« セル一発始動への取り組み2008_配線編 | トップページ | セル一発始動への取り組み2008_点火コイルダイレクトリレー復活② »

セル一発始動への取り組み2008_点火コイルダイレクトリレー復活①

Photo ちなみにまだ復活はしていません(笑)。まず、前回(前年)のおさらいです。点火コイルへのダイレクトリレーで問題になったのはキーオフでエンジンが回りつづける「ランオン」。シラサワさんのアドバイスもあったりして気になっていたのですが、チャージランプの作動原理を真剣に考えたことがありませんでした。

今回は配線図を眺めながらいろいろ想像して解決策の糸口を図りたいと思います。

まず、気になったのが、メーターインジケーターの油圧、ウインカー、チャージランプは同じラインで電源供給をされていることです。つまり、油圧ランプの作動原理が明らかになればチャージランプの仕組みに近づくことができるかもしれません。油圧ランプはキーオンで点灯、油圧がかかれば消灯します。オンとオフのみです。ということで図を書いてみました。Aが油圧スイッチへ繋がる配線、Bが油圧スイッチです。Cの配線がキーオン時に+電源が供給され、点火コイルへの電源供給ラインと並列になっています。この図でいくと、エンジンがかかると消灯することから想像すれば、油圧がかかる→油圧スイッチが作動してスイッチオフで消灯ということになるんだと思います。

さて、本題のチャージランプ。チャージランプと油圧ランプとの大きな違いは「チャージランプはうっすら点灯することがある」ってことだと思います。当たり前すぎて気にも留めていなかったのですが、大きな発見です。つまり、Aの配線がチャージランプ~レギュレーターの配線とするならば、エンジン回転数によってAには電気の登り下りが共存している(かも)ということなんです。キーオンでエンジン停止時にはAにはアースに落ちる方向で電気が流れて点灯。エンジンの回転数が上がると、発電機による発電でAのラインにはフューズボックス方向への電気が流れて、電気的に同位となって消灯。回転数が中途半端に低い時は発電機の発電量も中途半端で押しつ押されつでぼんやり点灯。んで、エンジン停止時にはIGスイッチ経由で供給されていた電源が切れてAラインに残った電気はチャージランプを光らせて消費。この仮説でいくと、キーオン(エンジンかけない)状態でのチャージランプの点灯と、エンジンを切った時に名残惜しそうに点灯するのとでは電気の流れが逆になっています。特に後者の場合、アースは何処に落ちてるんだ?いかん、あと少しなのにまた暗闇なんでしょうか?・・・といいながら、キーオフ時にランオンが発生する仕組みは何となく掴めました。楽しみです(笑)

|

« セル一発始動への取り組み2008_配線編 | トップページ | セル一発始動への取り組み2008_点火コイルダイレクトリレー復活② »

セル1発始動への取り組み」カテゴリの記事

コメント

MSD付けたらランオンってのは空冷VWのレギュレータのせいなんで,ダイオードかませるのはやって悪いことは無いと思いますよ〜
配線長いんでリレーは結構使ってますが,電磁ポンプ付けたころ横着してリレーかませずに配線燃やした経験があります(^^;

投稿: シラサワ | 2008年9月23日 (火曜日) 20:11

お世話さまでございマス。
>MSD付けたらランオンってのは空冷VWのレギュレータのせい
ここが今回の取り組みのポイントだと思います。原因を探る方向性が当初MSDに向いていたこともあって、MSDの件は真剣に考えていなかったんです。すごく遠回りになちゃいましたが、チャージランプの仕組みを考えるいいきっかけになりました(笑)。
理屈から追いかけていく(職業病?)んで、無駄が多いんですが・・・実はわりと好きカモ。

投稿: steel scooters | 2008年9月23日 (火曜日) 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/42561825

この記事へのトラックバック一覧です: セル一発始動への取り組み2008_点火コイルダイレクトリレー復活①:

« セル一発始動への取り組み2008_配線編 | トップページ | セル一発始動への取り組み2008_点火コイルダイレクトリレー復活② »