« サイドスリップテスター | トップページ | 左右の切れ角調整 »

キャンバーアングルとトーアングル

Photo バイクに乗りながら、遅ればせながら気づいたのですが、カーブを曲がる時基本的にはカーブの向きにタイヤを傾けます。ということは直進状態にタイヤがあったとしてもキャンバーの傾いた方向に車体は向かうはずです。仮に右をネガキャン、左をポジキャンにすればタイヤは真っ直ぐでも左に進もうとするはず。

1.ポジキャンでトーアウト・・・タイヤが外に向かう(拡がる)
2.ポジキャンでトーイン・・・相殺される気がする
3.ネガキャンでトーアウト・・・相殺されるのか?
4.ネガキャンでトーイン・・・タイヤが内側に向かう

これは直進状態でのタイヤの様子なのですが、カーブを曲がっている時の挙動は頭の中で想像できません(笑)。あとリアとの絡みというのは凄く重要なんじゃないかと。ワーゲンのフロントのマニュアル基準値は2の数値なのですが、リムサイズによっても、タイヤの種類(バイアス・ラジアル)によってもノーマルハイトであってもベストな数値は変化するような気がしています。しかもここは設定幅内でも「個人の好み」ってのもあると思うし。

サイドスリップテスターというのは、このキャンバー角とトー角のバランスを数値化してるという解釈です。同じサス構造のタムテックギア、凄く欲しい(笑)そうそう、知り合いがラジコン(当時モノのホットショット)持ってるのですが、フルボトムするとトーアウトになるそうです。

|

« サイドスリップテスター | トップページ | 左右の切れ角調整 »

フロント周りの作業」カテゴリの記事

コメント

鬼キャンにしてた時、鬼トーアウトでしたヨ。

見た目以外イイとこ無しです。ハイ ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

投稿: Kita | 2009年2月14日 (土曜日) 20:03

ということはバランスは取れてたんですね(笑)。
中学時代のラジコンの知識だと、まっすぐ走らせるためにはタイヤまっすぐじゃなくて、トーインを付けてた記憶があるんです。あとは、アッカーマン理論。言葉の意味は未だ理解していない(笑)のですが、何となく今回の一連の作業でこういった基本知識を体感していてるような気がしています。

投稿: steel scooters | 2009年2月14日 (土曜日) 22:10

ん~~。バランスはバランスでも
タイヤのすり減り方のバランスをとってたんだと思いますヨ(笑

あっ。コレ国産乗ってた頃の話ですよ\(;゚∇゚)/

ワーゲンのほうは横風対策が今後の宿題だったりしてます。

投稿: Kita | 2009年2月15日 (日曜日) 00:16

サイドスリップテスターだと、
「ポジキャンでトーイン」=「ネガキャンでトーアウト」となるのは判るのですが、この二つって乗り味が全然違うんでしょうね(笑)。
さて、横風対策なんですが、今回の一連の作業で結構良くなりました・・・って40km/hレベルでのお話(笑)

投稿: steel scooters | 2009年2月15日 (日曜日) 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイドスリップテスター | トップページ | 左右の切れ角調整 »