« ジェベルのリアサス周辺のバラシ | トップページ | ポイントについて_今回のトラブルでの考察 »

繋がらないポイント接点

090308_15490001 ジェベルは調子よくなったのですが、ワーゲンは2週間以上、殆ど手を入れていませんでした(エンジン周りに限定すれば数ヶ月)。なんか嫌な予感です(笑)。まぁ特別不具合もないのですが、週末のお出かけにはこの「嫌な予感」のせいで若干躊躇していました。・・・といいながら土曜日には何処にも連れて行ってあげなかったのはやっぱ可哀想(ワーゲンじゃなくて長男がね)。ということで、ワーゲンで近所まで出かけました。

途中、ちょっと「引っかかり」現象が発生します。たまに1発点火していない感じです。長女も「調子悪いね」って。

ということで息も絶え絶えな状態で駐車場まで到着。予感的中ですが、あんま嬉しくないです。
子供達とカミさんは買い物に出かけて、一人残って原因を探ります。

①ポイントギャップのチェックとプラグ交換
エンジンかかった状態でドエルアングル測定します。46°付近を示していて、まぁ問題ないレベル。腑に落ちないままにエンジンを切ってプラグを交換。んでエンジン始動。まったく火が入らない状態に陥りました(涙)。プラグケーブルの順番は間違えようが無いのですが、仮に間違ったとしても火が入る兆候は必ずあるはず。ということで、これまた腑に落ちないのですがセミトラを外しますが状況は変わらず。
②電源のチェック
点火コイルに供給される電圧は12.4Vでダイレクトリレーは正常に機能中。う~ん。ポイント交換して半年。セミトラのメリットとしては接点の保護でトラブルがあるとすればヒールの磨耗。しかしドエルアングルそのものにはエンジン停止寸前まで不具合はみられなかった・・・。つまりポイントギャップは適正値だったと推察されます。
③ポイントの交換
お不動様になったワーゲンで検電ランプでクランクを回転させながら点火タイミングチェックすると、ランプは点灯したまま!。つまり、接点が常に開いている状態。ここでおさらいすれば、ポイントは接点が開く瞬間に検電ランプ(点火コイルのマイナス端子とアース間に設置)は点灯します。ということは目視状態で閉じているにもかかわらず、閉じていない状態。ここまで確認してからスペアのポイントに交換します。本当はケミカル類で脱脂すべきところは脱脂し、給脂すべきところは給脂してから装着すべきなのですが、今回は現場対応ということで吊るしの状態で装着。本当はゲージで接点の隙間調整すべきですが、ゲージの油分が悪さするかもしれなかったので、今回はゲージは使わず。んでエンジン始動→全く状況に変化なし(号泣)。
④助っ人とオプションの登場(笑)
そうこうしているうちに、長男がおもちゃ(現品限りの特価品。良かったね!)を抱えてエッサホイサとワーゲンの元に。子守りのオプションが装着されました(笑)。・・・とりあえず一服して頭をリセットしようとしていた矢先、殆ど鳴らない携帯電話が鳴りました。なんとred君です。ちょっと時間ができたみたいです。ナイスタイミング(笑)。ということで緊急集合をかけてみました。だって一人で作業していると寂しいじゃないですか(笑)。
⑤ポイントは交換したけど・・・
新品のポイントを装着しても検電ランプは点灯したまま。嫌な予感です。となると、残された可能性としてはコンデンサーのパンク。しかし、コンデンサーがパンクしたとしても検電ランプが「点灯したまま」にはならないはず。予備パーツにコンデンサーは搭載していないし。・・・う~ん迷宮入りです。
⑥ついに復活!
講釈(笑)をたれて「ココに火花が出ないとダメなんだよね」ってキーオンのまま(オフにするのを忘れていました)ポイントの接点を動かすと・・・火花が出ました!若干感電も(笑)。これはひょっとして・・・ということでデスビキャップを装着してエンジン始動。掛かりました~(嬉)。適当に合わせていたポイントギャップなので、点火時期は遅れていた(ポイントギャップは狭い)のですが、とりあえず溜まったガソリンを排出してから再度ドエルアングルを調整。以前の状態に設定すれば点火時期も同じになるので、ドエルアングルは46°付近に設定して帰路につきました。red君、付き合ってくれてサンキュ~。

次回エントリではこのトラブルの考察を予定(笑)

|

« ジェベルのリアサス周辺のバラシ | トップページ | ポイントについて_今回のトラブルでの考察 »

点火系関係」カテゴリの記事

コメント

ん〜謎っすね〜、キーオンでスパークさせたのが良かったのかな? 考察楽しみしにしてます。
…オレもやった事あるけど、ポイントで感電、結構痛いっすよね(笑)

投稿: ハイライフ | 2009年3月10日 (火曜日) 01:31

HiLiFEさんへ
久々の作業だったんで、コツを忘れてそうで怖かったです。やっぱ現場対応というのはいろいろ緊張しますねぇ。これ、今から思えば雨降ってたらアウトだったかも。応急処置なんですが新品使っちゃったんで、再度ギッチリと作業したいと思います。

投稿: steel scooters | 2009年3月10日 (火曜日) 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェベルのリアサス周辺のバラシ | トップページ | ポイントについて_今回のトラブルでの考察 »