« 突然の始動不能(涙)_リカバリ済み | トップページ | あまり考えたくない仮説 »

温間時における始動性悪化_海外の取組み

同じことで悩んでいる方はどうやら海外にもいるみたいです(笑)。僕がやった取組み以外で興味深かったものをピックアップします。翻訳間違ってる可能性あるので今回は「敢えて」リンクは貼りません(笑)

取り組み事例①
燃料過多になっているから、加速ポンプを利かせないようにゆっくりとアクセルペダルを踏んでそのまま固定してエンジン始動
~所感~
ゆっくり踏むってところに新規性があるんですが、これ、どうなんでしょうね。ゆっくり踏んでも加速ポンプは作動してるんですよね(笑)一応試してみよう。
~ウンチク~
PJ55以下は走行はベストだが始動時には薄いかも。ということでペダルを踏んでMJ経路から供給する・・・らしい(笑)

取組み事例②
パーコレーション、特に燃料配管内で発生している可能性が高いので断熱材を巻くべし。燃ポンに水(!)をかけて冷やすべし。
~所感~
一理あるのですが、だとしたら全ての車体の傾向として現われるのではないでしょうか?(ex.アイシング)。もっと個体差要因があるような気がしています。バイメタルのフラップが上手く機能していないとか。オチとしては、根本的な対策は熱源から遠ざけることとあって、んなの無理じゃん(笑)

取組み事例③
どこかから漏れてる(吸ってる)可能性。それはキャブ~インマニ、またはエンジンの圧縮工程で事件は起こっているかも
~所感~
今回の取組みで最後?(なんだか寂しいですね)の核心に迫りつつある吸排気系の適正化(HiLiFEさん,plus1さん、その他内心そうじゃないかと考えていた方々【当選】)です。コンプレッションゲージは比較的安価なので購入してもいいのですが、走行やアイドリングは問題ないところをみると、恐らく些細な気筒間差なんじゃないかと(しかも温間停止時に発生する)。となると誤差が大きいような気がするコンプレッションゲージでは原因の解明にはならないような・・・たとえ解明しても解決策を考えると心労で寝れなくなるので(笑)。ど~しよ~かな~。

もう一つの案件キャブ~インマニについては次回エントリを予定しています。

|

« 突然の始動不能(涙)_リカバリ済み | トップページ | あまり考えたくない仮説 »

セル1発始動への取り組み」カテゴリの記事

コメント

ウチのはフロート室とか、ポンプ室が温まっちゃうと再始動後しばらく気難しいです。。(ウェーバーですが・・・)

燃調とか、室温調整でフォローは出来るんですが、トレードオフの関係があって、どこを妥協点とするかが難しいトコです(自分の欲があるので・・・笑)

投稿: Kita@職場 | 2008年11月 7日 (金曜日) 13:06

ん~その海外の方、判ってねぇ!www 酔ってます。悪しからず

加速ポンプちょっとでも動かすとジャァー!っとでますねよぇ

うちの燃料系は写真で見て貰ったと思いますが、あの仕様で真夏乗り切りました。特に不具合無く。
横向きに付けたからパーコレ無かったんすかね?

ノーマルな燃料系の時、一時温感時始動悪化しましたねぇ・・・結構長くセル回しやっと始動。

そんな感じなんですか?

スチールスクーターズさんの求める始動性は、どんな感じなんですか?
僕はあんまり気にならないのですが、温感時でもチョーク効かせて始動しています。

投稿: ルイージ | 2008年11月 7日 (金曜日) 20:40

初めまして(^^)/
私の車は2番で解決です。
電磁ポンプでも、温間時はセル長回しアクセル全開スタートでした。
マニの上を通っている所だけ巻きました。
断熱材にはAPPのヒートガードチューブを使っています。
でも機械式ポンプですね・・・

投稿: 通りすがり | 2008年11月 7日 (金曜日) 21:48

Kitaさんへ
たぶんキタさんなら「やり尽くしてる」(笑)ので、キャブ内部のガソリンが温まってしまうのはデフォルトの仕様なのでしょう。
しかし、「欲」は大事ですよね。このあたりの細かい詰めはクルマイジリの真骨頂ですね~。

