« いろいろ実験 | トップページ | 症状再発と新たな仮説 »

温間時シリーズ~固有性と汎用性~

皆さんのコメントや僕が取り組んだ事を鑑みながら【温間時の始動性悪化】を考えていくうちに、車両の不具合の原因は、「個別の車体が抱えている原因」と「一般的な弱点としての原因」があることに今更ながら気づきました。今回はこの2つの原因について整理して考えていきます。

【一般的な原因(多くの車体が抱える原因)】
(一般的であるが故に軽微な個体も多い)
■アイシングやパーコレーション
シングルキャブの場合、やたらと長いインマニが災いして、アイシングは一般的な現象だと思います。アイシングとパーコレーションは「前門の虎、後門の狼」で、想像としてVW社はアイシングを低減させる仕組みを優先させた気がしています。排気の余熱によってマニを温めたり、エアクリーナーに一定条件下でホットエアを導入する仕組みはその一環だと思います。パーコレーション対策としては、厚いベークライト製の断熱材を燃料ポンプに設置し、エンジンの熱が直接伝わらないようにしています。
■3番プラグが焼けすぎる
犬小屋タイプでないシュラウドの場合、どうしても3番が熱的に苦しいと思います。解決策としてオイルクーラーへの送風を別経路とした犬小屋式に変更になったんだと思います。

【固有の原因(個体差がある原因)】
■部品の劣化や磨耗、品質ムラ
車体に使われている部品の多くが現時点で交換されている車体も多いと思います。外見上はノーマルの車体であっても、使われている部品の特性や品質というのは様々。新品であっても固有のトラブルの原因として現われることがあると思います。また、配線等の劣化による抵抗の増加も車両によっては問題ない個体も存在するので個体差がある原因だと思います。
■人為的なミス
作業する人が違えば、同じ部品を使ったとしても性能差が出てくる事は容易に想像つきます。例えば進角の設定だったり様々です。それは耐久性にも影響を与えるかも知れません。あとは判断ミスというのもあると思います。

・・・などなどがありますが、温間時の始動性の悪化を生じる車体固有の原因として、ノーマル車両でセッティングそのものに人為的なミスが無いと仮定すると、現時点では堆積したカーボンを僕の車体では疑っています。マニが熱くなるのは車体が本来持っている性質なのですが、OHを実施したとしてもマニは熱いのがデフォルトです。しかし、車両の走行条件や過去のキャブセッティング等に付随するカーボンというのはエンジンやインマニに想定以上の蓄熱を生じさせる原因として考えても良いかもしれません。インマニの堆積したカーボンを見てそんな可能性も出てきました。オイルクーラーが詰まって3,4番に送風されてないかもなんて考えましたが、シュラウドずらしてエアダスターかけてもちゃんと吹き抜けてるんで却下。解決方法ですか?そりゃあヘッドのOHだと思います。若しくは高速道路をしこたま走ってカーボンの堆積を吹き飛ばす。・・・かな?そういえば、僕のところにこのクルマが来て高速道路に乗ったのは数回、最近は近場ばかりの運転、しかも最近の若者と同じく殆ど飛ばさない(笑)。キャブも比較的濃い状態が続いたし・・・。こりゃあ結構溜まってるっぽいっすね。

今回、色々な方にアドバイスを頂きました。はっきり言って、みんな正解なんです。個人的にはこのトラブル(?)のおかげで自分のクルマと深く関わることが出来たと考えています。みなさん、ありがとうございました!!・・・ってこのあたりで三三七拍子してもいいですか?いや、〆させて下さい・・・と自分のワーゲンにお願いしておきます。初詣の願い事は決定しました(笑)。
・・・と書いておきながら、新たな仮説を思いついて現在検証中です(笑)。結構ビンゴの可能性高いです。お楽しみに~。

|

« いろいろ実験 | トップページ | 症状再発と新たな仮説 »

セル1発始動への取り組み」カテゴリの記事

コメント

オレもSS氏の取り組みを見て、自分のクルマの過去の事を思い出してました。
オレの'74、何か細かな不具合、インマニのジョイントブーツの破れだったり、キャブ調の不良だったり、デスキャップの不具合だったり、がある度に、それが「アクセル踏み始めの息付き」って症状で出現してたんですよねぇ、今考えれば。
多分、大本となる不具合が何処かにあったんでしょうね、それが細かな不具合の度に現象として現れてた。そうじゃなきゃ、異なる原因で同じ症状が現れるって、考えづらいですもんね。

今思えば、もっと追求しとけば良かったなあ、とも思いますし、まあ、今だから気付いた事なのかもしれないけど、もう一度そういう類の悩み事したいなあ、とも思ったり(笑)。前も書いたかもだけど、オレ、機械いじりでリペアが一番好きなんですよ。

新たな仮説、ドキドキしながら楽しみにしてます(笑)

投稿: Hi LiFE | 2008年12月 5日 (金曜日) 04:45

僕はsolid M/C読みながら、セルの50番に早くリレー付けないかな~ってヤキモキしてた(笑)。僕の症状は間違いなく固有性の高いものと考えてます。あと、今取り組んでいるのは僕の思い込みによる判断ミスの修正です。目下取り組み&執筆中なのですが、キーワードは「良い空気・良い圧縮・良い火花」と「熱」と「疲労したエンジン」です。僕的には盲点だったところです。

投稿: steel scooters | 2008年12月 5日 (金曜日) 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろ実験 | トップページ | 症状再発と新たな仮説 »