« ジェベル200のメンテナンス_予定(あくまで予定) | トップページ | 繋がらないポイント接点 »

ジェベルのリアサス周辺のバラシ

Dscn4139 1万キロそこいらで分解するような部分ではないのですが、雨ざらし車体なので(笑)。ジャッキアップする時はフロントタイヤを外しておいた方が良さそうなのですが、今回は車輪止めで対応。交換する部品は無くて清掃とグリスアップが作業の中心です。グリスは赤ウレアを使いました。目立った特殊工具は使っていないです。

ついでにリアのブレーキ周りを点検しておきます。バイクの場合、ドラムブレーキとハブが一体型なのでディスクブレーキと比較してメンテナンス性は悪いです。が、こっちの方が慣れているんで。壊れる要素も少ないしね。しかし、組み付け順序を忘れてしまって、すこし焦りました。リンク部分は途中までバラしてタイムアップ。チェーンの掃除に予想以上に時間がかかってしまいました。いつもは白ガス使って洗うのですが、脱脂する部品じゃないような気がしたので、手持ちのエンジンオイルで洗っちゃいました。

バラして気づいたのですが、グリスがあるべき所にほとんどグリスの形跡が残っていません。これは納車時からグリスが入っていない可能性もあります。キィキィ音はいろいろチェックしたところスイングアーム軸部分。ここのダストシールか、シャフト部分に不具合がありそうでした。今回はシャフトを抜かずにいったん緩めて締め直すことで当たり部分を変化させたところ音は消えましたが、いづれ再度バラすことになると思います。

Dscn4143 走行中の周期的な擦れる音はブレーキ部分のダストの半固形物がシャフトに当たっていると予想。踏んでも音が変わらなかったんで。まだ走行はしていないのですが、たぶん大丈夫?。

ついでにエアフィルターも掃除。本当は灯油かなんかで洗うべきですが、手持ちに無かったので内側からエンジンオイルを染み込ませて汚れを搾りました。

|

« ジェベル200のメンテナンス_予定(あくまで予定) | トップページ | 繋がらないポイント接点 »

ジェベル200」カテゴリの記事

コメント

そこまでやったんならスイングアームのニードルベアリングにもグリスアップすれば良かったのに〜!大した手間でもなかったでしょうに…

でも、いいジャッキ持ってますね。オレも欲しい(笑)

投稿: Hi LiFE | 2009年3月 8日 (日曜日) 18:08

HiLiFEさんへ
そう思うでしょ?僕もそう思います(笑)、しかし家庭の事情で「予鈴」が鳴っちゃったんです。作業時間を逆算して無理と判断しました。良くあることっすョ(笑)。そうそう、ジェベルのスイングアームの軸、パーツリストで判断する限りニードルベアリングは使ってなくて金属ブッシュっぽいです。次回の作業では取り外してグリスアップしようと思いマス。あとジャッキですが、ストレートのセール品で、ジョベル購入時期に運良く購入しました。センタースタンドが無いバイクって凄く久々だったんです。あると凄く便利なジャッキですョ。

投稿: steel scooters | 2009年3月 9日 (月曜日) 12:21

もう、OH終わっていると思いますがエキセントリックなんたらリンクとサスも外す勢いで無いと「キーキー」は収まりません。
がんばってください。

投稿: chika | 2010年7月15日 (木曜日) 21:58

chikaさんへ
はじめまして。リアサスのキィキィ音はこの時以来発生してないんですよねぇ。実はこのエントリ以上の作業はやってません。音が出たら再度バラそうと思います。
2万キロ超えたあたりから、不摂生がたたってチェーンの関節の幾つかが硬くなってる感じがします。交換も視野に入れつつ作業計画立てようと思います。

投稿: steel scooters | 2010年7月15日 (木曜日) 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェベル200のメンテナンス_予定(あくまで予定) | トップページ | 繋がらないポイント接点 »