ルイージさんへ
飲んでるんですか!僕は今日バリウム飲みました。ベリリウムではないです(笑)

けっこうチョーク強いっすよねルイージ号。
掛け方が下手なのもあるんだと思うのですが、症状としては、http://steel-scooters.cocolog-pikara.com/blog/2007/09/post_7df9.html
が初期で、最近はそこまで悪くない感じです。
なんか、症状は一緒で原因(主要因)が違ってきているかもしれません。

投稿: steel scooters | 2008年11月 7日 (金曜日) 22:03

通りすがりさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
実は燃料系は悩んだのですが、だとしたら機械式ポンプを使ってるワーゲンの持病としてもっと語り継がれてると思うんですよね。
これ、僕のライフワークなんでもう少し悩もうと思います。

投稿: steel scooters | 2008年11月 7日 (金曜日) 22:12

呑んでますよぉ昨日超久々に禁酒出来たのに、今日は自然とグラスと氷に手が行って呑んでました 汗
明日は禁酒!!高速ジェッティングしたい!

チョーク強いですかねぇ~あはは
閉まる物は閉まってくれないと嫌なんですが・・・w
アクセル全開で軽く全閉が基準として合わせています。

同じ症状になってやっと帰還した事が二回ほどあります。真夏に。プラグは滅多に交換しないのですが・・・
キャブの調整やらやってたら普通に戻った様な気がしますので、そこから追求していません 汗

フロート室にもガソリン溜まっているので配管内のパーコレは関係ないかとも思います。

機械式ポンプの熱と言う話出てますが、クランクが回るとポンプアップされて燃料で冷やされると言う事は考えられませんか?間に合わないのか?

Egケースとの間にベークライトも挟まれているので熱に対してはそんなに・・・と思っていました。

投稿: ルイージ | 2008年11月 7日 (金曜日) 23:12

ルイージさんへ
こっちは、明日はタンク外そうと段取りしてたんですが、どうやら雨のようです。万事段取りが整いませんが、これもレギュレーションなんで(笑)。

>フロート室にもガソリン溜まっているので配管内のパーコレは関係ないかとも思います。

そうなんですよねぇ。燃ポンに関しても手で触れるんで間違いなくベークの効果はあるみたいです。

あと、シングルポートなんであまり想定してなかったのですが、「インマニの漏れ」でちょっと気になるところがあるんで、観察結果が出来次第報告しますね~。

投稿: steel scooters | 2008年11月 7日 (金曜日) 23:36

当たりかどうかは解らないけど、可能性の一つではあるような気はしますね~>圧縮

あと、オレが気になるのは「走行中は問題ない」というss氏の判断かなぁ…
目に見える不具合、失火とかアフターファイヤーとかが無いイコール完調とは言い切れない気がします、個人的には。
追求しているものが微妙に細かい不具合なんで、結構やきもきさせられてます、モニタの前で(笑)

投稿: Hi LiFE | 2008年11月 8日 (土曜日) 06:11

HiLiFEさんへ
点火系、電気系について手が入っている部分は何らかの不具合があれば検証できるんで、消去法で残るのは燃料系と圧縮系なんですよねぇ。
そういえば、最近殆ど症状は出てこなくなったと思ってたら、外気温が下がってました。再現試験は来年の夏までお待ちください(笑)。
フランス人みたいな言い回しなのですが、
今の走行中のエンジンは調律が出来る範囲内で「悪くない」レベルだと思います。ウチの子供も言ってるんで大筋なところで。
決して完調ではないのですが(笑)
当然、年式なりの劣化やヘタリは当然あるんで、あとはOHの時期から逆算した貯金を考えていかなければならないかもしれません。

投稿: steel scooters | 2008年11月 8日 (土曜日) 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突然の始動不能(涙)_リカバリ済み | トップページ | あまり考えたくない仮説 »