« メーターの謎 | トップページ | NOTorHOT? »

オートチョークの仕組み

Imgp0011 チョークには僕の知っている限り二通りのシステムがあります。一つは、チョーク専用のガソリン系統がキャブ内部にあって、チョークを効かせている時はそこからガソリンが供給されるシステム。チョークの意味合い的にはチョークで無いんですけど(笑)。もう一つは、空気量を強制的に減らして相対的にガソリン量を増やすシステム(これは意味合い的にもチョークですね)。PICTのオートチョーク機構を眺めていると、ストッププレートに連動してフラップが動くことから後者のシステムっぽいです。

この後者のシステムは構造がシンプルなのがメリットなのですが、不都合な事もあります。教科書的にはエンジンが温まっている夏場の再始動時には「アクセルをベタ踏みにしてエア量を増やす」ってのがありますが、理論的にはオートチョーク経路が別に設定されているキャブであれば思惑通り上手く機能すると思います。ただし、PICT系の場合、アクセルをべた踏みしたとしても、中途半端にストッププレートが機能してしまうと「相対的なエア量」は絞ったままのはず。ひょっとしてPICT系のオートチョークには実は別のガソリン経路があるというオチがあるかもしれませんが、バイクに長年乗っていると、オートチョークよりも手動のチョークの方が便利。ちなみにジョベルのキャブのチョークはチョーク用のガソリン経路があるタイプ(のような気がする)。
と、クドクドと妄想してPICTに戻ります(笑)。この電気仕掛けのオートチョーク(バイメタルとバネ)はひょとしてエンジンの熱にあまり影響を受けないで、エンジン停止後の時間で元に戻りやすい(オートチョーク作動)のかもしれません。つまり、エンジンが温まっていていようが、温まっていまいが、お構いなしに作動するのではないかと。バイメタルだけを取り出して試験してもいいのですが、エンジンが温まっている状況というのが設定しづらいのでそこまでの試験は出来ていません。これが水冷だと、冷却水をキャブに送ってエンジンの熱によってワックスエレメントなり負圧弁を作動させているのでしょう。エンジンの状況にお構いなしに作動するってことは「温間時の始動性悪化」にも繋がってくるのですが、中途半端にエンジンを停止してエンジンがまだ温まっているにも関わらずオートチョークが作動してしまうってのは十分考えられます。

オートチョークの効き具合は過去にいろいろトライしているのですが、もう一度トライしてみるのも良いかも知れません。ということで現在、基準を無視した位置(チョークが解除されやすい方向)で走行テスト中です。

|

« メーターの謎 | トップページ | NOTorHOT? »

キャブレター関係」カテゴリの記事

コメント

基本的に今乗ってるType-1には満足していて、1200ccのパワー不足は否めないものの、これ以上機能を足す必要はないだろうとすら思っています。が、唯一がっかりで、取り去ってしまいたいのがオートチョークです。ご指摘の通り、オートチョークはエンジンの熱に'さほど'影響を受けないので、キーオフで電流が止ってしばらくすると、次にエンジンを掛ける時、ヤツは心機一転仕事を始めてしまいます。28のキャブは手動のチョークだったはずなのに、なんでこんなタコなシステムを取り入れちゃったんだろう…。夏場はほとんどチョークが効かない所までずらして対応できないこともないですが、冬場はチョークが効かないと不便だし…。マニュアル・チョーク化はやらねばならないリストに入っています(笑)

投稿: Torin | 2008年5月17日 (土曜日) 00:47

どーもお世話様です。
チョークの位置ずらしってのは割と昔からトライしているのですが、「基準値」ってのが頭に引っ掛かって極端な位置ずらしはやってませんでした。
ちょっと気になるのが設計されたのがドイツってところ。緯度でいくと結構寒い国なんです。で、コピーモデルのH30/31も同じバイメタル。ということは、四季の温度変化が激しい日本だと「基準値」に拘るというのも方向転換した方が良いのかもしれません。
しかしですね、「温間時の再始動性悪化」では、クドクドと(笑)、いろいろやってるんで、もしこれがビンゴなら、なんだかオートチョークに負けた気がしてます(笑)。
たしかアメリカのキットで汎用のオートチョークキットがあったと思うのですが、フロントエンジン用だったような・・・。

投稿: steel scooters | 2008年5月17日 (土曜日) 01:04

「汎用のオートチョークキット」→「汎用のチョークキット」に訂正します。
ピアノ線とプルスイッチのセットだったような・・・。

投稿: steel scooters | 2008年5月17日 (土曜日) 09:02

面倒だったのでインジェクションモデルに
乗り換えました(笑)負け犬です。
が、温間時はダメですね(爆)。

投稿: 高年式マニア | 2008年5月17日 (土曜日) 23:42

インジェクションも詰めていくとおもしろそうですね。というか、最終的にはインジェクション+モーテックみたいなセッティング(まあ無理なんですが)が理詰めでセッティングできそうです。

投稿: steel scooters | 2008年5月19日 (月曜日) 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/41229512

この記事へのトラックバック一覧です: オートチョークの仕組み:

« メーターの謎 | トップページ | NOTorHOT? »