« 世界遺産_ガラパゴス諸島 | トップページ | トラブル発生時のトラブルシューティング »

ステアリングギアボックス考察

Imgp00521 現在、ステアリングギアボックスには規定値以上のアソビがあります。通常だと、調整ネジがあって閉めこむことでアソビは調整できるんですが、すでにかなり締めこまれていて調整シロがなくなっています。ガタの出かたがピットマンアームが上下に動く(若干ですが)ガタなので本来は馬鹿でかいヘックスで調整するんだろう。この場合、選択肢は1.OH 2.新品 3.程度の良い中古 となるんですが、解体車がバックヤードに積まれている専門店を除くと新品をチョイスすることが多いんじゃないかな。
ここからが本題なんですが、ステアリングギアボックスの潤滑はグリスなのか、オイルなのかで悩みました(・・・気が付けば半年以上悩んでた)。

ベントレーの青本によるとこの部分の潤滑はミッショングリスという曖昧な表現となっています。VW空冷は殆どの車種でステアリングギアボックスはウォームギアで駆動しているんですが、一般的(重機とか)にはウォームギアの潤滑は粘度の高いオイルであることが多いです。また、国産旧車の同様のギアボックスにはギアオイルを補充となっていることが多いです。新品を分解するのは気が引けるものの、今回入手したギアボックスの中身を分解してみることにしました。

ギアボックスの中には粘度の低い(やわらかい)グリスが封入されていていました。こういった分解作業をした場合、オイルシールの再利用は慎むべきなのですが、新品であることと、検証を兼ねる意味からそのまま再利用することにしました。
このやわらかいグリス、一般的には出回ってなさそうなグリスでした。このやわらかさに意味があるのだろう。手元にはウレアグリス(2社)とシリコングリス(1社)、あとラバーグリスがあるんですが、ギアボックスの潤滑には使えそうにありませんでした。ウレアグリスは使えそうな気がしたんですが・・・。粘り気という点で考えるとウェットタイプのチェーングリスとかも使えるかも(確証ナシ)。
本体は鋳造だったので、脱脂後にPORを塗っておきました。ガスケットは自作品に交換しておきました。

|

« 世界遺産_ガラパゴス諸島 | トップページ | トラブル発生時のトラブルシューティング »

フロント周りの作業」カテゴリの記事

コメント

すごい!
飽くなき探究心!
おれ、新品買って装着して即ご満悦でしたー。
てへ。

投稿: らぶたん | 2008年6月 8日 (日曜日) 12:14

オレも悩んだ記憶があります>ステアリングギアボックスのオイル
そんなに重負荷がかかる場所ではないので、潤滑の目的には年度の高いミッションオイルでも入れておけばいいのかな、とも思いましたが、気になったのがシールからのオイル漏れ。
見ると、年式の新しい、メキビーのギアボックスとかからも結構漏れてるんですよねー。


悩んだ結果、「漏れた分は足せばいいだろ」という結論で、ミッションオイルを継ぎ足した記憶があります。

…結果が出る前に新品のギアボックスに交換しちゃったんで、正しい行動だったかどうかは結論は出ないままでした(笑)

投稿: Hi LiFE | 2008年6月 8日 (日曜日) 14:16

らぶさんへ
僕の場合、妄想に妄想を重ねてネタを引っ張るのが得意技だったりするのですが、結果的に何も変化なしというオチが多いのが特徴です(笑)。

HiLIFEさんへ
シールのリップ部に接触するシャフトの仕上げがちょっと甘い気がしました。真円にすることはできないのですが、コンパウンドで回転方向に磨いておきました。オイルシールにはシリコングリスを考えたのですが、普通のグリスで済ましちゃいました。詰めが甘いっす(笑)。

投稿: steel scooters | 2008年6月 8日 (日曜日) 17:50

1~2年前、新品の(TRWだったかな)に換えたんですが
ハンドル重たくなりました。かなり。
他にも何人か経験者がいるので間違い無いようです。
(遊び調整とかもしたものの余り変化ないし)
まあ当たりはずれのハズレだったのかもしれませんが。

