« タイミングライト導入 | トップページ | ワーゲンに乗る_「きっかけ」と「その後の展開」 »

SVDAのデスビ

070630_08550001 現在、国内で販売されているデスビには有名どころのMSD、マロリー等がありますが、009と同じく遠心進角タイプです。マロリーはバキュームユニットがオプションであるみたいです。

009との違いは安直に考えると、進角カーブが設定できるって事だと思います。それはさておき(笑)、海外で販売されている新品のSVDAデスビについて考えます。このSVDAデスビを販売しているところは、ストックエンジンには009より最適という売り文句が常套句になってるみたいです。

まあ、そういう販売戦略かもしれないので、優劣についての議論はさておき(笑)、新品のSVDAデスビの注意事項が気になりました。というのも、「PICT-1,2では(販売している)SVDAデスビは上手く機能しない」という記載があるのです(翻訳違い?)。

これを鵜呑みにすると、現在009を使ってて、負圧式のデスビ(新品)に交換したとしても、期待される効果が得られない可能性があるやもしれません。アメリカ情報なので1200ccモデルのことは考えてないかもしれません。海外で販売されているSVDAデスビが国内に流通しているかどうかは定かではないのですが(わかんないことばっかりです)、点火系には「ベストな組み合わせ」というのが存在するかも知れません。

|

« タイミングライト導入 | トップページ | ワーゲンに乗る_「きっかけ」と「その後の展開」 »

点火系関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイミングライト導入 | トップページ | ワーゲンに乗る_「きっかけ」と「その後の展開」 »