« ステアリングダンパーで悩む | トップページ | アッパーボールジョイントのブーツの状態 »

スタビの再装着

Dscn4042 さて、ロアアームが付いたのでスタビを再装着します。ジンクのグレーのままだと目立つ(笑)ので、黒を上塗りしておきました。ジンクの上には塗料が乗りにくいとの情報(腐食・防食用語辞典より)があるので今回もミッチャクロンを使ってから塗ってみました。んで、ブッシュ大と少の位置関係を少しでも同じにするために耐油ホースでスペーサーを作ってみました。ブッシュ大には向きがあります。今回はたまたま正解でした(笑)・・・クランプの塗装は忘れてました。

スタビに損傷は無かったのですが、軽く荒らした後再塗装しておきました。塗料?在庫品の耐熱ブラックっすよ(笑)。生鉄が出るくらい磨けばジンク塗料もありですがそこまでの研磨はしませんでした。ということで、下地にはここにもミッチャクロンを使ってみました。

クランプがゴムに噛み込まないようにするであろう部品は今回のパーツには付属していなかったので無くても良いかも知れません。んでね、ベントレーだとプライヤーで挟みながらクリップ入れてる写真があるのですが、無理っす。無意味に傷が入るだけでクリップが入りません。手があと一本あれば別ですが(笑)。ここはバイスグリップで締め込んでやるとすんなり装着できました。この写真あと、傷が入ったところには拾い塗りをしておきました。

後日、タイヤ内側に若干擦れた跡を発見(運転時にはそんな感覚は無かったのですが)。ということで再度クランプを外して位置関係を修正しておきました。注:写真は修整前です

|

« ステアリングダンパーで悩む | トップページ | アッパーボールジョイントのブーツの状態 »

フロント周りの作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステアリングダンパーで悩む | トップページ | アッパーボールジョイントのブーツの状態 »