« ポイント交換_その2 | トップページ | ポイント点火に戻してみる→やっぱり復活(笑) »

キャブレター_アイドリング調整覚書

エアクリーナーを交換した後、若干ではありますがキャブ調が必要な状況になりました。これは社外のエアクリーナーに交換した際にも必要なのかもしれません。今まで使っていたオイルバス式から乾式になったことから、エアの量が増える→ガソリン量も増えるかもってことで、ブログ用(笑)にボリュームスクリュー(VS)を濃くする方向でセッティングし、なんとか定量的な表現にしたいなぁ・・・なんて考えていましたが、走行テストを繰り返すうちによく分からなくなってしまいました(汗)。走行は問題なくても空ぶかしすると二段吹けあがりになったり、若干不安定になったりするんで。

ということで、初心に戻って最初からやり直します(笑)。タコをLOWレンジで接続してVSを緩めたあとゆっくりと締め込んで行きます。教科書的には「最も回転が上がったところ」が良いのですが、タコの針って揺れるので判断が難しいと思います。今回は上記に加えて「針の揺れ幅が最も少なくなるところ」というのを加えました。この設定の後エアバイパススクリュー(AS)で回転を850程度に調整し、再びVSで回転の高くなる所を探します。

もしこのセッティングで不具合が出てきたらPJ、PWJのリサイズや加速ポンプの排出量変更を検討しなければなりませんが、今のところ大丈夫です。あと興味深かったのは、同じ回転数でもセッティングが決まるとハンドル等に伝わる振動の質が変わってきます。アイドリング中の電圧計の上下する幅も少なくなります。今後、このあたりも基準にしていこうと考えています。以前は調整にけっこう時間かかったのですが、今回はわりと早い段階でセッティングが決まりました。若干スキルアップしたみたいです(笑)。プラグは本来交換すべきですが、未交換で押し切りました。
そうそう、ニットク関連の塗料、地元のホームセンターから消えてしまいました(涙)。

|

« ポイント交換_その2 | トップページ | ポイント点火に戻してみる→やっぱり復活(笑) »

キャブレター関係」カテゴリの記事

コメント

ボクのキャブ調整はsteel-scootersさんのような「推理と実践」ではなく「研ぎ澄まされた感覚と長年の勘」で行ってるので未だに不調地獄から抜け出せられません(笑)

ニットクの塗料・・・ 事故米でも混入してたのでしょうか?

投稿: plus1 | 2008年9月13日 (土曜日) 12:31

キャブのタイプによって考え方が変わると思うのですが、バイクを触った年数の方が長いのでどうしてもCVキャブの寛容さの方が慣れてます。車だとSUキャブがその範疇になるのかもしれません。
スポーツキャブってその曖昧さをなんとかして各ジェットに割り振っているような気がしていますが、往々にして「あちらを立てればこちらが立たず」になりがちかも知れません。
現在装着されているキャブはスポーツキャブではないのですが、ジェット類が多いんで、入力ファクターが多すぎて困ってます。
ニットク、たぶん普通の人にはメリットが見いだせないので棚落ちなのでしょう。・・・一気に卸値が上がったのかもしれません(根拠ナシ)。

投稿: steel scooters | 2008年9月13日 (土曜日) 21:41

IDFですが、最近アイドルミクスチャーの調整が一番奥深いんじゃないかと思うコトがしばしば。。

無段階調整×4って・・・汗汗
ピンポイントを打ち抜く五感が欲しいです。。ボソ

投稿: Kita | 2008年9月14日 (日曜日) 20:18

・・・に加えて気筒間差(笑)。実は思い起こせばバイクも全部シングルキャブしか触ったこと無いのですが、ツインキャブ、しかも気筒ごとに分離しているキャブって理系なノリでセッティングできそうなので惹かれます。「調整できてしまう」とも言えるかも知れません。
・・・といってもプラグ毎に焼け方が違う僕のエンジンだと深い海に落ちそうなので(笑)。

投稿: steel scooters | 2008年9月14日 (日曜日) 22:27

ボクのキャブ30PICT-1ですがPJが付くべき所が塞いでありました
こんなのもありなんでしょうか?

