« あまり考えたくない仮説 | トップページ | 負圧と進角の関係_オートチョークを絡めて »

ちょっとした転換期の連続

Dscn3762 思い起こせば僕の場合、ちょとした挫折が転換期になり、いい方向に向かっていることが多いです。
高校時代、成績が悪くて選抜クラスから落ちたこと。落ちたとたん授業中に手を上げても先生から無視されたこと。けどギリギリの点数(笑)で一応大学に入学できました。希望大学?そんなの無かったっすよ(笑)。強いて言えば授業料が高い大学はパス。大学時代は格差社会ってのを肌で実感しつつ(仕送りがウチのとーちゃんの月収を超えてた輩もいた)いろいろ悩んで転学科。転学科のおかげで好きなジャンルの勉強も出来ました。当時は就職難で、就職なんてのは選べない状況だったのですが、大学院に行く経済的余力、勉強意欲もなくて、なんとなく就職。なんとなくなんで、これまた悩んで退職。んでフリーターしてた時期もあったりするのですが、今の仕事にありつきました(ここに至るまでの過程は割愛)。んで今の仕事でも現在は全く違う業種に放り込まれて(笑)、大学時代より気合を入れて勉強しなきゃならない状況に追い込まれたりしたのですが・・・今のところ楽しくやってますョ。

ひとつひとつの出来事、僕にとって[今となっては]どーでもいい出来事なのですが、こういった転換期にメゲてしまう人も多いんじゃないかと。希望の大学に入学できなかったとか、彼女にフラれたとか、後輩の方が優秀だったとか、挫折にはいろいろあって、深く悩んでしまう人もいるかもしれません。「この子、まだオムツがとれなくて」なんてのもこういった些細な悩みの範疇に入るかも知れません。

けどね、いいじゃん。オシメとれなくても。本人は気に入ってるかも知れない。

挫折→転換期って考えると肩のチカラが抜けるし、いい歌作れるんじゃないかな。
ワーゲンだと【トラブル→挫折】ではなくて「またネタできちゃったよ(笑)」位のスタンス。一度挫折した方が好転することが多いといっても、ワーゲンを買い換えたりはしないっす(笑)。・・・思い出した!ワーゲン買う前に普通のクルマに乗ってたんだった。ということで、ワーゲンもちょっとした転機の賜物。

|

« あまり考えたくない仮説 | トップページ | 負圧と進角の関係_オートチョークを絡めて »

身近な出来事」カテゴリの記事

コメント

最近は歳のせいか、はっきりと転換期と認識するような事象も減ってきました。
なんか、人生全部が一続きになってるような…

そんなオレの最近の口癖は「何とかなるべ」です(笑)

投稿: Hi LiFE | 2008年11月12日 (水曜日) 16:47

そうですか、ある意味、安定期なのかもしれませんね。

このエントリの意として、人生曲がり道ナシで
順風満帆な人が、しょうもない事で消耗してるんですよね。
「そこ悩むとこ、ちゃうやろ」てところで。

それは未来が見えない不安が理由なのかもしれないのですが、それだけじゃないような気がしてるんです。
何なんだろう。食べ物かな。

投稿: steel scooters | 2008年11月12日 (水曜日) 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/43082999

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした転換期の連続:

« あまり考えたくない仮説 | トップページ | 負圧と進角の関係_オートチョークを絡めて »