« 雨漏りの悪夢再び③ | トップページ | 窓ゴム交換_準備編 »

雨漏りの悪夢_これは試練か(涙)?

Imgp0011 まるで自分の行いを試すかのごとく午前中晴れ、午後雨という変則天候。曇っとけよ~。フード内側両サイドにあるダクト取り付け口(ダクトはAピラー根元まで伸びる)に進入した雨水を車外に出すために、ダクトの取り回しを変更すべきだったのかもしれません。けどあとの祭り。もしアルミテープの応急処置がハズレの場合、運転席足元ヒーター口から大量の水が浸入してしまいます。せめて窓ゴム交換まで雨は避けたかったなぁ。悔しいので手持ちの中古のフューズボックスをリペアして交換してしまおうと考えてます(関係ないけど)。

Imgp00151 緊張の帰宅。合羽姿のままAピラー根元を観察します。・・・やっぱり漏れてます。アルミテープを外しているので、どれだけ溜まったのかはわかりませんが、我が家の駐車場が若干傾斜していることを考えると、ペダル根元の隙間からフロアトンネル内に流れ込んでる可能性も否定できません。フードを上げてヒーターダクトをみると、かなり湿気を帯びています(涙)。外してみるとパイプから水滴が滴ってきました。応急処置第二弾としてヒーターダクトを外してそこに雑巾を入れておきます。雑巾から溢れる水分はAピラー根元にある外側に通じる穴から排出されるはずです。

僕のワーゲンは、外観がボロくてよく馬鹿にされるのですが、雨漏りしないのが自分の中ではささやかな自慢でした。本当は、セル一発でかかるとか、オイル漏れが無いとか、むちゃくちゃ速いとかを自慢したいのですが、全ての項目で当てはまっていない(涙)ので却下です。

|

« 雨漏りの悪夢再び③ | トップページ | 窓ゴム交換_準備編 »

空冷VW故障と修理」カテゴリの記事

雨漏り対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨漏りの悪夢再び③ | トップページ | 窓ゴム交換_準備編 »