購入当初の事ですが、もっと驚くべきことは
ステッププレートの稼動範囲を制御する為のネジピン?が欠品していて
信号待ちしていると、突如うなり声をあげるように高回転になってしまい
長いこと悩みましたが、よそ様のキャブOH画像で
ピンが欠品しているの事に気付いた次第です
今はホームセンターの木ネジが付いています(⌒_⌒; タラタラ

投稿: ルカリオ | 2008年9月15日 (月曜日) 12:41

30PICT-2系までしか触っていないのですが、おそらく、カットオフバルブの先端に装着されているのがPJ(パイロットジェット)だと思います。
アイドリング調整はVSでアイドリングが最も高くなる部分を探して、ストッププレートの位置でアイドリング回転数を調整するという作業を何回か繰り返せば良いと思います。
VSで回転にあまり変化がない場合もありますが、そうなると、ボディ側のテーパーが過度の締めこみによって拡大している可能性があって、ちょっと面倒になるときがあります。
ちょっと気になるのが内圧コントロールバルブなんですよね。一度、取り外してみるか、内部を掃除してみます?

投稿: steel scooters | 2008年9月15日 (月曜日) 13:53

そういえば、どこかのSHOPのHPでカットオフバルブの
ジェットサイズは♯55と出てたような気がしました これがPJ代わりなのですね
なんちゃってOHでVS交換してからは 以前よりも細かな調整が可能になりました

今回のトラブルですが、思い起こせば5月のMikiのイベントへ行った時
高速を下りてから突如アイドリングしなくなる症状がありました
どうも あれからず~っと症状を引きずっているような気がしてなりません
あの時は、カットオフバルブを交換してなんとかなったと思いましたが
よくよく調べてみると、端子とかの酸化もあり新品のカットオフバルブでも
同様な症状がちょくちょくありました(ブログ上で記事にはしていませんでしたが)
端子やハーネスもその後交換しましたが時々症状として現れていました
ここ最近、その頻度が多くなってきただけのようにも思えます
内圧コントロールバルブは、夏旅行前に付けたものですが
また調子が悪くなるようだったら、外した状態での変化も確認したいと思います
いろいろとアドバイスして頂いて心強いです
本当にありがとうございます。

投稿: ルカリオ | 2008年9月15日 (月曜日) 21:24

ルカリオさんの取組って他人事とは思えないんですよね。

家族を抱えつつ、なんとかやり繰りしながら、古いクルマを維持するのって大変な事だと思うんです。ここにコメント下さる方々の多くが同じスタンスだと思うのですが(類は友を呼ぶ法則)、なんとか解決の糸口を見つけられたらなぁと考えてます。

投稿: steel scooters | 2008年9月15日 (月曜日) 22:50

初めまして!
Readybugさんの所から来ました。

単キャブに嵌ってるのは、Rsさん所か僕位かと思っていましたが、いらっしゃって嬉しいです。

うちの車はもともと、1200の30pict-3なのですが、31pict-3に変更しジェッティングに嵌ったのが同じ頃だった様です。w

朝から始めて、ポン付けでいけるやぁ~なんて軽い気持ちで始めて、何とか乗れるようになったのが夕方になってしまったり苦労しました。
今は絶好調で燃費も長距離平均燃費の過去最高を出してみたり色々とやってます。

今後も参考にさせていただきます。w

投稿: ルイージ | 2008年10月 8日 (水曜日) 17:59

どうもはじめまして!ようやくシングルキャブのジェッティングされている方と巡り合うことが出来て光栄です(笑)。といっても僕はリプロのH30/31なのでちょっと恐縮ぎみです。
ちなみに僕はまだ結論が出てなかったりするのですが、PJの隣にあるジェットって海外の見解とは違った結論になってて、実走行では問題無いもの結構不安だったりしてます。
今後ともよろしくお願いします!

投稿: steel scooters | 2008年10月 8日 (水曜日) 18:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポイント交換_その2 | トップページ | ポイント点火に戻してみる→やっぱり復活(笑) »