« スペシャリスト?ジェネラリスト? | トップページ | ブレーキホースの悩みどころ »

サバイバル修理術

060628_18190001 修理には、王道と応急とサバイバルがあると考えています。できればサバイバルは避けたいのですが、事故を防ぐためにもサバイバル修理というのは必要になってくると思います。ということで僕が思いついたサバイバル修理を紹介します。

注意!あくまでサバイバルです。なんとか自力で修理工場や自宅にたどり着くことを目的としています。また、あくまで自己責任という点を了承してください。

【ヘッドランプがつかない!】
夜間の走行中にヘッドランプが付かなくなる恐怖はベスパで散々経験しました。自動車の場合、片方が付かなくなると玉切れを疑ってもいいのですが、両方付かない、フューズも大丈夫ってなるとスイッチやリレーの故障を疑います。叩けば直るって人もいますが、サバイバル修理では、バッテリー直に配線をつなぎ変えます。T-1の場合、ガソリンタンクが間近にあるので火花の発生には気をつけてください。この場合、ロービームだけでしかも止まってもライトはつきっぱなしになりますが、少なくとも消灯したまま走行するのは違反切符の問題以前に走る凶器です。王道ではレスキュー手配のレッカーです。

【セルが回らない!】
いろいろな原因があってセルが回らないことがあります。IGスイッチの抵抗でソレノイドが上手く作動しない場合、セルをブッ叩く前に、リアシート下にあるソレノイドに繋がる配線を探します。キーオンにしてこのソレノイドに繋がる配線をバッ直にしてみてセルが回ればオッケー。ただし、これをしながらアクセルペダルを踏むのはサバイバルとはいえ結構難易度高いと思います(笑)。僕の場合、リレー付けちゃったんで、やったことは無いのですが、もしリレーが装着されていない場合、やってみる価値はあるかもしれません

|

« スペシャリスト?ジェネラリスト? | トップページ | ブレーキホースの悩みどころ »

空冷VWメンテナンス考察」カテゴリの記事

コメント

>ソレノイドに繋がる配線をバッ直

へーそんな方法があるんスね、オレ、ご存知の通りセルが回らないときは、その辺の見知らぬ通行人に頼んで押し掛けしてましたよ(笑)
リレーも買ってあったんですけどね、モノグサなモンでつけず終いでした。こないだアクティのグローブボックスの中から出てきました。

投稿: Hi LiFE | 2009年6月18日 (木曜日) 04:43

セルが回らない要素として、大まかにソレノイドの不具合とキースイッチの不具合があげられるのですが、キースイッチ側の不具合であればこの手法が有効かもしれません。
リレー、一時期すごくハマって(笑)、端子の結線も暗記していたのですが、すっかり忘れてしまいました(笑)。

投稿: steel scooters | 2009年6月19日 (金曜日) 02:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペシャリスト?ジェネラリスト? | トップページ | ブレーキホースの悩みどころ »