« 整理整頓 | トップページ | 測定結果 »

ステアリングコラムブッシュの交換

Imgp0025_2 フロント周りの作業もひと段落したのですが、ガタが無くなってくると気になるのが「ステアリングそのもののガタ」。ベントレーの透視図をみれば、どうやらこのステアリングはベアリング1個で支えられていて、そのままギアボックスに繋がっているみたいです。

本当はベアリングそのものも交換したかったのですが、まずはブッシュの交換で様子を見ることにしました。

Imgp0026_2 一度、ウインカーレバースイッチは交換しているので、そこに至るまでの工程はわりとスムーズです。んで問題のコラムブッシュなのですが、ベアリングを覆うプラ部品の形状や固定方法が車載のままではよくわかりません。再利用前提なので結構緊張します。結局L字型の工具で少しずつ引っ張り出すことで摘出に成功。一度叩き入れた気配があります。

Imgp0028_2 ブッシュは年式どおりの接点付きのプラ製でした。年式相応にヘタってますが、まだ使えそうな気もしてます。ただ、取り外す時に端子の一部が崩壊したので寿命といえば寿命なのかもしれません。

そしてベアリング。あたくし、銅製のベアリング(銅めっき?)を初めて見ました。内部のグリス・・・これ悩んだんですが、カッパーグリスになってるんです。そういった指示があったのか、ベアリングの摩耗によるものか、判断に迷います。少しでも通電の助けになるんだったらカッパーグリスってのもアリなのですが・・・。とりあえず内部は洗浄せずにグリスを追加で埋め込んでおきました。

一番時間がかかったのは、ベアリングの端子(!)に直接配線されているコードのハンダ付けです。我が家のハンダごてだとパワー不足で上手くハンダがのりません。
絶縁もしっかりしてブッシュも新しくして再装着なんですが、以前よりガタが大きくなってしまいました(涙)。

Imgp0032 脱着を繰り返すこと数回(元にも戻したりしてマス)、どうやらベアリングそのもののガタと、ベアリングの周りに装着されるプラ製のブッシュとコラムとのガタが原因であることが判明。アルミ板を薄く切ってプラブッシュのガタは殺しましたが、ベアリングそのもののガタは最後まで残りました。

いろいろ試すうちに、なんとか交換前よりもガタは少なくなりましたが、ちょっとすっきりしない感じです。

|

« 整理整頓 | トップページ | 測定結果 »

フロント周りの作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 整理整頓 | トップページ | 測定結果 »