« ギアボックスの取り付けと修正 | トップページ | セミアコギター »

ロアアームの塗装と取り付け

Dscn4033 せっかく外したんだから塗装もしておきます。本当は耐久性を考えてPOR-15あたりやニットク塗料にしたいのですが、これらの塗料は乾燥時間が長いんで、作業日程上キツイ(天候も不安定なんだよなぁ)。ということで、試験的にミッチャクロンを下塗りして黒をスプレーにしておきました。つや消しなのですが、今回の作業でグリスたっぷりの手でペタペタ触っていると半艶になりました(笑)。塗料?在庫品の耐熱ブラックっすよ(笑)。ちなみに、ロアアームが抜けたビームはロアアーム装着までアルミホイル(業務用)で養生してました。そのままだと魔物が住むかもしれなかったので(笑)。

さて取り付け。これがね、ビームに入らないんです(涙)。形状から考えても入る位置は決まっているのですが、そこまでなかなか辿りつけません。リーフの形状を観察すると、真ん中のヘックスで固定されているのでリーフがビームの中で偏っているのが原因かも。ここはイチかバチか真ん中のヘックスを緩めてみることにしました。抜かない程度にリーフにかかるテンションを少しでも少なくすることを狙いました。リーフは反対側に飛び出ることも無く、アームの装着に成功。しかし真ん中のヘックスは別に緩めなくても良かったかも知れません。

|

« ギアボックスの取り付けと修正 | トップページ | セミアコギター »

フロント周りの作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギアボックスの取り付けと修正 | トップページ | セミアコギター »