« セル一発始動の取組み_最終回 | トップページ | ドロワットパーカー »

遅ればせながらのフラガール

Photo 世の中の動きからは結構な時差がありますが、フラガールを観ました。これね、涙が止まらないんです。最初はフラッシュダンス的なノリで観ていたのですが、甘かったです。役者陣の迫真の演技が伝わってくるんですよね。主演は誰なんだと思うくらい。最後のシーンは映画館で観たかったなぁ。逆に笑いどころというのは殆ど無いです。

三丁目の夕日もそうなのですが、僕の年代はギリギリその面影や風景の残像が残る世代ということ、子供を持つ親であること等がフラッシュバックして、ひたむきに生きる事、そして夢を想い続ける事の大切さを痛感させられました。

今の世は短絡的に答えを求める風潮があったり、努力が報われなかったり、そもそも努力を否定されたり、あきらめたりと世知辛いのですが、せめて今の大人がカッコよく生き、次の世代が憧れを持つようになれたらいいのになぁ。・・・と、ふと考えてしまいました。

|

« セル一発始動の取組み_最終回 | トップページ | ドロワットパーカー »

音楽と木工など」カテゴリの記事

コメント

私も見ました。フラガール。確かに最後は怒涛の涙でした。もう、わかっているんですけど、みごとにやられました。
炭鉱モノってやっぱり人間のDNAに刷り込まれていると思いますよ。だって、『ブラス』も『リトルダンサー』にも完敗でしたからね。

投稿: おやぴん | 2009年1月 8日 (木曜日) 20:34

おやぴんへ
今年も宜しくデス。じつは上記2つの映画はまだ観ていないのですが、かなりそそられますねぇ。近日中に観たいです。最近観た映画は「スクール オブ ロック」(笑)。ジャケット見ただけでストーリーが判ってしまうのですが、ロックでした。なぜか渋谷陽一や西森マリーが頭に浮かんだのは世代かも知れません(笑)。

投稿: steel scooters | 2009年1月 9日 (金曜日) 12:16

こちらこそ、よろしくです。良い年にしたいですね。また、遊んでください。
さてさて、炭鉱モノはイギリスの定番なので、奥が深いです。映画は二本ともオススメ◎ですよ。『フラガール』もそうですが、最後の最後まで、スクリーンが暗転してからが一番の見所です。

投稿: おやびん | 2009年1月 9日 (金曜日) 20:14

ホント、良い年にしたいっすね。
レンタルがDVDになって久しいのですが、楽になりました。あとですね、予告編って絶対あるじゃないですか。あれだけで泣けてくる(笑)映画ってありますよね。往々にしてレンタルショップ行く時にはタイトル忘れてるのがイタい。
また絵葉書下さい。楽しみにしています。

投稿: steel scooters | 2009年1月10日 (土曜日) 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セル一発始動の取組み_最終回 | トップページ | ドロワットパーカー »