« インマニ交換後の修正 | トップページ | 燃料フィルターの位置 »

バイメタルのフラップの構造

Imgp0035 今回、シュラウドを外してみてその構造が明らかになりました。原始的ではありますが、良く出来ています。

エンジンが冷えている状態だと、シリンダーにエアは流れない仕組みで、温まると積極的に冷やすようにフラップは動きます。3番4番は犬小屋無しタイプの場合、オイルクーラーで温められた空気しか流れないことも判りました。ということは、埃等でオイルクーラーの隙間が詰まると3番4番は熱的にかなり苦しい状況になると思います。しかも、3番は位置的にも空気の流れが悪いです。3番が熱を持ちやすいということが今回の調査で体感できました。

もし、バイメタルを外してしまうんだったら、内部のフラップはオープンに固定するか、フラップを取り外した方がいいと思います。そうしないとシリンダーを冷やすことが出来ません。あと、フラップに緩衝用のゴムが装着されていました。このゴムって給油口下側にあるゴム栓と同じような気がしています。

|

« インマニ交換後の修正 | トップページ | 燃料フィルターの位置 »

空冷VWメンテナンス考察」カテゴリの記事

コメント

ビートルの場合このあたりの部品がきっちり付いた車両が多いのでしょうか!?
Busでは殆んど失われていると聞いています
因みにボクのも付いてませんでした。( ◢д◣)ムゥ
リプロのキットでも出るとありがたいのですが。

投稿: ルカリオ | 2008年11月18日 (火曜日) 23:34

ワーゲン、自分の一台しか経験ないのですが、外すのも大変な部品なんで、付いてる車体は多いかもしれません。
ただし、これドイツのような寒い地域ではエンジン温度を早期に安定させる意味で大切なのかもしれませんが、回転数が高くない日本の街乗りだったら無くても良いかも知れません。
ただし、裏側にスプリングがあって閉じる方向で初期位置が規制されている状態なので、サーモだけ取っ払うとエンジンが冷えない状態になると思います。フラップごと無いとすれば、それはそれで空冷の機能は問題無いかもしれません。案外ない方がシュラウド外せたかも。
リプロは見たこと無いのですが、国内で中古在庫している個人やショップは結構あるんじゃないかと思います。

投稿: steel scooters | 2008年11月18日 (火曜日) 23:47

ツッコミですw

フィンって初期位置は開いた状態ではないですか?車体から分離したシュラウドはフィンが全開になるのですが。

結構前になりますが、どうしてもシュラウドが外れなくて頭に血が上っていたら、アクセルワイヤー用のチューブが刺さったままだったってことはありました。

投稿: Torin | 2008年11月19日 (水曜日) 04:28

トーリンさんへ
おそらくなんですが、エンジンの早期安定化を図る場合、冷間時はシリンダーへの送風を【抑える】ことで早くエンジンを温めて、ある程度温まればその適正温度を維持する為にフラップが開いてシリンダーに送風するのではないかと。

つまり、シリンダー下側にあるサーモスタットが温められて伸びることでロッドは押され、押されることでフラップは開放されるのではないでしょうか?しかし、フィンは解放のままで間違いないです。フラップが動くんで。

某お世話になっているサイト(笑)によると、故障したサーモは伸びきった状態で壊れるからオーバーヒートを防ぐとありますが・・・。どうでしょう?

投稿: steel scooters | 2008年11月19日 (水曜日) 18:00

なんとなくすれ違ってる気がしないでもないので、僕が思う初期状態の写真を某サイトにアップしておきました。

サーモを下で止めてる13mmを緩めるとサーモはフラップのスプリングの力で上に引っ張られる-サーモが伸びた状態に同様となるーフラップは開く 同様に、サーモを外すとフラップは開いた状態になる

と言わんとしておりました。ご指摘の通り、フィンではなくフラップと言うべきでした

投稿: Torin | 2008年11月20日 (木曜日) 00:10

このエントリの写真では裏側のスプリングは外した状態なんですが、スプリングをかけると閉じた記憶があるんですよねぇ。

確かに、サーモを固定している13mmを緩めると上に引っ張られる感触があります。

う~ん。気になる。芸の肥やしに(笑)。

投稿: steel scooters | 2008年11月20日 (木曜日) 00:48

・・・なるほど。実はスプリング付ける時に、結構裏ワザを使ったんで、位置関係を勘違いしていたかも知れません。スプリングを付けた状態+サーモを外した状態でいくとフラップは開く状態になる可能性は高いですね。
つまり、サーモを取り外した車体は、
①フラップがある場合・・・スプリングの設置は必須
②フラップが無い場合・・・現状維持でもオーバーヒートはしない。
と訂正します。
芸の肥やしがまた一つ増えました(笑)。ツッコミありがとうございます!!

投稿: steel scooters | 2008年11月20日 (木曜日) 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インマニ交換後の修正 | トップページ | 燃料フィルターの位置 »