« 遅ればせながらのハービー | トップページ | ワーゲン倦怠期_その2~適度に壊れることの大切さ~ »

ワーゲン倦怠期_その1

コメントにも書いたのですが、倦怠期、ありました。特にフロアのサビ処理と内装をやってるとき。当然、内装は装着していないし、フロアはサビ剥き出し状態。当時はネット環境も整ってなかったし、仲間なんてものもいなかったんで。結果やゴールがなかなか見えてこない作業というのは本当にキツかったです。限られた資金ということもあって小遣い通帳にはなかなか貯金できませんでした。内装ってわりと金かかるんです(涙)。あと仮説→検証の過程で狙ったとおりの結果がなかなか出ない時期もありました。当時は今以上に経験値が無かったし、タコメーターすら持ってなかったので満足な調整は出来なかった記憶があります。倦怠期を脱出するための僕なりの方策を幾つか。ワーゲン以外の事に熱中するってのもアリですが、ここでは割愛(笑)

①道具・工具の新規導入
普段は使わない工具類、ちょっと小さ目のマイナスドライバー、片手に収まる大きさのラチェットレンチ、道具に助けられることは多いです。キャブ調を頻繁にやってた時期は工具箱の同じ場所にキャブレター調整用のポケットを作ってました。あとプラグ交換用のポケットもあります。調整時にはポケットにあるものを全部ごっそりと取り出す(笑)。タイミングライトを購入したのもわりと最近なのですが、今まで頭の中で考えていたことが目で確認できるメリットは大きかったです。

②仲間の存在
以前、飲みに行くという習慣が僕にはありませんでした。ところが知人(バナゴン大工氏)を介してワーゲンオーナーが営む飲み屋さんを紹介されました。その程度の金額ならいいんじゃない?というカミさんの了解もあって、ちょくちょく出かけるようになりました。ここの存在が無かったらワーゲン降りてたかもしれません。
プライベーターってね、最後は自分で決めなきゃならないんです。作業も自分の段取りでやりたいから開始~終了時間なんてあってないようなモンです。そういった中で仲間の存在というのは、結果の共有という重要な役割があるような気がしています。結果というのは成功だけじゃなくて失敗でもいんです。仲間からのリアクションというのは、ほんとアリガタイんです。僕の場合、ブログを通じて得た仲間もかけがえの無い存在。実はイジクリ仲間ってのは近所にいなかったり、イベントには今のところあまり興味が無かったりするのですが、それはそれでいいかな(笑)。

③車体のステップアップ
これ、倦怠期を脱出するには最高の方法(笑)。ステップアップするには「今まで知らなかった知識」を吸収しなきゃならなかったり、貯金しなきゃならなかったり、やることが多くて倦怠期なんて考えられなくなります。僕の場合、ステップアップが往々にして速くなったり、強くなったりはしないのですが・・・。
古い車ってね、オーナーによりけりなんですけど「購入時よりトラブルが少なくなる→ステップアップする」車体が本来の姿なんじゃないかななんて思うわけです(そうあって欲しいという期待も込めて)。このあたりは、中古車が旧車といわれるまでの過程で生じる逆転現象だと考えています。

|

« 遅ればせながらのハービー | トップページ | ワーゲン倦怠期_その2~適度に壊れることの大切さ~ »

VW思案」カテゴリの記事

コメント

仲間は大事だね〜お互い切磋琢磨っつーんですかね?ま、結局マイペースでなんだけど、まあ情報交換したりね。チカラは貰えますよね。

あと、Web上に文章書いてると、それも励みになりません?「あーそろそろネタ見つけないとな〜」みたいな(笑)

投稿: Hi LiFE | 2008年8月23日 (土曜日) 16:04

そうなんですよ、みんな自由にやってるんですが、同じベクトルってのをすごく感じています。

Webにアップすることの励みは、検索ワード(笑)。似たような事で悩んでる人多いんやなぁ、なんて。
そういった方がコメントを残したりしてくれると、それも嬉しかったりします。
・・・友達少ないんすよ(笑)。

投稿: steel scooters | 2008年8月23日 (土曜日) 22:34

> プライベーターってね、最後は自分で決めなきゃならないんです。
> 作業も自分の段取りでやりたいから開始 終了時間なんてあってないようなモンです。

以外とこれが心地好くて続いているような気がします.自分の好きなようにやれて,マイペース.
とは言え,正直キツイ時もありますね〜.ま,自称ドMとしては,それを楽しむのも義務に(^^;

> あと、Web上に文章書いてると、それも励みになりません?「あーそろそろネタ見つけないとな〜」みたいな(笑)

あるある(笑)

投稿: シラサワ | 2008年8月24日 (日曜日) 13:25

作業の到達点というのが、スキルで決めるのか、妥協で決めるかというのがあるのですが、元々の性格が実は「根を詰めない(笑)」ので、作業中に遭遇する新たな課題については次回に持ち越すことが多いです。
最近の新たな課題は、ハンドルを切り返す際に生じる引っ掛かりです。カップラバー交換でより判り易くなりました。
ということでネタは見つかりました(笑)

投稿: steel scooters | 2008年8月24日 (日曜日) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/42251127

この記事へのトラックバック一覧です: ワーゲン倦怠期_その1:

« 遅ればせながらのハービー | トップページ | ワーゲン倦怠期_その2~適度に壊れることの大切さ~ »