手はユニットでいろいろ選べるみたいですが、唯一両手が動くボクシングタイプにしておきました。

| | コメント (0)

年末の散財その2

Pc310520 年末の散財その2です(笑)。長女へのクリスマスプレゼントです。最近、長女がモノを欲しがらなくなったんだよね。懐具合が厳しいのを察して我慢しているとしたらちょっと複雑です。そんな状況の中、綿菓子には興味シンシンだったので思い切って購入しました。

実は長女、クリスマス時点ではサンタの存在は信じてたんだよね(笑)。で、さっそく試運転なのですが、異常加熱防止システムが過敏に反応しちゃうんです。取説通りに暖気してる最中でも止まります(涙)。これはおかしいとなって、財布の中にあるおもちゃ屋さんのレシートを持って交換してもらうことにしました。この段階で「なぜサンタが近所のおもちゃ屋さんのレシートを我が家に置いて行ったか?」という疑問が長女に(笑)。

サンタの秘密はこの段階で明らかになり、彼女には衝撃の事実が・・・(笑)。

さて、色々な飴で試したのですが、我が家では原材料が砂糖と水飴のみの六角形の飴(商品名失念)が、縁日で売っている綿菓子の味に近く、一番人気でした。確かに色々な飴で綿菓子を作れるのは魅力なのですが、合成的な香料等が目立っちゃうんですよねぇ。

| | コメント (2)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »