« ケヤキの剪定 | トップページ | インフルとワーゲン現況報告 »

リアサスの交換_【たぶん、ハンドルの傾き_解決しました】

Pb060499 以前のエントリでもあったのですが、ハンドルが傾いたままでも直進してしまうという変な症状に探りを入れるのと、やっぱカヤバの白ガスは僕の乗り方だと硬いでしょという理由で、リアダンパーを交換することにしました。交換の際ジャッキアップするのですが、タイヤが逆ハの字になってアクスルブーツ切りそうになるんだよね。今回は根元にボルトを入れてストッパーにしてみることにしました。

するとですね、若干の差で右側にボルトが入らないんです。つまり右側の車高が少しだけ上がってる状態。当然、きちんとした水平も出てないし、ストッパー部分の精度もキッチリとはできていないので何とも言えないのですが、右側車高が高い→車体は走行中に左に行こうとする→ハンドルはまっすぐ走る為には右に切ると想像するとすんなりと仮説が成り立ちます。

リア左右の高さが違うとして、その原因が過去の修理歴で、トーションバーのスプラインを弄ってたら、基準値が分からなくなって大変なのですが、カバー部分のボルトにレンチを当てた形跡が無いしローダウンした形跡も無い(ような気がする)ので、取りあえずダンパーの交換で様子を見る事にしました。

交換そのものは面倒な点は無いので割愛(笑)して、肝心の走行テスト。現時点ではハンドルが傾いたまま直進してしまうという現象は発生していません。走行フィーリングは以前より柔らかくなったとはいえ、やはりガスショックなので突き上げ感は残りました。フロントはオイルショックにしようかな~。

|

« ケヤキの剪定 | トップページ | インフルとワーゲン現況報告 »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

コメント

解決しましたか!まずはひと安心ですね。
カヤバの白、固いですか。車重も車種も違うので比較出来ないですが、うちのはリアを純正からカヤバの白に換えましたが、よくも悪くも変化があまり感じられないです。
後ろ乗らないから判らないだけかもしれませんが。

投稿: papabus | 2009年11月26日 (木曜日) 21:13

手で押した感じでは白ガス、かなり固いです。今回銀ガスに交換したのですが、明確な差がありました。白ガスは購入時から装着されていたものなので、新品だったらもっと違った感触になったのかもしれません。
段差を越えた時に「トスン」て超えるのが理想なのですが、なかなか上手くいかないっす(笑)。

投稿: steel scooters | 2009年11月26日 (木曜日) 22:41

カヤバの白ガス硬いっすよね〜,ウチはジャッキで縮めながら装着してます.手で縮めようとは思えないくらい硬くないっすか?
Type2は重いってこともあって個人的には好きなショックなんですが,色々考えて今はジムニー用の金ガス(調整機能付き)を使っています.用途が特殊なんで(^^;

投稿: シラサワ | 2009年12月 6日 (日曜日) 10:57

シラサワさんへ
白ガス、硬いっす。これを手で動かそうとするのは、筋トレと同じ効果があるような気が(笑)。

実は、購入時から白ガスだったんで、かなり硬めの足まわりでした。なんとなくそのまま経過してしまい、最近やっとフロント、リア共に銀ガスに変わりました。フロントはもう少し柔らかくしてもいいかもしれません。

金ガス、白ガス、銀ガスって流行るかも(笑)

投稿: steel scooters | 2009年12月 7日 (月曜日) 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケヤキの剪定 | トップページ | インフルとワーゲン現況報告 »