« セミアコギター | トップページ | スタビの再装着 »

ステアリングダンパーで悩む

Dscn2654jh まぁたいした悩みではないのですが(笑)。ステダンのタイロッドエンド装着部のブッシュなのですが、新品タイロッドに装着されているスリーブの口径が若干大きいんです。ステダンを装着すると結構なクリアランスが確認できます。現在装着されているヤツだと口径的にはジャストです。・・・がゴム部分が年式相応になってます。

タイロッドエンドそのものは今のところ大丈夫だったので、グリス入れて再利用しようと思うのですが、ここのブッシュは交換しても良いかも知れません。新品のタイロッドエンドのブッシュを流用しようと思いましたが、スリーブだけをきちんと抜く自信がないので諦めました。ステダン(南米産)はオイル漏れや抜け感が確認できなかったのでそのまま再利用しますが、ダンパーシャフト部には薄くシリコングリスを塗っておきます(塗りすぎたら逆効果?)。

Dscn4050 後日、ブッシュとスリーブをジャストなサイズのものに交換しました。ブッシュの交換ってプレスがないとダメな場合が多いのですが、ここはそこまでの圧入はされていないみたいです。ダブルナットで固定されていたのですが、今回はセルフナットに変更しました。

|

« セミアコギター | トップページ | スタビの再装着 »

フロント周りの作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミアコギター | トップページ | スタビの再装着 »