今度、低走行の解体から剥がした物に換えようかと思ってますが
やはりグリスかオイルか悩んでいます。

今のところ
会社に0番って言うグリスがあったので
それで行こうと思っています。

投稿: 高年式マニア | 2008年6月 8日 (日曜日) 20:48

そのあたりが腕の見せ所なのでしょうね。グリスかオイルかはいろいろ見解があるみたいです。
TRWのギアボックスはOEM(本来の意味での)みたいでした。
個人的にはPORで鋳造モノを塗るととてもノリがいいので、そのあたりで満足しています。

投稿: steel scooters | 2008年6月 8日 (日曜日) 21:26

オイル注入口にグリスニップルつけてリチウムグリス突っ込んでいるのを見たことあります.
「そんなに負荷がかからないので大丈夫」 と言われたのですが,うちはず〜っとミッションオイルです.漏ますが足せばいいだろってのはHi LiFE氏の見解といっしょで,どうしようもなくなったらグリスにするかってスタンスです.
ギアボックス,スペアで一つあれば実験してみたいところですが,右ハンのType2用はそうそう手に入らないようであきらめています(^^;

投稿: シラサワ | 2008年6月20日 (金曜日) 21:32

ど~もお世話になってます。
ギアボックスを分解してグリスだったらグリス、オイルだったらオイルにしようという流されやすいスタンスで臨みました(笑)。
結果的に機械の構造的にはミッショングリスなのにも関わらず、内部はグリスでした。
そもそも「ミッショングリス」っていう青本の中途半端な記載が悩みの始まりだったりするのですが・・・。
青本の対象年が1966-69年までってのが落し穴って気もしています。
もう一度バラシてみよかな(笑)。

投稿: steel scooters | 2008年6月20日 (金曜日) 22:52

はじめまして!
ネットサーフィンで見つけました。
楽しいブログですね。
自分で出来る事は、自分でが○です。
これからも遊びに来ますので宜しくです。

さて、ギャボック内のグリス・オイルについてですが、自分のType-1はオイル入れてます。ミッションオイルの#90です。
Type-2の方は10年以前、某ショップでギャボックスのNOSを交換したのですが、#90オイル注入後、なんとワコーズのグリスを少し入れました。
今までの経験みたいです。
現在、どちらも漏れもなくちゃんとしてます。
オイルとグリスもありかなぁ~

投稿: 46トレーラ | 2009年1月26日 (月曜日) 16:07

はじめましてデス。
貴重な情報ありがとうございます。
悩みの発端は、ベントレーの「ミッショングリス」という記載なんですよね。
あと、機械的にはミッションオイルで間違いないのですが、バラした新品にはグリスが入っていました。・・・さらに悩みました(笑)。

<自分で出来る事は、自分で
そうなんですよねぇ。結構ぶっつけ本番が多いので、不安になることも多いのですが、頻繁な再チェックを前提に「達成感」というのは凄くあるような気がしています。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: steel scooters | 2009年1月26日 (月曜日) 22:34

はじめまして、ビートル初心者ですが先日からハンドルが重く、どうもギアボックスのオイル漏れかなと思いますが、具体的にどこのメーカーのオイルかグリスかが判れば教えていただきたいのですが。
ご教授をお願いします。

投稿: カン太朗 | 2013年9月 2日 (月曜日) 07:58

カン太郎様へ
はじめまして。ハンドルが重い原因はギアボックスが原因でないかもしれません。
今まで普通だったのが急に重くなったと仮定して、
・空気圧
・ギアボックスの損傷(締め込み過多)
・タイロッドエンドの損傷
・ボールジョイントの損傷
あたりが候補に挙がりますが、ストラット車の場合また違ったところが原因になるかと思います。
また、ギアボックスの場合、油脂類は基本的に減ることはありません。漏れに対しての修理は基本的にオイルシール交換からですので、修理順序からすると費用のかからないところから攻めていきつつかと思います。

投稿: steel-scooters | 2013年9月24日 (火曜日) 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産_ガラパゴス諸島 | トップページ | トラブル発生時のトラブルシューティング »