« 部品交換と趣味性の着地地点 | トップページ | 生きもの認証制度 »

熱との付き合い方

Dscn2938ki なんかね、悩み事やグチを聞いてるとその「解決策」を考える性格なのですが、当の本人曰く「ただ頷いてくれるだけの方がいい」と言われたことがあります。女心はワーゲンのエンジンより複雑です(笑)

さて、エンジンの熱を計測する場合、油温というのは結構重要視されています。油温は割愛して、シラサワさんや通りすがりさんのコメントが気になってマニの温度を測ってみました。最もアナログな触手で(笑)。計測ポイントはマニが直角に曲がってる部位としました。

まず、がっつり走った後のアイドリング時のマニですが、かろうじて手で触れる温度です。んでエンジン停止。エンジンがカンカン言ってます。熱膨張の違いによってこの音は出るみたいです。

エンジン停止30秒後、確かに温度が上がってきています。途中で飽きちゃったのですが、停止後一定時間は温度が上がり続ける感じです。しかも若干ですが3,4番側の方が熱い気がする。う~ん、歯切れが悪いが仕方がない。

この状態でエンジン始動を想像すると、濃くて掛かりづらいのか薄くて掛かりづらいのか分からなくなってきました。アイシングって確か気化が上手くいかないから空気とガソリンが上手く混ざらなくて混合気としては【薄い状態】になると考えると、熱が入りすぎた場合は逆に【濃い状態】になるのかな?

アクセルベタ踏みというのはその気化しすぎた混合気を薄める役割があると。あとはセルの速度が確保できればそんなに悩まなくても単位時間当たり大量のエアを導入することが出来るはず。セルの回転がイマイチだと混合気が薄まるのに時間がかかる・・・セルの回転数と点火(爆発)には関係があるような気がする・・・う~ん。風吹けば桶屋の世界やな(笑)。

|

« 部品交換と趣味性の着地地点 | トップページ | 生きもの認証制度 »

燃料関係」カテゴリの記事

コメント

…なんかココ読んでると、計測こそがエンジンの状態を見極める最重要項目なのかなあって気がしてきます。
ケルン本に、物の温度をすげー正確に計れる温度計についての記事があって、どうやって計るのか忘れたけど(確か対象物に触れずに計る)、ケルン氏が絶賛してて、多分そういう器具があれば色々データも取れるんでしょうね。確か件の温度計はバカ高かった様な記憶があるけど。

…ちなみにオレは、ココだけの話、オネーチャンの話は真面目に聞いたことがありません。会話の返事はいつも「あ~そうだよね~」「ん~そうかもね~」ばかり。それが一番円滑に会話が成り立つ事を経験で学びました(笑)

投稿: Hi LiFE | 2008年12月18日 (木曜日) 01:05

悩み事の件w

うちも全く同じで色々意見を述べると、同じ様に言われ、一週間位、口を利いてくれません。爆
あ~またやってしまった~と激しく後悔w

難しいですね。ぼくも「エンジンちゃん」より「女性」の方が難しいです。


機械はデータ取り!だと思います。うちのは油温も圧も付いていませんがwww

投稿: ルイージ | 2008年12月19日 (金曜日) 00:43

HiLiFEさんへ
さすが!達人!見習わなくては(笑)・・・。
そうなんですよ。計測って凄く大事だということを痛感しています。計測=定量化だと思うんですが、数値にならないものをいかに定量的に解析するかというのは実は仕事でのメインテーマだったりしてます。
現行車はこの計測と修正をセンサー等でリアルタイムでやってるんですよね。このセンサーがイカれたら調子悪くなるというのも良くわかります。非接触の温度計はこれですか?・http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g63946732
・・確かに温度計としては高いっす。天然酵母でパン焼かないし(笑)

ルイージさんへ
頷くだけというのは案外難しいんですよねぇ。達人に見習いましょう(笑)。あと僕がやっちゃう失敗は「そもそも論」これをやっちゃうと「そもそも返し」を食らって「そもそもワーゲンなんか必要ない」という展開になって窮地に追い込まれます(笑)

投稿: steel scooters | 2008年12月19日 (金曜日) 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部品交換と趣味性の着地地点 | トップページ | 生きもの認証制度 »