« ソウルミュージック(魂の歌) | トップページ | ギター?購入 »

点火装置とタイミング

Imgp0116 現在、自作セミトラを用いた点火装置を追加していますが、空冷VWだとセミトラは一般的ではありません。有名なのはデスビ内部にトランジスタ回路(アンプ?)を組み込むタイプ。他には、デスビからは信号のみを取り出すようにしているタイプも存在しています。

内部に全てのユニットを組み込むタイプで気になることがあります。それは「熱と震動」です。デスビ内部にトランジスタ回路を組み込むのは本来ならばかなりリスキーなシステムなのかもしれません。トランジスタにはデータシートがあって耐熱温度とかもわかるから、あとは震動対策でしょう。どうやってやるんだろ?

・・・といった妄想を経て単純機構のポイントを残したセミトラに落ち着きました。そうそう、ポイントって接点を磨くじゃないですか。個人的にはアバタになっていたり、突起があったとしても「性能差」は無いんじゃないかと考えています。むしろ接点を研ぐことで機械的な寿命が短くなるかも知れません。ヒールの磨耗による性能差ってのは体感できるし、最悪不動車になります。注意しなきゃならないのは、接点の荒れた状態でクリアランスってのは測れないので、新品ではないポイントのポイントギャップってのは調整が難しいかも。

できれば、デスビ内部はプラグへの電気供給機能だけにしてしまって、点火タイミングは別の回転部分でピックアップするといった役割分担をさせてあげてもいいかもしれません。どんどん突き詰めていくとダイレクトイグニションシステムになって、デスビすら不要になるかもしれません(笑)。

|

« ソウルミュージック(魂の歌) | トップページ | ギター?購入 »

点火系関係」カテゴリの記事

コメント

セミトラは未だに仮付けのままなんですが(笑)
熱の事を考えるとやっぱ室内の方がいいのかな~?

投稿: plus1 | 2008年7月15日 (火曜日) 21:30

少なくともエンジン直付けは避けたいっす(笑)。
室内の温度とエンジンルーム内の温度で有利な方に付けるってのが常套だと思いますが、僕の場合防水に自信がないのと、空冷VWの場合、エンジンルームにあまりいい場所が無いというのが本音ではあります。
というか、リアガラス越しに見えるアルミケースが謎のチューニングパーツみたいで(笑)

投稿: steel scooters | 2008年7月15日 (火曜日) 23:15

ポイントは価格も安いし、年1回くらいのサイクルで
交換した方が賢いのかも知れませんね?

投稿: ルカリオ | 2008年7月16日 (水曜日) 00:45

走行距離にもよりますが、だいたいルカリオさん位の頻度がベストなのかもしれませんね。年1なんで段取りを忘れちゃいそうです(笑)。
逆に、そんなに走ってないのに短期間でヒールが減ったり、接点がおかしくなったりするのはポイントに魔物が住んでいるのかも知れません。

投稿: steel scooters | 2008年7月17日 (木曜日) 00:30

こんにちは。APのエンジンアナライザーでポイントチェックを掛けた時、SteelさんのはOKに入りますか?僕のは振り切ってBADでした。ポイントは一見ダメになってるようには見えないけど、もう交換時なのかも知れませんね。いったいいつ交換したのかも覚えてないくらいですから。ちなみにドエルは50ちょい手前です。

投稿: Torin | 2008年7月17日 (木曜日) 15:29

このあいだはどうも(笑)。いやぁ、ある意味マニアック質問っすね(笑)。僕はまだポイントチェックは試してません。というのもこのチャンネルの意味するポイントが果たしてデスビのポイントかどうかわかんなかったからです(笑)。今度試してみます。
ドエルは同じく50手前あたりに調整しています。

投稿: steel scooters | 2008年7月17日 (木曜日) 23:17

おはようございます。自己レスです。荒らしのようですみません。ポイント・チェックはエンジンが回った状態で測るんじゃないみたいですね。僕も今度やり直してみます…。

投稿: Torin | 2008年7月18日 (金曜日) 05:02

荒らしってなんスか?ゲームセンター嵐っすか(笑)。それはさておき、また結果を教えて下さい(他力本願)。ポイントに油分が付いた時は全くエンジンがかかりませんでした。ポイントギャップはしっかりチェックしていたのですが・・・。

投稿: steel scooters | 2008年7月18日 (金曜日) 22:36

机にアナライザーを置いたまま仕事をしていたのがいけませんでした。どうにも気になるので、先ほどポイントチェックしてきました。

デスビのキャップを開けて、ポイントが閉じるところまでエンジンを手で回して…。キャップを開いたままでもいいのか悩みましたが、この後IGをオンにするので、いちおうキャップは付け直しました。で、表示はというと、結局BADでした。でも振り切りのBADじゃなくて、OKに手が届きそうなBADです。試しにプーリーを回して行くと、ポイントが開いたと思われるところで、針は一気にBADに振り切りました。以上荒らしがお伝えしました v

投稿: Torin | 2008年7月19日 (土曜日) 15:08

一度交換してみるのもテですね。
こっちは来週遠出を控えているかもなので今日は点火系を見ておきました。BTDC5°、ドエル50って感じでした。気になったのは、【ひょっとしてヒールがカムに対してまっすぐ減っていないかも】ということです。今のところ調子良く走っているのですが、突然不動様になるかもしれないので、ポイントの予備は積んでおこうと。
ポイントチェックですが、セミトラを付けてるので正確に測れないかもなんて考えて今回はやれませんでした。比較できなくてスンマセン。

投稿: steel scooters | 2008年7月20日 (日曜日) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソウルミュージック(魂の歌) | トップページ | ギター?購入 »