« 電動工具 | トップページ | エッセのオイル交換 »

またもやキャブ調

PJを55にしてもどうも常用回転域に引っかかりが出ることがあるので、再度調整しました。タコメーターを装着して小さいネジを今の状態から締めこむとアイドリングがばらついてきます(設定アイドリング約860)。つまりギリギリまで締めていたということになります。

ということでゆっくり戻していきます。すると900位まで上昇して安定するポイントが見つかりました。排気音はちょっと湿っぽいかな。出来るだけ安定したポイント内で締め込み方向に調整したあと、大きいネジでアイドリングを下げます。

小さいネジをギリギリまで締めていた時と比べて大きいネジの動きに回転数が機敏に反応します。海外だと900位が良いとの見解ですが、エンジンの兆候を掴み易いので僕は860位にしています。本当はもう一度走行してチェックしたいのですが、気合が足りないので次の機会に(笑)。

|

« 電動工具 | トップページ | エッセのオイル交換 »

キャブレター関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電動工具 | トップページ | エッセのオイル交換 »