« 遂に音響設備取り付け | トップページ | ドレンプレートまたまた交換(笑) »

ブローバイ処理

Imgp0049w アイドリング中にエアクリーナーに繋がるブローバイホースを外すとアイドリングがかなり安定することが分かったのは前述のとおり。ということで、オイルキャッチタンクでいったんブローバイを受け止めて、エアクリーナーに吸わせる作戦を考えました。

久しぶりにエンピのパッケージ商品を購入。2段構造で、下部は空間。上部はスポンジ。このスポンジである程度のクリーン化を図るのでしょう。本当はヘッドカバーからも抜いてやりたいのですが、その作業は後から追加したとしても工程的には二度手間にはならない感じなので、今後の検討課題にしておきます(現在作業中です)。

ブローバイホースは変更します。ドイツ製もあるみたいですが、海外メーカーのホース類に関してはあの一件以来、疑心暗鬼になってるので、国産を採用します。でね、このキャッチタンク、穴が3つなんですよ。将来的にはヘッドから抜いたとしても4つ欲しいところです。取説らしきものにも4つ穴があいてる(笑)。ということで、何も考えずに穴を開けることにしました。まぁ、ちょいと開けたら後はリーマーで拡大~って考えてたら、希望する口径に達する前に壁面に到着してしまうんです(涙)。この穴あけの為だけに大きい穴が開けられるドリル刃(高価)を購入すればなんだか負けた気がするので、現在空いている口径で色々考えることにしました。

といっても、棒ヤスリで地道に口径拡大する方向で(笑)。気長にヤスってると、ちょうどいい大きさの穴が出来ました。当初、溶接ライクにJBウェルドの使用も考えたのですが、手を動かした方が早かったです。あとは設置位置を暫く悩もうと思います。
蓋の部分が腐食してしまいそうだったので、ヘッドカバーを塗装した時に使用したニットク塗料で塗っておきました。本体はクリア塗っておこうかな~。

|

« 遂に音響設備取り付け | トップページ | ドレンプレートまたまた交換(笑) »

部品交換(故障以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遂に音響設備取り付け | トップページ | ドレンプレートまたまた交換(笑) »