« 遂に解決?いや、まだだと思います(笑)。 | トップページ | プラグコード交換_その後 »

インマニ交換と排気音

Photo 今回、インマニを交換して一番変わったのが排気音です。これにはびっくりしました。音が反射するところで加速するとズドドドって音が確認できる位。余熱パイプが詰まってる時はこんな音はしてなかったです。ひょっとして排気系でどこか漏れてるかと不安になりますが、排気漏れ特有の黒い付着物は接合面に確認できず。

ということで、なぜ音が変化したかを考えてみました。もし僕がこのスペースでマフラーを設計するんだったら、最大経路を考慮して、1,2番は左側から、3,4番は右から排出させた方が効率よく消音することが出来る気がしています(この図に根拠はありません。間違ってる可能性も高いです)。

さて、左側のテールパイプを覗くと口径の小さいパイプを内部に確認することが出来ます。経路を辿るとどうも余熱パイプに繋がってる気配が濃厚です。余熱パイプは1,2番側はシリンダーに近いところ、3,4番側はマフラーにつながっています。つまり排気経路としては赤矢印の方向で流れると思います。しかも何の障壁も無いストレート経路。ということは障壁を通過してやってきた紫矢印とは同じ排気ながらタイムラグが生じると思います。消音そのものはテールパイプの役割が大きいのですが、この余熱経路が貫通すると排圧そのもの、特に左側の排圧は変化するはずです。ということで、もともと不等長な排気システムで排気音が独特なのにそれに輪をかけている状態になるんじゃないかな?

ベントレーの写真をみるとこの余熱システムに使うガスケットは真ん中に小さい穴が空いているタイプです。気持ち的には熱は通したいけど排気はあんまり通したくないような意味がこのガスケットには込められているのかも知れません。といいつつ、手持ちのガスケットはパイプ口径と同じ穴が空いているモノしか無かったので、何も考えず取り付けちゃいました。今度実験してみようと思います。

|

« 遂に解決?いや、まだだと思います(笑)。 | トップページ | プラグコード交換_その後 »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきます。
1年近く前から、勉強させてもらっています。
最近、アイシングが起きるので、シングルキャブ直下のマニにアルミホイルなどを巻き付けて対症療法をしています。プレヒートパイプの左側の方が温度が低いので、パイプが詰まっているのかなあ。そうだとすれば、貫通させて根治しないといけないですね。でも、初心者には、ジェネを外したり?、大変そうです。

投稿: 利家 | 2008年11月29日 (土曜日) 07:37

はじめまして。今後ともよろしくお願いします。
さて、インマニのカーボンなのですが、貫通を目的とするのであれば【おそらく】マフラーを外すだけでアクセス出来ると思います。
僕のも左側の温度が低かったです。
あと、これは確証ないのですが、一般的なスネークの場合、余熱パイプの排気に方向性がない気がしてるのですが、どうなんでしょう?

投稿: steel scooters | 2008年11月29日 (土曜日) 08:20

余熱パイプの左側の方がぬるかったので、図からみて、詰まっていると思っていました。ズドドドっていう音がしないので(2年前に購入後、一度も聞いたことがない)、やっぱり詰まっているのかな。
余熱パイプが簡単に外れるなら、寒中のゲリラ整備をものともしない強靱な根性がありさえすれば、私にもできそうです。年末年始の休みにでも、がんばってみたいと思います。

投稿: 利家 | 2008年11月30日 (日曜日) 07:05

音に関してはマフラーやテールパイプのメーカーによって違ってくるかもしれませんね~。
インマニ交換後は結構熱くなってるので、たぶん詰まってると左側は熱くならない気配が濃厚ですねぇ。
僕の場合、シュラウド外して塗装したいとかがあって色々外しましたが(途中で挫折した)、詰まりだけなら、車載のままで何とかなりそうな気がしました。
Sポートマニだったので知恵の輪だったのですが、Tポートマニだとまた違ったのかもしれません。確証はないのですが・・・。
あと、余熱パイプが貫通しても、キャブ下のマニ部分は冷たくなることが始動直後では多いです。ここは仕方ないのかもしれません。

投稿: steel scooters | 2008年11月30日 (日曜日) 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遂に解決?いや、まだだと思います(笑)。 | トップページ | プラグコード交換_その後 »