« 温間時の始動性の悪化について_新たな仮説? | トップページ | 雨漏りの悪夢再び① »

燃ポン交換

Imgp0007 妄想に妄想を重ねて(笑)、日中に時間が出来たので燃ポン(機械式)を交換してみることにしました。新しい燃ポンは大まかに3種類あって、プッシュロッドの長さで区別できるみたいです。どちらかというと高年式純正風の外観のタイプを購入しました。ベークのフランジとプッシュロッドはストックがあったので必要があれば交換する段取りで臨みました。

まず、シュラウド横にある燃料パイプを固定する金具を外します。これを外すことで金属パイプが若干フリーになります。んで、デスビのキャップとプーリーベルトを外して燃ポンを固定しているボルトへのアクセスを容易にしておきます。あとはブーメランタイプのメガネレンチや首振りエクステンション等を駆使して燃ポンを外します。現在使用しているホースは6mmなので、クランプを緩めると取り外しは5mmと比べて容易です。燃ポンの分離は比較的楽だったのですが、フランジをどうするか悩みました。かつて、ここが途中で折れた個体に遭遇したことあるんです。再利用を前提としないのであれば、真ん中にタッピングネジを入れてプーラー使っても良かったのですが、深追いすると取り返しがつかなくなる恐れがあったので、今回はフランジは計測のみに留めておきました。このフランジの中空部分は断熱の目的があると思うのですが、プッシュロッド経由であろうオイルが溜まってました。匂いにガソリン臭がしなかったのでダイアフラムの損傷は無いんじゃないかな。プッシュロッドは、想像以上に磨耗等がありませんでした。一応ここは試験的に交換しておきました。

Imgp0008燃ポンとの接触面を掃除してから、ガスケットを重ねて燃ポンを装着するのですが、装着されていた燃ポン内部にはグリスの残骸がみられました。どうするか迷ったのですが、新たに装着する燃ポンにも入れすぎに注意しつつグリスを入れておきました。装着前にプッシュロッドを最も低い位置になるまでプーリーを回転させておきます。んでもってIN側のホースを先に装着しておくと楽です。OUTからキャブまでのホースはそのままの長さで装着可能でしたが、ちょっと湾曲がきついイメージだったので新規にホースを作りました。取り回しも若干変更したのですが、副産物としてキャブのアイドリング調整へのアクセスが容易になりました。

交換した燃ポンは小汚い外観を落したあと、暫く観察していたのですが、比較するとダイヤフラムを動かすレバーが軽く動きます。

交換後のインプレですが、温間時の再始動というシチュエーションに遭遇していないのでもうちょっと走りこんでから考えたいと思います。ちゃんと動いてます(笑)。

現在、再発した雨漏りについて作業中。お楽しみ?に(笑)です。

|

« 温間時の始動性の悪化について_新たな仮説? | トップページ | 雨漏りの悪夢再び① »

燃料関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218640/40817567

この記事へのトラックバック一覧です: 燃ポン交換:

« 温間時の始動性の悪化について_新たな仮説? | トップページ | 雨漏りの悪夢再び① »