« 乾式エアクリーナーの観察とリペア | トップページ | ポイント交換_その1 »

乾式エアクリーナーの装着(仮)

Imgp0012k せっかくリペアしたんだから、装着してみることにしました。手持ちにバキュームラインが無かったので、アルミパイプで自作しておきました。んで、ネジを緩めて装着。

これ、フードに当たるんじゃないかという位大きいですが、さすがに当たりません(笑)。縁起を担いでフィルターも新品にしておきました。エンジン外観から年式を判別するのが困難になってきました(笑)で、緊張のエンジン始動。ここでちょっとした違いに気づきました。今まで使用していたオイルバス式だとブローバイを大気開放にすると安定するって書いたと思うんですが、実は大気開放のままにしていると徐々にアイドリングが下がっていくことがあったんです。で、繋ぎ直すと安定。

今回の乾式だと、ブローバイを大気開放にしてもオイルバス式と比較してそんなに変化がありません。いまいち理解できないのですが、両者の吸気抵抗の違いが影響しているかも知れません。走行その他諸々はもう少し走りこんでチェックしていきたいと考えています。Imgp0014lm

|

« 乾式エアクリーナーの観察とリペア | トップページ | ポイント交換_その1 »

キャブレター関係」カテゴリの記事

部品交換(故障以外)」カテゴリの記事

コメント

乾式のエアクリにカバーが付いたタイプもあるのですね!
多分、乾式の方がよく仕事するのでしょうけれど
湿式のどんぶり型の方がが好きで、替える気になれません。( ̄○ ̄;)!

投稿: ルカリオ | 2008年9月 8日 (月曜日) 23:45

これ、T-1の純正なんです(笑)。僕もオイルバス式のスタイルが好きなんで、また変えるかもしれません。一度試してみたかたんです(笑)。
これを装着している間に、オイルバス式のエアクリーナーを気合いを入れて掃除してみようかと考えています。

投稿: steel scooters | 2008年9月 9日 (火曜日) 00:10

私のビートルも乾式のエアクリーナーがついているのですが、マニホールドにバキュームがありません。キャブレターも同じタイプなのですが、前側の塞いであるパイプの内どれがバキュームラインかわかりますか?それともデスビを009にしているので横のバキュームからとればよいのでしょか?エアクリーナーはポンプですってみましたらゲートは開きましたが、かなりのバキュームが必要な感じでした。分かる範囲でお答え願えれば助かります。

投稿: type1-75 | 2009年12月21日 (月曜日) 16:05

type1-75さんへ
僕の使っているキャブはH30/31という30/31PICT-3系のリプロダクション品です。で、ご質問の件ですが、基本的にどのラインもバキュームを発生させます。あとはエアクリーナー側と同じ口径であればいいのではないかと。
しかし、少し気になるのがゲートを開く時の抵抗感です。ひょっとしてどこかに抵抗を生じさせている要因があるかもしれませんね。こればかりは新品との比較検討の経験が当方にも無いため憶測の域を出ませんが、バキューム進角のデスビの進角と同程度の抵抗感というのは一つ基準になるかもしれません(根拠なし)。
純正乾式の場合、バキュームラインはいったんエアクリ中央部を経由しますが、あそこにはバイメタルが仕込んである可能性大です。つまり、暖かくなればバキュームによるゲート開閉機能は遮断されるカラクリっぽいです。

投稿: steel scooters | 2009年12月22日 (火曜日) 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乾式エアクリーナーの観察とリペア | トップページ | ポイント交換_その1 »