« ナウシカ全6巻 | トップページ | キャンバーアングルとトーアングル »

サイドスリップテスター

Dscn4095 パンドラの箱を開けるために遂に導入してしまいました。頑張りました。いろんな意味で(笑)。普通は導入しなくてもいいのですが、キャンバーアングルとトーアングルの複合数値をどうしても知りたかったんですよねぇ。シラサワさんのエントリにも当然刺激を受けました(笑)。

サイドスリップは車検時に診てもらえばオッケーなんですが、セッティングの変更は車検とは別と考えてるんで。自分のペースでやりたいし(笑)。これ、2つあれば両サイドを一気に、4つあれば4輪一気にチェックできます(笑)。あくまで簡易テスターなのですが、目安として使うんだったら十分に機能します。あと人間の目って割と正確というか、真っ直ぐか傾いてるかの判断はそこそこ正確。直角と2度位の傾きの違いは基準さえしっかりしておけば「違う」って認識できそうです。ただし数値化はできません(笑)。

ということで早速現状把握。現状ではエキセントリックブッシュはそのままでタイロッドの調整だけで直進(ギアボックス基準)できるようにしてあります。このままでいいじゃんという声もあるかもしれませんが、敢えてエキセントリックブッシュを弄ります。現状は・・・これは怖くて書けない(笑)。何度もジャッキアップしなきゃならないのですが、フロントにエンジンが無いので助かります。といいながら、一度フロアジャッキの撤去を忘れたまま走り出してしまいました。気をつけよう。

Dscn4101 水平な場所を探しつつ(買い物とも言う)、いろいろな場所(屋上駐車場や中二階が良いです)で測定するのですが、マニュアルどおり50cmほど離した場所から直進させるとどうも誤差が大きいです。タイヤに近づけるとバッチリな数値。左右に敷物をして測るのですが、この2つの敷物が左右のタイヤと等距離じゃないとダメかも。んでタイヤに近づけておけば距離的な誤差は無くなっていくんじゃないかな?いろいろな条件で測定したいのでちょっと工夫しようと思います。・・・あ、タイヤに当てておいて真っ直ぐ後退すればいいんじゃん。これまだ試してない(笑)。

|

« ナウシカ全6巻 | トップページ | キャンバーアングルとトーアングル »

空冷VWメンテナンス考察」カテゴリの記事

コメント

奮発しましたね!
うちはタイヤに当てておいて,車を押して確認してます.テスターの横に立って針の振れかた見ながら通過させるって感じですね.
で,50センチ先に輪止置いてます.一人でやらなきゃいけないので(^^;
駐車場の中二階,おっ と思いましたが,うちの車,普通に入れません(笑)

投稿: シラサワ | 2009年2月11日 (水曜日) 22:24

シラサワさんへ
奮発させていただきました(笑)。今回の作業では、タイロッドやその他の可変要素は変えていないんで、変化はしない予定だったのですが、一度全てをリセットしてみたくなったんです。
僕の場合は車体に乗り込んでエンジンかけて「祈りながら」直進させてます(笑)。

投稿: steel scooters | 2009年2月12日 (木曜日) 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナウシカ全6巻 | トップページ | キャンバーアングルとトーアングル »