« ワーゲンで音楽を聴く(第2弾) | トップページ | ヘッドカバー加工 »

インマニ_プレヒートパイプ

Imgp00222 ひょんな事からシングルポートのインマニを頂きました(ラッキー)。お約束らしいプレヒートパイプの詰まりを掃除して塗装したいと思います。左の写真、ここまでするのが実は大変だったりします(笑)。

目論見としては交換部品を手元に置きつつ、装着しているブツを迅速に交換する計画です。このインマニを取り外すためには、「ついでにやっておきたいこと」が結構あって、コツコツと部品を集めています(・・・すでに半年以上経過)。それは置いておいて、このプレヒートパイプのススは尋常じゃないですね。固形物です。泡状のエンジンクリーナーを吹きかけて暫く放置したら真っ黒い液体は出てくるもののなかなか貫通しません(せっかち?)。手元にあったワイパーブレードの芯(結構使えます)を束にして電動ドリルでグリグリしました。エンジンクリーナーが水性ということもあって水道水で貫通を確認したときは感激でした。

このインマニをよく観察してみると、二股に分岐するところはロウ付けっぽいです。現在装着しているインマニにはガソリンのような(赤くない・臭わない)オイルのような物体が付着しているのですが、ひょっとしてここからエアを吸ってたら泣けるなぁ。現在修理中のインマニがエア吸いしてたら更に泣けるので、この分岐した部分を中心にエポキシ系耐熱接着剤で固めてしまおうと考えています。とりあえず、粗方のサビは除去して、リン酸処理をしておきましたが、室内保管にもかかわらず表面にサビが。内部はブラシをあててないので大丈夫っぽい。塗装はジンク系を予定しています。
Imgp00231 ということで、剥離した後暫く放置していたのですが、ちょっと時間が出来たので塗装することにしました。塗料はマフラーの塗装時に用いたジンク系です。この塗料は金属表面に直接塗装しないと効果が無いということなので、180~240番で荒らします。ただ、アルミ部分は鋳肌が無くなっちゃいそうなので、ワイヤーブラシを用いました。洗うように脱脂した後塗装なのですが、塗料の残りがギリギリでした。ここで後一本追加すると不良在庫になっちゃいそうなので、少ない塗料で押し切りました。

|

« ワーゲンで音楽を聴く(第2弾) | トップページ | ヘッドカバー加工 »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

錆との格闘」カテゴリの記事

コメント

プレヒートパイプの詰まり、以前ワイヤー使ってやってみましたが、途中で断念しました。
秋頃、バーナー攻撃で再チャレンジ予定です。

投稿: ルカリオ | 2008年5月11日 (日曜日) 23:45

海外のサイトで、ぶった切ってホースバンドで再接続している事例がありましたよ。
ココです。http://laudeman.com/bug_heatriser.html
サンエスとかを流し込んでおいてカーボンを軟化させておくのもテかもしれません。

投稿: steel scooters | 2008年5月11日 (日曜日) 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワーゲンで音楽を聴く(第2弾) | トップページ | ヘッドカバー加工 »